nabe3 の Look around !

 幸せって身近にあるものです。なかなか気がつかないだけで… http://mark.nabe3s.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

のぼうの城

忍城(おしじょう)
 「のぼうの城」という小説を読んで、なかなか面白く、かつ痛快。小学館文庫で2冊ものですから手に入れやすいですね。痛快なのはこの城は豊臣秀吉が落とそうと思って落とせなかった、たった一つの城だからです。しかも寄せ手は秀吉子飼いの石田治部と大谷刑部率いる2万人、迎える城方は成田家一党僅か500人です。秀吉は石田三成の初陣を飾ってやるために例によって内応のお膳立てをした上で(つまり石田三成が城に着いたら降伏するはずだった。)送り出したのが、このていたらくということなのです。この城が落ちる前に小田原城が落ちてしまって、やむなく開城にに至るのですがあくまで戦いで負けたわけではありません。
 その城が、これ、埼玉県行田市の忍城(おしじょう)です。これは三階櫓、つまり突き出し櫓部分だけの復元で中は行田市の博物館になっています。
 





石田堤跡
 石田三成は忍城がなかなか落ちないのに業を煮やし、水攻めを仕掛けます。日本史上最大の水攻めで当時の関東北部全体を震撼させたと言って過言ではありません。それがまた、領民の危機感をあおり、成田家が滅ぶときは自分たちも生きられないという、階級を超えた戦争、換言すれば武士同志の終われば平和が戻ってくる戦争ではなく、上方大阪から侵入してきた派手な2万の武士群と負ければ二度と米も作れなくなる板東(関東)北部の武士農民群との泥沼の戦いが展開されたのです。秀吉軍は自分が農民なので農民が戦意を喪失するよう田んぼに大石を投げ込むなど、農民の気持ちを逆撫でしたようです。これは、さきたま古墳群の円墓山古墳への道ですが石田三成水攻めの堤防「石田堤」の跡です。今では低地の中の盛り土した道に過ぎませんが、このまま上部に土を盛ればなるほど堤防だなと思います。





円墓山古墳
 円墓山古墳は直径105メートルあり、日本最大の壕も持つ円墳です。この上に石田三成は本陣を構えています。この行田という市はさきたま古墳群だけで9基の古墳を持ち周辺にもたくさんの古墳を持つ場所で、いわば古墳文化(400年頃)に属する馬と鉄製の刀を持った部族が九州北部から北上し関東地方に進出した王達の国で埼玉県の県名はこの地の「さきたま」から来ています。そういう自立心豊かなところへ乗り込んできて力で押そうとしたところに無理があったような気がします。




将軍山古墳
 将軍山前方後円墳です。僕は前方後円墳は壕が額縁の人の胸像だと思っています。円の部分が頭、方の部分が胸の、空から見たとき人に見える形です。高天原の神々に地上の王が、私はここにいる。地の王はここにいると宣言しているのが古墳だと思うのです。大規模古墳は大和地方だけでなく、この埼玉県の片隅にもひっそりと存在しています。。。



スポンサーサイト

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/19(月) 20:58:53|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<フウセンカヅラの種 | ホーム | ヨルガオ>>

コメント

“前方後円墳は濠が額縁の、人の胸像だ”-なるほどなあと思いました!!
確かに地上から見ると、このような形にしたところではっきり分からないですが、空からだと形が分かりますもんね。空から見ることを前提にした形なんでしょうね。
我が大阪には羽曳野・藤井寺市の「古市古墳群」や堺市の「百舌鳥古墳群」があり、古墳は割りと身近な存在です。
ストックフォト用に今度撮ってみようかな?と思いました。(プロパティリリース要るんでしょうか?)

あ、そうだ、PIXTAのランクアップ、おめでとうございます!!私も跡に続けるように頑張ります。
  1. 2011/09/19(月) 22:50:55 |
  2. URL |
  3. アッちゃん #-
  4. [ 編集]

アッちゃんさん、こんばんは

 こういう、わかりやすいことにはっきり見解を示さないのが日本の考古学の特徴で、特に大和朝廷のことになると突然ものが言えなくなってしまうのはあまりいいことだとは思いませんがいかがでしょう。自由な意見は必要と思います。
 世界中で王の統治権を神に与えられたとする、ごく一般的な王権神授説、いやむしろ神が降り立ったという説を、日本の朝廷も取りますので、古墳は天への力の誇示、空へ何を見せたいかを考えるのが普通です。例えばキリスト教会は空から見ると十字架の形に見えるように作ってあります。それで胸像だろうと、推定されるのです。設計は非常に簡単、高い柱一本と縄二本でできます。難しいのはこの形で土を盛った時、崩れないのはどうしてなんでしょうね。。。
  1. 2011/09/20(火) 23:38:19 |
  2. URL |
  3. nabe3 #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mark.nabe3s.com/tb.php/919-770e3efc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

URL of this page

MAIN  mark.nabe3s.com Mirroring watmark.blog22.fc2.com

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

nabe3

Author:nabe3
 バンドではベーシストで、コーラスもとります。音楽もパソコンも、すっかり生活の一部となっていて切り離すことは出来ません。好奇心は人一倍、何を見ても面白いことばかりです。ちょっとヘンですか?

ブログ内検索

PIXTA

 ご自分で個人的にお楽しみになる範囲を超えた画像利用をご検討の方は、何卒上記の使用権販売会社より、使用権をお買い求め下さい。より高品位の画像データもご用意しています。

カテゴリー

B.G.M.

バナー中段のダブル三角マークを押して、曲を選択するとボサノバが聴けます。ちゃんとしたミュージシャンのサポートがあるにしても、こんなに聴かせられるのだったら、長年やってきた我々ももっと人を感動させられるはずなのに。。。がんばらないと、という気持ちにさせます。聴いてみてください。( このプラグインはjavaで動いています。)

タイトルバナー

ルックアラウンドのバナー

 リンクいただける方はバナーとしてお使い下さい。  このブログ本文の画像は、長辺600ピクセルで、ちょっと大きいですが、サムネイルです。ぜひクリックして、横画像長辺1,024ピクセル、縦画像長辺900ピクセルの元画像でご覧下さい(^^)。

Welcome !

ご訪問ありがとうございます。

リンク de リング

mixiサイトには、mixi会員のみ有効です。

最近のコメント

Mini report for you !

デジタル周辺機器をレヴューします。


PENTAX K5 【 PENTAX K5 】
‐PENTAXのK5はPENTAXが久々に放った傑作です。この色が出せるのはPENTAXともう一社富士フイルムしか無いのですが、富士がS6proを出さない今、もうPENTAXに頼るしかありません。BIG2、C社・N社と互角以上のパフォーマンスを持っています。この、会社もカメラも小さなPENTAXがこんな優れたコンシューマー用のカメラを出してくれて、ただひたすら嬉しいのです。プロでは無い方にはどなたにでもお勧めできます。プロの方はなるべく大きくて、重くて、もっともっと高価なC社・N社の製品を使わなくてはいけません。できれば戦闘機から落としても壊れないくらいのものがいいですよ。


a900 【 SONY α-900 】
‐世界最強の長焦点レンズと言えばカールツァイスのプラナー85mm/F1.4なんですが、今、これを一番便利に使うならばα900が最右翼。AFが効きます。フルサイズフォーマットですから玉の強さに負けないハコはこれしかありません。SONYの態勢に不安がないわけではなく、彼らはピュアな光学ファインダーを捨てる見込みです。この100%ファインダーは超優秀なファインダーなのですが後継機では続かないというアナウンスが既に出ているのです。それが解ったとたん900の市場価格が上がりました。日本のコンシューマーは馬鹿ではないようです(^^)。本当に900のファインダーは捨てるには惜しいです。こう思うのは年を取ったからなのか。若い人たちはそう感じないのか?後継機が出ると、その答えも出ることになるでしょう。。。


Vixen GiomaⅡ ED52-S+Nikon P5100
Camera unit 【Vixen GiomaⅡ ED52-S+Nikon P5100】
‐デジタル・スコーピングは地上望遠鏡とコンパクト・デジカメを組み合わせたもので、結合部のアダプターの選択が難しいのですが、一眼の長玉を使うのに比べれば、圧倒的に安価で、圧倒的に高倍率の画像を得ることができます。欠点はコンデジを使うが故の全ての面における遅さです。撮っているときが苦しい。それだけに、いい絵が撮れたときは本当に嬉しいのです。。。


MX1000 【Logitech MX1000 Laser】
‐マウスのコードは煩わしいモノです。無ければ本当に良いのですが、動きが不確実で重くなったり、マイクロソフトの電池式無線マウスで経験した10日で単3を2本使うほどの電池消費量で痛い目にあって、なかなか手がでませんでした。  ところがこのマウスは秋葉原でも評判で、「クレバリー」で6千円台の最安値でしたのでGet!(^o^)  手にしっくりなじむデザインはさすがです。マウスを持つ手が気持ちいい。前後左右のキーコントロールも文句なし。心配した充電の持ちは、使用中に切れるようなことはなく、ほって置いても即座に電源が切れてパワーセーブ状態に入ります。これは◎です。


Majestouch Mini 【FILCO Majestouch Mini】
‐ やっと、満足のいくキーボードに行き当たりました。パソコン本体は今や完全な消耗品で、どこのメーカーであろうとほぼ同じモノですが、キーボードやマウス、モニターのように人との接点になるモノはしっかりとしたモノを使いたいと思ってしまいます。仕事でも我が家でもパソコンは常に使っていますので…。  東プレのメンブレン・タイプはいいのですが財布がついて行きません(^^;)。これなら何とかいけるでしょう。おなじみ独チェリー社のメカニカル・スイッチ(いわゆる茶軸スイッチ)を並べてなおかつリーズナブルなこの値段です。がちがちのメカニカルを使ってきた年老いたパソコン使いには、ちょっと軽すぎるタッチですが、それよりも標準キーボードの横幅が長すぎて使いにくいほうが問題です。マウスの操作が不自然になってしまいます。そこで幅が短くて高級品が欲しいところ、これが今まで無かったのです。へなへなのばかりでした(>_<)。  ちょっと指が幸せです。贅沢感があります。これで充分です(^^)。

最近の記事

メールフォーム

このフォームでnabe3にメールを送れます(^^)/。

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。