nabe3 の Look around !

 幸せって身近にあるものです。なかなか気がつかないだけで… http://mark.nabe3s.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

森のささやき

「森のささやき」
 「森のささやき」という題名の彫塑です。それにしてもパナソニックの色は独特です。好き嫌いが分かれるところではありますが、僕はと言えば、嫌いではありません。Lumixとはしばらく遊んでもらおうと決心しました。
 「森のささやき」はある公共施設のマスコットです。




「森のホール」
 それは、「森のホール21」という松戸市の誇る(?)多目的ホールです。県下でも最大級ですので大きなコンサートや劇や大きなイベントが開催されます。お隣には県立図書館もあります。でももう少し簡単に行けるように交通アクセスも考えて欲しかったなぁ。。。新京成電鉄線、「八柱駅」と「常盤平駅」のちょうど中間点にあります。
 今日は健康のため、いや減量の一助として、20Kmほどのサイクリングをしたんですがそれの途中にあったので写真にできました。




お地蔵様も寒い!
 寒い日が続いていますが、こんなあたたかな光景もありました。カーネーションがアクセント。地蔵は幽界と行き来ができる力がある菩薩で、特に子供達を鬼から守ると言われます。母子にまつわる信仰がなせる業です。。。

 28mm単焦点。1本で割り切った切り取り。なかなか面白くて楽しいです。

 そうそう、ハクバの紫外線カットフィルターを使っています。言っとかないと不公平になりますので。。。





スポンサーサイト
  1. 2011/01/29(土) 21:18:09|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀座線三越前駅地下通路

三越前の地下通路
 ここは、東京メトロ銀座線の三越前駅地下通路です。毎日ここを利用して出勤しています。
 28mm画角です。スナップに最適です。昔は35mmがスナップのレンズだったのですが、今ではすっかり28mmにお株を取られてしまっていますね。




Panasonic Lumix G 14mm F2.5
 軽くて薄く、画像はシャープでなかなか優秀なレンズです。


  1. 2011/01/27(木) 22:14:02|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石柱

三井信託銀行 本店

 三井信託銀行本店の石柱です。石の素材感出てますかねぇ。
  1. 2011/01/26(水) 22:50:14|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フォクトレンダー

レンジファインダーカメラ
 昨日、フォクトレンダーのお話をしましたので、現在も世界最高のカメラとして君臨するライカは皆さんご存じでしょうから、ライカより端正と個人的に感じているフォクトレンダーを彼らの主張とともにアップしておきましょう。
 この文章は、一眼レフが台頭しだしたとき、つまり日本のカメラメーカーがそれぞれの社運をかけて一眼レフを作っていったときにレンジファインダー陣営から主張されたものです。世界のコンシューマーがどちらを選択したのは、皆さんが一番ご存じですが、それにしてもこの美しさはいかがでしょうか?これから発売されるオリンパスのPL2にまで影響を与え続ける工業デザイン永遠の美しさでしょう。。。そういえばコシナはマイクロフォーサーズ規格を採用するようです。カメラ大企業の外国生産が当たり前となった今、長野県の国産メーカー「コシナ」には日本人の技術屋魂を世界に発信してもらいたいものです。たとえフォクトレンダーがオーストリア=ドイツのブランドであるにしても。。。

ところで、このフォクトレンダー、ライカに比べたらびっくりするくらいリーズナブルプライスなんですよ。。。
  1. 2011/01/23(日) 10:23:13|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

24mmビューファインダーのはずが。。。

Panasonic Lumix 24mm ビューファインダー
 コンデジ、パナのLX-3用24mmビューファインダーとして使っている純正品です。大変にクリアーなファインダーでさすが凄いなと使っています。ただ、覗いたときのファインダー枠が実際に写った画像に比べて狭いなと思っていましたら、最近ネットで偶然発見してしまいました。実はこのファインダー、28mm用なんだそうです。


 元製品はこれ、
コシナ/フォクトレンダー 28mm ビューファインダーM
コシナ/フォクトレンダーの28mmビューファインダーMというものです。つまりこのファインダーはコシナがパナソニックにOEM供給している製品なんですね。コシナは各社ボディー用にカールツァイスレンズを供給している超高級レンズメーカーです(もちろん国産)。クリアーなはずです、僕は知らぬ間にあのフォクトレンダーのファインダーを使っていたことになるんですから。

 ふに落ちないのは、何故パナソニックは28mmのファインダーを24mmと公称して、さらにごらんの通り印刷までして売っているんでしょう?この超高級ファインダーがかわいそうな気がします。ちゃんと28mmで売ってあげればいいのに。。。と思わずにいられません。それほど素晴らしい見え味です。


コシナ/フォクトレンダー 25mm ビューファインダー
 24mmのファインダー枠にこだわるとしたら、こちら。コシナ/フォクトレンダーの25mmビューファインダーです。1mmだけ違いますが、それはご愛敬と言うことで。。。樹脂枠でちょっと大きくなります。覗いてみると像のクオリティーは28mmのほうに軍配が上がるようです。 
  1. 2011/01/22(土) 22:23:09|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蝦屋美術店の蝦蔵

蝦屋美術店
 テレビでも良く紹介されて知られるようになってきた蝦屋美術店さんの看板です。蝦屋さんは延宝元年(1673年)京都に創業された老舗の骨董品店さんです。皇室御用達であったことから、明治維新後の陛下御東下の際に日本橋に移り1丁目町会と隣接する日本橋室町3丁目に店を構えました。蝦屋さんなのでこの看板は写楽描くところの市川蝦蔵です。
 今、日本橋近辺では、無くなりつつある江戸情緒を残そうといろいろなイベントが行われていますが、その中の一つ、日本橋巡りの会の川崎晴喜さん提唱によるシャッターに浮世絵を描こうという運動なんです。シャッターに描いてあるので店を閉めるとわかるのですが開けると見えなくなってしまうのが玉にきず、その中で蝦屋さんは堂々と常設看板に取り入れました。だからロケ隊が来ると、当然この看板の出番になります。三井タワーの横でごらんになった方いらっしゃいませんか?




テーマ:*写真で残す日常* - ジャンル:写真

  1. 2011/01/19(水) 22:43:45|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

せんとくん

せんとくん
 このキャラクターは、首都圏では知っている人はよく知っているが、知らない人は全く知らない部類に入る(誠に失礼しました)「せんとくん」です。
 せんとくんは奈良の観光キャラクター、頭の角はですから鹿の角なんですが、み仏のお顔と鹿の角の融合したキャラクター、なじみの薄い首都圏では今ちょっと受け入れ側の文化的心の準備が。。。という気がいたします。

 ともあれ、このせんとくんは 奈良まほろば館 http://www.mahoroba-kan.jp/ のマスコットキャラクターでもありますので、職場では室町1丁目の同じ町内会。こうやって時々ご挨拶してくれます。

 「せんとくん、お仕事がんばってね!」


テーマ:*写真で残す日常* - ジャンル:写真

  1. 2011/01/15(土) 10:19:58|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Olympus Pen Lite EPL-2

Olympus Pen Lite EPL-2
 海外で先に発表されたOlympusのEPL-2です。日本ではまだ何のアナウンスも出ていません。このデザイン、すっかり参ってしまいました。昔のPENシリーズの感触を既に出ている高級機種やEPL-1、EPL-1sより強く感じます。オリンパスのファンはカンカンに怒っています。なぜならば一つ前のモデルEPL-1sが新発売されたのは12月ボーナス商戦に向けた先月だったからです。1ヶ月で旧モデルなの?じゃあ先月買った人の気持ちはどこへ持って行ったらいいの?と言うのがコンシューマーの偽らざる気持ちですね。オリンパスが国内発表できないのもそのあたりを勘案している最中なんだと思います。
 それはそれで大変申し訳ないのですが僕はPENTAXとSONYのデュアルマウンターで、オリンパスは持っていないので、これはいいとお気楽な発言をして済みません。これに目がいってしまうのは、一眼の中でも大変に小さいPENTAXでも、普通の通勤鞄には入り辛いからです。カメラバッグの中には通勤バッグに近づけたものがあり、それなら入るのですが、今度はビジネス用のツール類が入りません。それでコンデジの最高級の部類、LX-3を持ち歩いているのですが、コンデジはやはりコンデジで、特に暗いときの写真は厳しい審査に合格しないケースが多いのです。




Panasonic Lumix G 14mm F2.5
 それで、せっかくのマイクロ・フォーサーズ、Olympusのパンケーキ型のレンズは135フィルム換算で35mmとなりちょっと長いですから、互換性のあるパナのこれ、14mm F2.5を付ければ換算28mm、1本のレンズでなんとかスナップはできる。このレンズは被写界深度は凄く深く、かっちりくっきりのタイプの画像が得られます。



電子ビューファインダー
 それに、たぶん現在最も優秀な外付け電子ビューファインダー、エプソンが供給してる「VF-2」を付ければ、通勤カメラとしては(もちろんお散歩カメラとしても)相当な線までいけるんじゃないかと、こう皮算用するわけです。いかがでしょうか?


テーマ:デジタル一眼レフ - ジャンル:写真

  1. 2011/01/10(月) 18:50:13|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

竹林の緑

冬枯れ
 毎年初詣に行くのは北小金の本土寺です。本土寺は北小金の豪族平賀家の建立になるお寺さんなんですが、この平賀家に日蓮宗の高僧が輩出して、ひなびているんですが格式は高いようです。元々日蓮さんは千葉県人なので、東葛飾地区には日蓮宗のお寺さんは多いんですね。柴又の帝釈さんもそうです。それで平賀家の勢力が大きかったもので、このお寺には俳人の小林一茶も俳句を詠みに来たり、ここはアヤメ池なんですがアヤメを見る回廊があったりします。

 この左側の緑は竹林で、景色としては武蔵野の面影を残すものなんです。





竹林の緑
 ここのお正月にも深い緑は、心和ませるものがあって、好きな場所です。なんだかいかにもなPENTAXの緑です。特に最近、PENTAXの色はよくなってきたと思います。富士フイルムが「S5Pro」の後継機を出してこない今となっては、おそらく世界でも最高級の色の世界です。




  1. 2011/01/09(日) 22:04:51|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モバイルギアについて

ネットブック
 僕のメイン機はスペックをあげてきており、タワー型の自作機が自分のスタイルになっていますが、昔から持ち運び用のモバイル機がほしいという願望は常にあったんです。ところがB5ノートは馬鹿高で到底手が出なかった。パナのレッツノートなんてのは20万円当たり前の世界で、前期高齢者世代としては手をこまねかざるを得ない。小さくて性能はタワー型とは比較の対象にさえならず、高価となれば買うなんて夢のまた夢だったわけです。

 しかしながら、昨今のノートに、ネットブックなるものが誕生し、アトムという遅いプロセッサーでネットの閲覧ができればいいというリーズナブルな割り切り、10インチの液晶を積んで、結構商売になることがわかってきました。そこへマックのiPadはキーボードを省き一枚板のデザインで、こんなものが売れるかと思いきや、ご存じの通り馬鹿売れ!携帯電話が異常なほど受け入れられてスマートフォンが全くだめだった日本の市場に、エクスペリアとかナンやらカンやら急速な変化が現れています。




キーボードの様子
 ただ、そのスマートフォン、一ヶ月の支払いはどうやっても8,000円はかかる。かかる割には情報量は決して多くない。といろいろ考えていたところ、前期高齢者としては、このIBM(今はLenovoと言うらしい)を導入してしまいました。この赤玉コントロール(?)とキータッチには定評があります。昔はIBM機なんて、手が届かなかったよ。。。



モニター
 モニターは10インチより小さいところから始まったネットブックも、だんだん大きな液晶を積むようになってきました。これは11.6インチワイドです。OSは7Proの32ビット版、プロセッサーがアスロンなんでものすごくお安くなっていました。もちろんアスロンだからアトムより相当早いです。



携帯電話
 このネットブック、秋葉原で買い方により、携帯電話と同じくらいのコストなんです。通信料についてはこれ以上高額のものは入れませんので、公衆LANのワイヤレスゲート”ヨドバシカメラプラン”というのを使います。月額380円。こんなに安いのは今のところマクドナルドやルノワールとか新幹線の中とかの一部の公共施設でしか使えないからですが、マックは結構入りますので僕的にはそれほど困りませんね。どれほど使えるか楽しみです。。。





  1. 2011/01/03(月) 22:05:34|
  2. パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パンケーキレンズ

smcPENTAX DA-40mm
 年末から話の種にしているsmcPENTAX DA-40mm F2.8 Ltd.です。平べったくて軽く持ち出しやすい単焦点レンズです。困るのは銀塩時代は40mmでホントの標準(フィルム対角線長に等しい、43mmくらい)に近くて使いやすい画角だったのですが、今のデジタルAPS-Cでは61mmくらいになってちょっと長いこと。

 ミラーレスが爆発的に売れて、4/3(フォーサーズ)陣営もパンケーキ型をたくさん出していますが、日本における草分けはこのレンズでした。




  1. 2011/01/02(日) 14:26:44|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あけましておめでとうございます

おめでとうございます
 みなさん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 元旦はいつも近くの実家に来ております。このお飾りは母の趣味なんでしょうが、今年はかわいい大黒様の、クリスマスのリースタイプのお飾りでした。




青空
 今年の元旦は、全国的には雪模様で荒れているようですが、関東圏に限っては少し寒いながらも良く晴れた穏やかな正月となっています。カメラには年末から40mmのパンケーキレンズがついています。このPENTAXレンズは鏡筒が15mmしかなくて短く、軽いものですから、ついつい、付けっぱなしになります。発色の良さとかっちりとした写りに強みがあるLimitedレンズ姉妹の一つです。



配達してくれてありがとうございます。
 元旦からご苦労様です。仕事とは言え、頭が下がります。米映画「ポストマン」の郵便配達人の宣誓が思い起こされます。
 
 「雨の日も 風の日も 幾多の困難と障害を乗り越えて 郵便配達人は 自らに課された責務を果たさなければならない。」

 言うに易く行うに難いモットーではありますが、普通のお父さん達みんなが努力して、世界で最も安全で確実な郵便制度を築いてきたことは、日本人の凄さの一つであることに疑いの余地はありません。
 




デジタルアンテナ
  さて、今年は、テレビのアナログ放送が終了してデジタルに移行が完了する年です。おかげさまで実家では10月に、我が家では11月に移行しましたが、大画面のデジタルテレビ、前期高齢者に突入しそうな僕が見ても、凄いと目を見張りますし、身の回りのデジタル機器も急速なコストダウンで身の回りにも増えてきたような気がしています。
 そういうことも、アップしていきましょう。よろしくお付き合いください。。。




  1. 2011/01/01(土) 18:38:06|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

URL of this page

MAIN  mark.nabe3s.com Mirroring watmark.blog22.fc2.com

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

nabe3

Author:nabe3
 バンドではベーシストで、コーラスもとります。音楽もパソコンも、すっかり生活の一部となっていて切り離すことは出来ません。好奇心は人一倍、何を見ても面白いことばかりです。ちょっとヘンですか?

ブログ内検索

PIXTA

 ご自分で個人的にお楽しみになる範囲を超えた画像利用をご検討の方は、何卒上記の使用権販売会社より、使用権をお買い求め下さい。より高品位の画像データもご用意しています。

カテゴリー

B.G.M.

バナー中段のダブル三角マークを押して、曲を選択するとボサノバが聴けます。ちゃんとしたミュージシャンのサポートがあるにしても、こんなに聴かせられるのだったら、長年やってきた我々ももっと人を感動させられるはずなのに。。。がんばらないと、という気持ちにさせます。聴いてみてください。( このプラグインはjavaで動いています。)

タイトルバナー

ルックアラウンドのバナー

 リンクいただける方はバナーとしてお使い下さい。  このブログ本文の画像は、長辺600ピクセルで、ちょっと大きいですが、サムネイルです。ぜひクリックして、横画像長辺1,024ピクセル、縦画像長辺900ピクセルの元画像でご覧下さい(^^)。

Welcome !

ご訪問ありがとうございます。

リンク de リング

mixiサイトには、mixi会員のみ有効です。

最近のコメント

Mini report for you !

デジタル周辺機器をレヴューします。


PENTAX K5 【 PENTAX K5 】
‐PENTAXのK5はPENTAXが久々に放った傑作です。この色が出せるのはPENTAXともう一社富士フイルムしか無いのですが、富士がS6proを出さない今、もうPENTAXに頼るしかありません。BIG2、C社・N社と互角以上のパフォーマンスを持っています。この、会社もカメラも小さなPENTAXがこんな優れたコンシューマー用のカメラを出してくれて、ただひたすら嬉しいのです。プロでは無い方にはどなたにでもお勧めできます。プロの方はなるべく大きくて、重くて、もっともっと高価なC社・N社の製品を使わなくてはいけません。できれば戦闘機から落としても壊れないくらいのものがいいですよ。


a900 【 SONY α-900 】
‐世界最強の長焦点レンズと言えばカールツァイスのプラナー85mm/F1.4なんですが、今、これを一番便利に使うならばα900が最右翼。AFが効きます。フルサイズフォーマットですから玉の強さに負けないハコはこれしかありません。SONYの態勢に不安がないわけではなく、彼らはピュアな光学ファインダーを捨てる見込みです。この100%ファインダーは超優秀なファインダーなのですが後継機では続かないというアナウンスが既に出ているのです。それが解ったとたん900の市場価格が上がりました。日本のコンシューマーは馬鹿ではないようです(^^)。本当に900のファインダーは捨てるには惜しいです。こう思うのは年を取ったからなのか。若い人たちはそう感じないのか?後継機が出ると、その答えも出ることになるでしょう。。。


Vixen GiomaⅡ ED52-S+Nikon P5100
Camera unit 【Vixen GiomaⅡ ED52-S+Nikon P5100】
‐デジタル・スコーピングは地上望遠鏡とコンパクト・デジカメを組み合わせたもので、結合部のアダプターの選択が難しいのですが、一眼の長玉を使うのに比べれば、圧倒的に安価で、圧倒的に高倍率の画像を得ることができます。欠点はコンデジを使うが故の全ての面における遅さです。撮っているときが苦しい。それだけに、いい絵が撮れたときは本当に嬉しいのです。。。


MX1000 【Logitech MX1000 Laser】
‐マウスのコードは煩わしいモノです。無ければ本当に良いのですが、動きが不確実で重くなったり、マイクロソフトの電池式無線マウスで経験した10日で単3を2本使うほどの電池消費量で痛い目にあって、なかなか手がでませんでした。  ところがこのマウスは秋葉原でも評判で、「クレバリー」で6千円台の最安値でしたのでGet!(^o^)  手にしっくりなじむデザインはさすがです。マウスを持つ手が気持ちいい。前後左右のキーコントロールも文句なし。心配した充電の持ちは、使用中に切れるようなことはなく、ほって置いても即座に電源が切れてパワーセーブ状態に入ります。これは◎です。


Majestouch Mini 【FILCO Majestouch Mini】
‐ やっと、満足のいくキーボードに行き当たりました。パソコン本体は今や完全な消耗品で、どこのメーカーであろうとほぼ同じモノですが、キーボードやマウス、モニターのように人との接点になるモノはしっかりとしたモノを使いたいと思ってしまいます。仕事でも我が家でもパソコンは常に使っていますので…。  東プレのメンブレン・タイプはいいのですが財布がついて行きません(^^;)。これなら何とかいけるでしょう。おなじみ独チェリー社のメカニカル・スイッチ(いわゆる茶軸スイッチ)を並べてなおかつリーズナブルなこの値段です。がちがちのメカニカルを使ってきた年老いたパソコン使いには、ちょっと軽すぎるタッチですが、それよりも標準キーボードの横幅が長すぎて使いにくいほうが問題です。マウスの操作が不自然になってしまいます。そこで幅が短くて高級品が欲しいところ、これが今まで無かったのです。へなへなのばかりでした(>_<)。  ちょっと指が幸せです。贅沢感があります。これで充分です(^^)。

最近の記事

メールフォーム

このフォームでnabe3にメールを送れます(^^)/。

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。