nabe3 の Look around !

 幸せって身近にあるものです。なかなか気がつかないだけで… http://mark.nabe3s.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

K-7 体感&トークライブ

体感&トークライブ
 PENTAX K-7 の体感&トークライブにいってきました。秋葉原のUDXビルなので、毎日の行動範囲です。全国に先駆けて、最初の発表です。モデルさんがいたりするのかなと思っていましたら、このご時世のせいなのか、そのようなものは無し。でもお客さんは熱かったですね。




軽い
 タッチ&トライコーナー、「おっ!」とか「ほう!」とか言う声や顔が多いのは、軽いからだと思います。乾燥で670gは、わずか40gくらいなんだけど、K10DやK20Dと比べるととても軽く感じます。マグネシウム合金。久しぶりにPENTAXのメタルボディーを見ました。持ち上げると金属の剛性感が伝わってきます。僕はK10DやK20Dのポリカーボネイトのボディは決して嫌いではなく、しっかりうまく作ってあると思っていますが、やはり金属の安心感はあります。吊り金具やD環の感触がまたPENTAXに戻ってきました。




構える
 グリップはしっかり握れます。コンパクトなので左手が右手にかかるんですが、窮屈な印象はありませんでした。僕は10Dのグリップは大型グリップに変えてありますが、K-7はこのままでも大丈夫のようです。
 ファインダーは視野率、約100%とのこと。
 「ねぇ、約って何なの?100と言い切れないのは99%ってことなの?」と聞いてみました。

 「いや、もうひとつ9をつけていただいていいです。」

 「ええっ!じゃ使ってるときはほんとに100と考えていいね。。。」

 「はい、そう考えて撮っていただいて結構です。」

ははぁ、PENTAXの良心が100と言わせないわけです。





スポンサーサイト
  1. 2009/05/23(土) 21:26:42|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<K-7 体感&トークライブ-その2 | ホーム | PENTAX K-7>>

コメント

早速触って来られたのですね。
うらやましい。

これ、欲しいかもです。
  1. 2009/05/24(日) 03:05:00 |
  2. URL |
  3. goe #p0sRqnjc
  4. [ 編集]

goeさん、おはようございます。

 結論から先に言ってしまうと、これは手に入れるべきと思います。K20Dを出した時に、積めなかったものを、満載して出してきたと言えるほど気合が入っています。惜しむらくはフルサイズではないことですが、PENTAXはメーカーの存在意義として中判を早く何とかしないといけませんので、仕方がありません。
 フィーリングで話して申し訳ないですが、持った時の感触や味わいがPENTAXがMシリーズに向かう前の、メタルボディーの頃と、MEが出てきた時の驚きの融合を見たような感じがします。小さく、詰め込まれていて過不足を感じない感触です。
 中身は、考えに考えて作られています。K20Dのセールス上の悔しさが込められていると感じました。一般価格128(ボディのみ)で出るようですから、安いと思います。
 K2やSuperAに惚れ込んだ時より、カメラとしての質がいいなと思いました。。。
  1. 2009/05/24(日) 10:00:52 |
  2. URL |
  3. nabe3 #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mark.nabe3s.com/tb.php/790-6ea8c7ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

URL of this page

MAIN  mark.nabe3s.com Mirroring watmark.blog22.fc2.com

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

nabe3

Author:nabe3
 バンドではベーシストで、コーラスもとります。音楽もパソコンも、すっかり生活の一部となっていて切り離すことは出来ません。好奇心は人一倍、何を見ても面白いことばかりです。ちょっとヘンですか?

ブログ内検索

PIXTA

 ご自分で個人的にお楽しみになる範囲を超えた画像利用をご検討の方は、何卒上記の使用権販売会社より、使用権をお買い求め下さい。より高品位の画像データもご用意しています。

カテゴリー

B.G.M.

バナー中段のダブル三角マークを押して、曲を選択するとボサノバが聴けます。ちゃんとしたミュージシャンのサポートがあるにしても、こんなに聴かせられるのだったら、長年やってきた我々ももっと人を感動させられるはずなのに。。。がんばらないと、という気持ちにさせます。聴いてみてください。( このプラグインはjavaで動いています。)

タイトルバナー

ルックアラウンドのバナー

 リンクいただける方はバナーとしてお使い下さい。  このブログ本文の画像は、長辺600ピクセルで、ちょっと大きいですが、サムネイルです。ぜひクリックして、横画像長辺1,024ピクセル、縦画像長辺900ピクセルの元画像でご覧下さい(^^)。

Welcome !

ご訪問ありがとうございます。

リンク de リング

mixiサイトには、mixi会員のみ有効です。

最近のコメント

Mini report for you !

デジタル周辺機器をレヴューします。


PENTAX K5 【 PENTAX K5 】
‐PENTAXのK5はPENTAXが久々に放った傑作です。この色が出せるのはPENTAXともう一社富士フイルムしか無いのですが、富士がS6proを出さない今、もうPENTAXに頼るしかありません。BIG2、C社・N社と互角以上のパフォーマンスを持っています。この、会社もカメラも小さなPENTAXがこんな優れたコンシューマー用のカメラを出してくれて、ただひたすら嬉しいのです。プロでは無い方にはどなたにでもお勧めできます。プロの方はなるべく大きくて、重くて、もっともっと高価なC社・N社の製品を使わなくてはいけません。できれば戦闘機から落としても壊れないくらいのものがいいですよ。


a900 【 SONY α-900 】
‐世界最強の長焦点レンズと言えばカールツァイスのプラナー85mm/F1.4なんですが、今、これを一番便利に使うならばα900が最右翼。AFが効きます。フルサイズフォーマットですから玉の強さに負けないハコはこれしかありません。SONYの態勢に不安がないわけではなく、彼らはピュアな光学ファインダーを捨てる見込みです。この100%ファインダーは超優秀なファインダーなのですが後継機では続かないというアナウンスが既に出ているのです。それが解ったとたん900の市場価格が上がりました。日本のコンシューマーは馬鹿ではないようです(^^)。本当に900のファインダーは捨てるには惜しいです。こう思うのは年を取ったからなのか。若い人たちはそう感じないのか?後継機が出ると、その答えも出ることになるでしょう。。。


Vixen GiomaⅡ ED52-S+Nikon P5100
Camera unit 【Vixen GiomaⅡ ED52-S+Nikon P5100】
‐デジタル・スコーピングは地上望遠鏡とコンパクト・デジカメを組み合わせたもので、結合部のアダプターの選択が難しいのですが、一眼の長玉を使うのに比べれば、圧倒的に安価で、圧倒的に高倍率の画像を得ることができます。欠点はコンデジを使うが故の全ての面における遅さです。撮っているときが苦しい。それだけに、いい絵が撮れたときは本当に嬉しいのです。。。


MX1000 【Logitech MX1000 Laser】
‐マウスのコードは煩わしいモノです。無ければ本当に良いのですが、動きが不確実で重くなったり、マイクロソフトの電池式無線マウスで経験した10日で単3を2本使うほどの電池消費量で痛い目にあって、なかなか手がでませんでした。  ところがこのマウスは秋葉原でも評判で、「クレバリー」で6千円台の最安値でしたのでGet!(^o^)  手にしっくりなじむデザインはさすがです。マウスを持つ手が気持ちいい。前後左右のキーコントロールも文句なし。心配した充電の持ちは、使用中に切れるようなことはなく、ほって置いても即座に電源が切れてパワーセーブ状態に入ります。これは◎です。


Majestouch Mini 【FILCO Majestouch Mini】
‐ やっと、満足のいくキーボードに行き当たりました。パソコン本体は今や完全な消耗品で、どこのメーカーであろうとほぼ同じモノですが、キーボードやマウス、モニターのように人との接点になるモノはしっかりとしたモノを使いたいと思ってしまいます。仕事でも我が家でもパソコンは常に使っていますので…。  東プレのメンブレン・タイプはいいのですが財布がついて行きません(^^;)。これなら何とかいけるでしょう。おなじみ独チェリー社のメカニカル・スイッチ(いわゆる茶軸スイッチ)を並べてなおかつリーズナブルなこの値段です。がちがちのメカニカルを使ってきた年老いたパソコン使いには、ちょっと軽すぎるタッチですが、それよりも標準キーボードの横幅が長すぎて使いにくいほうが問題です。マウスの操作が不自然になってしまいます。そこで幅が短くて高級品が欲しいところ、これが今まで無かったのです。へなへなのばかりでした(>_<)。  ちょっと指が幸せです。贅沢感があります。これで充分です(^^)。

最近の記事

メールフォーム

このフォームでnabe3にメールを送れます(^^)/。

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。