nabe3 の Look around !

 幸せって身近にあるものです。なかなか気がつかないだけで… http://mark.nabe3s.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

K-7 体感&トークライブ-その5

インフルエンザ対策
 お一人終わるごとに、このように丁寧に抗菌ティッシュでふき取られます。上から見たほうが直線的なデザインであることがわかります。





ホワイトボディ
 白ボディ。いいじゃん、いいじゃん。誰?そんなの邪道って言ってた人。。。あっ!僕でした。
 いや、これが思いのほかかっこいいのです。





熱気
 会場はどんなに待たされても熱い!食い入るように展示を見る人たち。わかる、わかる。がんばれっ!PENTAXっ!

スポンサーサイト
  1. 2009/05/27(水) 22:18:26|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

K-7 体感&トークライブ-その4

スケルトンモデル
 スケルトンモデル。ストロボが上がっています。このストロボの位置が、大変高く設計してあるそうです。対応レンズを広げたり、光の回り込みを良くするのに20Dと比較して大変優れているとPENTAXの方が、特に強調していらっしゃいました。
バッテリーグリップは付けても違和感が無いほどの小型です。





カットモデル
 こちらはカットモデル。本体内は基板がぎっしりです。ペンタプリズムは、思ったほど大きくないですね。でも視野率ほぼ100%、倍率が下がっているのが気になります。。。










  1. 2009/05/26(火) 22:20:31|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

K-7 体感&トークライブ-その3

後面
 後面の画像です。20Dが傾いてしまって、比較しにくいですね。すみません。背が低くなっているのがわかります。プリズム周りが絞られていて体積が小さくなっているんです。液晶の存在感が飛躍的に大きくなっています。拡大アイカップは今までのものが使えるそうです。グリーンボタンが上面から後面に移って、親指で押すように変わります。




液晶表示
 この液晶の美しさは、どうしてもお伝えしておきたいです。実物はもっときれいです。

 「この液晶きれいだね」

 「この液晶は、アルファ900と同等品だと思いますよ。」

 「ホント?倍の値段のカメラと同じマテリアルを使ってるんだ。。。」

 やはりPENTAXです。パーツにお金かけてるのはいいですね。液晶の保護については、プラ板等の保護パーツは用意しないそうです。保護シートを自分で貼る等の対応が必要です。ボタンがどう変わったかご覧ください。そうそう上面ダイヤルはロックボタンがついて、これも高級になっています。





顔追従
 これは、顔検出を働かせているところなんですが、遠目で見てもこの美しさなんです。しつこいですが、実物はものすごくきれいです。。。

  1. 2009/05/25(月) 22:59:29|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

K-7 体感&トークライブ-その2

狙う
 最近は、この年代の方を見ると、だんだん親近感を感じるようになって来ました。
 
 一眼レフで撮る楽しみを一番与えてくれるものは何かというと、それはファインダーです。当時、世界最高といわれたライカのレンジファインダーカメラを凌駕するために、PENTAXが社運をかけて決断した35mmカメラへのペンタプリズムの持込みは、「見たままが撮れる」という点で圧倒的な優位性を持っていました。これに対して「シャッターが落ちる瞬間が見えないカメラは、カメラではない」という反撃があり、彼我の研鑽は続いて行く事になります。日本のメーカーは状況判断の後、続々PENTAXに追随し、わが国自体が世界から「カメラは日本」という定評を勝ち得ていくわけです。この時のPENTAXの決断を、今でも尊敬しています。日本のカメラが世界の頂点に立ったのは、小さな小さなPENTAXが強大な世界のライカを前にして、狭い隘路を見出すために、限られた資本力を自社の技術力に賭けた、その瞬間だったのです。「PENTAX」のブランド名はペンタプリズムの「PENTA」とその無限に広がる可能性を表す「X」を繋げた、旧旭光学工業の心意気と勇気とを表す、誇り高きブランド名です。

 前置きが長くなってしまいましたが、実はその当時から100%視野率というのは理想であり、いろいろ言い訳はつけてもいつかはやることだったと思います。「見たままが撮れる」とカメラマンは「ちゃんと撮りたい」と願うようになりますよ。





田中 希美男氏
 トークライブでの田中希美男さんです。彼も、ピントのところでチラッとおっしゃってましたが「昔はコニカミノルタというところで、いいピントマットがあってピントの山が良くわかるアキュートマットと言うんですが。。。」そのとおりです、今もソニーに受け継がれています。100%視野もアルファ900が先にやりましたね。それで今一番進んだファインダーは実はC社でもN社でもなく、ソニーのアルファ900のそれです。これにK-7は今、遜色なく追いつきました(フォーマットサイズは勘弁していただくとして)。Cフォーマットでは一番進んだことになります。




今の人は覗かない
 「そんなこと言ったって、今の人はファインダー覗かないですよ。」とおっしゃる方、はい、100%おっしゃるとおりです。デジ一眼でファインダー覗かないってどういうことなんでしょうねぇ?まぁ可愛いからいいか。。。それにしても女性の華奢な指にK-7は良く似合いますね。




K-20Dと比較
 20Dと並べてもらいました。横幅は11mmの減です。わずか11mmとは思えません。直線的なデザインがより小さく感じさせるんでしょうね。10D、20Dはボリューム感大きいですから。。。背は4.5mm低くなっています。小ぶりのビジネスバックに入ります。K-7ならGX100に代わって常時携帯可能かもしれませんね。。。





  1. 2009/05/24(日) 12:51:05|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

K-7 体感&トークライブ

体感&トークライブ
 PENTAX K-7 の体感&トークライブにいってきました。秋葉原のUDXビルなので、毎日の行動範囲です。全国に先駆けて、最初の発表です。モデルさんがいたりするのかなと思っていましたら、このご時世のせいなのか、そのようなものは無し。でもお客さんは熱かったですね。




軽い
 タッチ&トライコーナー、「おっ!」とか「ほう!」とか言う声や顔が多いのは、軽いからだと思います。乾燥で670gは、わずか40gくらいなんだけど、K10DやK20Dと比べるととても軽く感じます。マグネシウム合金。久しぶりにPENTAXのメタルボディーを見ました。持ち上げると金属の剛性感が伝わってきます。僕はK10DやK20Dのポリカーボネイトのボディは決して嫌いではなく、しっかりうまく作ってあると思っていますが、やはり金属の安心感はあります。吊り金具やD環の感触がまたPENTAXに戻ってきました。




構える
 グリップはしっかり握れます。コンパクトなので左手が右手にかかるんですが、窮屈な印象はありませんでした。僕は10Dのグリップは大型グリップに変えてありますが、K-7はこのままでも大丈夫のようです。
 ファインダーは視野率、約100%とのこと。
 「ねぇ、約って何なの?100と言い切れないのは99%ってことなの?」と聞いてみました。

 「いや、もうひとつ9をつけていただいていいです。」

 「ええっ!じゃ使ってるときはほんとに100と考えていいね。。。」

 「はい、そう考えて撮っていただいて結構です。」

ははぁ、PENTAXの良心が100と言わせないわけです。





  1. 2009/05/23(土) 21:26:42|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

PENTAX K-7

PENTAX K-7
 夏に出るといわれていた「New K」は、どうやらこの「K-7」ということのようです。「出ればどなたでもなるほどそうであったのかと納得がいきますよ」というアナウンスは、この「K-7」が「LX」の誇りを受け継ぐ者であるからでしょう。直線的なボディデザインにはLXの面影があります。しかしPENTAXはマルチフォーマッターのメーカーとしてフルサイズの前に中判デジタル一眼を開発しなければならないから、APS-Cのまま、というかK-20Dと同じサムスンのセンサーらしいし、「うーん、なんだか中途半端」と思ってしまう面はあります。
 それでも100%視野ファインダーや、PENTAX独特の記憶色「雅(みやび)」も進むだろうし、高級感のある待望の小型化金属ボディーはDA40mmF2.8Limited、通称「パンケーキ長姉」にぴったりだろうし、PETAXファンの僕としては、なんだかドキドキしてしまうのです。

 がんばれっ!PENTAX!

  1. 2009/05/13(水) 23:07:06|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

NexyzBBから出てきました

旧芝離宮恩賜庭園
 今度のプロバイダさんは、Nexyzというところです。キャリアさんは、元に戻ってYahoo!なんですがソネットとの違いは契約回線速度で、さすがに1Mでは苦しくて50Mでそんなに高くないので変えたわけです。もちろん実測は2.4Mくらい。局から2.5Kmあるとこんなものです。それでも早く感じます。

 画像は「旧芝離宮恩賜庭園」、浜松町駅の南側に接しています。連休中は親の介護で終わってしまいました。父をグループホームから日帰りでも連れ帰れましたので、母の気持ちも少しは治まったかなというところでした。四日に唯一、浜松町に出かけたのでした。


  1. 2009/05/10(日) 19:51:35|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ネットアクセス不能中です。。。

 昨晩の4月30日より、ハードディスク不調のためメインパソコンが立ち上がらなくなりました。加えてプロバイダ変更中で、NTT内工事のスケジュールが折り合わず、5月7日まで接続不能に追い込まれています。さて、どうしましょう。プロセッサはコアi7-920でしょうが、OSがビスタではどうしようもないですね。マイクロソフトもさじを投げる重さ。次のセブンが出てくるのは今冬です。
 マザーは、ASUSのP6T-V2で行きたいところです。どうしてもこの構成ではフルタワーになってしまうなぁ。音がうるさいと言われているんですが。。。ちょっと考えて連休中に対応してまた出てきますね。よろしくお願いします。。。


  1. 2009/05/01(金) 18:43:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

URL of this page

MAIN  mark.nabe3s.com Mirroring watmark.blog22.fc2.com

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

nabe3

Author:nabe3
 バンドではベーシストで、コーラスもとります。音楽もパソコンも、すっかり生活の一部となっていて切り離すことは出来ません。好奇心は人一倍、何を見ても面白いことばかりです。ちょっとヘンですか?

ブログ内検索

PIXTA

 ご自分で個人的にお楽しみになる範囲を超えた画像利用をご検討の方は、何卒上記の使用権販売会社より、使用権をお買い求め下さい。より高品位の画像データもご用意しています。

カテゴリー

B.G.M.

バナー中段のダブル三角マークを押して、曲を選択するとボサノバが聴けます。ちゃんとしたミュージシャンのサポートがあるにしても、こんなに聴かせられるのだったら、長年やってきた我々ももっと人を感動させられるはずなのに。。。がんばらないと、という気持ちにさせます。聴いてみてください。( このプラグインはjavaで動いています。)

タイトルバナー

ルックアラウンドのバナー

 リンクいただける方はバナーとしてお使い下さい。  このブログ本文の画像は、長辺600ピクセルで、ちょっと大きいですが、サムネイルです。ぜひクリックして、横画像長辺1,024ピクセル、縦画像長辺900ピクセルの元画像でご覧下さい(^^)。

Welcome !

ご訪問ありがとうございます。

リンク de リング

mixiサイトには、mixi会員のみ有効です。

最近のコメント

Mini report for you !

デジタル周辺機器をレヴューします。


PENTAX K5 【 PENTAX K5 】
‐PENTAXのK5はPENTAXが久々に放った傑作です。この色が出せるのはPENTAXともう一社富士フイルムしか無いのですが、富士がS6proを出さない今、もうPENTAXに頼るしかありません。BIG2、C社・N社と互角以上のパフォーマンスを持っています。この、会社もカメラも小さなPENTAXがこんな優れたコンシューマー用のカメラを出してくれて、ただひたすら嬉しいのです。プロでは無い方にはどなたにでもお勧めできます。プロの方はなるべく大きくて、重くて、もっともっと高価なC社・N社の製品を使わなくてはいけません。できれば戦闘機から落としても壊れないくらいのものがいいですよ。


a900 【 SONY α-900 】
‐世界最強の長焦点レンズと言えばカールツァイスのプラナー85mm/F1.4なんですが、今、これを一番便利に使うならばα900が最右翼。AFが効きます。フルサイズフォーマットですから玉の強さに負けないハコはこれしかありません。SONYの態勢に不安がないわけではなく、彼らはピュアな光学ファインダーを捨てる見込みです。この100%ファインダーは超優秀なファインダーなのですが後継機では続かないというアナウンスが既に出ているのです。それが解ったとたん900の市場価格が上がりました。日本のコンシューマーは馬鹿ではないようです(^^)。本当に900のファインダーは捨てるには惜しいです。こう思うのは年を取ったからなのか。若い人たちはそう感じないのか?後継機が出ると、その答えも出ることになるでしょう。。。


Vixen GiomaⅡ ED52-S+Nikon P5100
Camera unit 【Vixen GiomaⅡ ED52-S+Nikon P5100】
‐デジタル・スコーピングは地上望遠鏡とコンパクト・デジカメを組み合わせたもので、結合部のアダプターの選択が難しいのですが、一眼の長玉を使うのに比べれば、圧倒的に安価で、圧倒的に高倍率の画像を得ることができます。欠点はコンデジを使うが故の全ての面における遅さです。撮っているときが苦しい。それだけに、いい絵が撮れたときは本当に嬉しいのです。。。


MX1000 【Logitech MX1000 Laser】
‐マウスのコードは煩わしいモノです。無ければ本当に良いのですが、動きが不確実で重くなったり、マイクロソフトの電池式無線マウスで経験した10日で単3を2本使うほどの電池消費量で痛い目にあって、なかなか手がでませんでした。  ところがこのマウスは秋葉原でも評判で、「クレバリー」で6千円台の最安値でしたのでGet!(^o^)  手にしっくりなじむデザインはさすがです。マウスを持つ手が気持ちいい。前後左右のキーコントロールも文句なし。心配した充電の持ちは、使用中に切れるようなことはなく、ほって置いても即座に電源が切れてパワーセーブ状態に入ります。これは◎です。


Majestouch Mini 【FILCO Majestouch Mini】
‐ やっと、満足のいくキーボードに行き当たりました。パソコン本体は今や完全な消耗品で、どこのメーカーであろうとほぼ同じモノですが、キーボードやマウス、モニターのように人との接点になるモノはしっかりとしたモノを使いたいと思ってしまいます。仕事でも我が家でもパソコンは常に使っていますので…。  東プレのメンブレン・タイプはいいのですが財布がついて行きません(^^;)。これなら何とかいけるでしょう。おなじみ独チェリー社のメカニカル・スイッチ(いわゆる茶軸スイッチ)を並べてなおかつリーズナブルなこの値段です。がちがちのメカニカルを使ってきた年老いたパソコン使いには、ちょっと軽すぎるタッチですが、それよりも標準キーボードの横幅が長すぎて使いにくいほうが問題です。マウスの操作が不自然になってしまいます。そこで幅が短くて高級品が欲しいところ、これが今まで無かったのです。へなへなのばかりでした(>_<)。  ちょっと指が幸せです。贅沢感があります。これで充分です(^^)。

最近の記事

メールフォーム

このフォームでnabe3にメールを送れます(^^)/。

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。