nabe3 の Look around !

 幸せって身近にあるものです。なかなか気がつかないだけで… http://mark.nabe3s.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アナベル

アナベル
 アジサイが終わりに近くなると、このお花が咲き始めます。初め緑が強い花びらが成熟するにつれて白くなっていきます。
 学名が「ハイドランジア・アルボレッセンス=アナベル」と言いますからアジサイの仲間なんですが。。。と言うところを今日のお話のネタに致します。





アナベル
 並べると緑から白への差が結構あると解ります。

 アジサイは日本原産なんですよと言うお話を前にしました。ガクアジサイが日本原産種で、ヨーロッパに渡って花が一面に咲くセイヨウアジサイが開発され日本に戻ってきました。このアナベルは、これとは別系統で実はアメリカの原産です。それで、和名を「アメリカノリノキ」と言います。日本の紫陽花のお花じゃないんだよというこだわりから来た命名のような気がします。





アナベル
 さっきから花びらと言っていますが、これ萼です。それでアジサイかアナベルのどちらかを実際に育てた方はすぐ解ると思いますが、アナベルはいわゆるアジサイとはお花の(萼)付き方が違います。カタチも違うし、付き方も根元の方からちゃんと付いているんです。ウチは今セイヨウアジサイの「ミセス・クミコ」が終わったところなんですが、セイヨウアジサイとも明らかに違いますね。。。ですから「アメリカノリノキ」と呼ばせたい気持ちは誠にその通りと思います。




アナベル
 ところがこの花は流通上は「アナベル」と呼ぶのが一番通りが良くて、キャッチフレーズは「白い紫陽花アナベル」という言い方が相場になっています。ハイドランジアなんだからそれで間違いもありません。

 和名で売ってるところを見たことがありませんし、綺麗なお花ですから、これからも「アナベル」で売れていくのではないでしょうか。。。


    全てPENTAX K10D & smc PENTAX DA 40mm F2.8 Limited
スポンサーサイト
  1. 2008/07/27(日) 10:31:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

東京大神宮

東京大神宮
 飯田橋から電車に乗って帰ろうと思ってましたが、ちょっと先に東京大神宮があるのを思い出しました。東京大神宮というのはお伊勢さん、伊勢神宮の東京出張所のようなものです。




東京大神宮
 日本で最初に神前式の結婚式を始めたのがこちらです。それでご覧の通り若い女性に圧倒的な人気があります。神社で若い女性が多いところって、水天宮さんと東京大神宮さんでしょうね。。。




恋みくじ、華みくじ
 恋みくじと華みくじが並んでるんですが、恋みくじの方が圧倒的に人気が高いのです。。。そりゃ女の子だって花より恋なんですよ。今風に言うと「花より男子」。。。




参道
 参道と言っても都心なんで、何にもありません。。。ここまで下りてしまうと、もう九段下に行く方が早いので、ホテルグランドパレスを横目に見て九段下から帰りました。いや、歩きましたね。。。


   全てPENTAX K10D & smc PENTAX DA 40mm F2.8 Limited






  1. 2008/07/24(木) 21:36:19|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

飯田橋

牛込橋と富士見教会
 JR飯田橋の出口に架かる橋、牛込橋です。背景の日本キリスト教団富士見教会とのアンバランスさが、日本らしい、東京らしいと思います。




外堀のビアガーデン
 その牛込橋上から外堀。ここは貸しボートもありますが、ビアガーデンになっています。




後ろ姿に
 こちらの方達は母娘なんですが、粋でした。特にお母さんの方が。。。さすがに正面から撮れませんでしたが、後ろ姿も何とも粋です。。。おじいちゃんがちょっと違ったんですが(^^;)。

   全てPENTAX K10D & smc PENTAX DA 40mm F2.8 Limited
  1. 2008/07/23(水) 23:05:48|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

神楽坂界隈

神楽坂商店街
 K10Dが帰ってきました。何と「CCD上のゴミは除去不能、ユニットごと新しいCCDに交換」という大変なことになっていました。デジタルはゴミは致命傷になります。

 それでフォーラムで確認したところ、箱の方の光学系にゴミも埃も全くない状態に清掃されていましたが、写真を撮りながら帰ることにしました。新宿、新宿と、お散歩コースは。。。久しぶりに神楽坂方面で歩くことにしました。





善國寺
 神楽坂は飯田橋の駅から北側に坂を登っていく格好になりますが、メタボのため反対に下りていくことにします。この町は江戸藩邸中最大規模の加賀屋敷があった関係で都心ですが下町の江戸情緒があります。ちょうどいい道幅の歩行者天国、みんなせかせかしない落ち着きがある町です。




ブリキとゼンマイの自動車
 ボクの写真って色がとても重要なファクターなんです。性格を反映していろいろな色を出したいのでこんなものを撮ってみます。。。新品のCCDは調子よいようです。DA 40mm F2.8 Limited もいい色乗りです。 




箸置き
 これは箸置きですね。なんだか昔の夜店のようです。。。




神楽横町
 こういう雰囲気って、東京の横町らしい雰囲気です。若い二人、特に女性の方は東京の姐さんっぽい。何処がと言われると困るけど、ちゃきちゃきな雰囲気です。。。

   全てPENTAX K10D & smc PENTAX DA 40mm F2.8 Limited
  1. 2008/07/22(火) 22:48:36|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

松崎港の遊漁船

スケちゃんの船
 松崎港に繋留してあった、この船は漁船と言うより、釣り客を乗せて釣り場に案内する「遊漁船」というタイプの船です。

 なぜこの船をわざわざ撮るのかというと、「世界の中心で愛をさけぶ(TBSドラマ版)」で主人公の親友が大人になってから自分で持つ船として、ドラマの最後「エピローグ」の部分に登場しているからです。





船首部分
 漁船でもこんなに綺麗なのは、お客さんを乗せる船だからです。遠景も良い雰囲気です。




前から。。。
 前方から。。。和船タイプの漁船に見えますが、レーダーや、魚群探知機などの装備もちゃんと持っています。画面左の背景は「松崎マリナー」の先端部分で、あちらには純粋な遊びの船、ヨットなどが繋留、陸揚げされています。




少し離れて。。。
 天気が悪かったので、青空が出ないのが何とも残念な絵ですね。。。

   全てPENTAX K10D & smc PENTAX DA 12-24mm F4

  1. 2008/07/21(月) 09:39:42|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

掲載ありがとうございます

昼間の裏木戸
 「御宿しんしま」さんのホームページ

     西伊豆 松崎温泉 「御宿 しんしま」   

  の「新着・日記」2008年6月26日のところに、写真を掲載していただきました。ありがとうございます。若女将さん、超有名シェフさんによろしくお伝え下さい。それから教えていただいた「自分はセカチューの世界を見るために来たと言っていただければ、松崎の人々はお客さまをどんなにおもてなししやすいだろう」という言葉は、本当にその通りだと思います。町の人は皆親切ですし、ボク自身もセカチューのために来ている観光客はすぐ解ります。でも言っていただかないと、失礼になるかなと思いますよね。。。「セカチューの世界を見に来たんですよ。」そう言うと、町の人は皆さん笑顔になります。房総ではそう言う雰囲気はありません。松崎の人が、ご自分の町を愛していらっしゃるから、そう言う反応が自然に出るんだと思います。

 ここは夜の絵を数日前に載せましたが昼間もとても風情があります。裏木戸、裏木戸と失礼な物言いですが、ちゃんと「茜門」という名前があります。。。


   SONY α700 & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA



中庭
 この泊まったお部屋の前の中庭への造りはとても素敵でした。大きなガラス窓で中庭に繋がって、その向こうの濡れ縁に腰掛けると心が癒されます。

   SONY α700 & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA



中庭-02
 宴会場の建物だと思います。違ったら訂正してください。蔵座敷はここにあったのを保存移設したそうです。。。

   SONY α700 & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA



ラウンジ
 なまこ蔵造り、日本の古民家がデザインコンセプトになっている「しんしま」さんですが、ラウンジは洋式です。母校のチャペルのステンドグラスを思い出してしまいました。

   PENTAX K10D & smc PENTAX DA 12-24mm F4

  1. 2008/07/18(金) 22:25:40|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

蔵座敷-02

階段を上がって

 狭い階段を上がります。こういう蔵座敷のような部屋に上がるのはどういう訳か狭い階段なんです。その方がうきうきしますね。はしごのような階段も良いですし、一番良いのは上げ下げ可動式になっているはしごが最高です。今風に言ったらロフトですね。。。

 このお部屋は明治13年築、1880年です。この頃は日本の国を諸外国と同等に引き上げるために様々な動きがあった時代です。1860年代70年台のミッション系のヘボン塾(明治学院)、立命館、同志社といった大学群に続き、この部屋が建てられた2年後、東京専門学校(早稲田)、曹洞宗大学林専門本校(駒沢)、5年後、文武講習館(成城)、7年後、哲学館(東洋)など日本固有系の大学が次々に興りました。
 鹿鳴館が開かれたのは3年後の1883年、何より大日本国憲法が施行されるのには10年を待たなければなりません。このお部屋は大日本国憲法の10年先輩なのです。。。


   PENTAX K10D & smc PENTAX DA 12-24mm F4





蔵座敷

 130年前の民家の部屋にいます。歴史の中では、明治はつい昨日だったのです。吉田松陰や高杉晋作や坂本龍馬や西郷隆盛が思い描いた国に、日本は成れたのでしょうか?サミットはやれますが、同等と思われてはいないでしょうね。。。

  PENTAX K10D & smc PENTAX DA 12-24mm F4




白虎

 思いも掛けず、入江長八に出会いました。ランプ掛け「白虎」。長八には東京人こそお世話になったんです。松崎からでて東京下町の深川に住んで活躍しました。茅場町薬師堂の「昇り龍」「下り龍」、浅草寺観音堂、目黒祐天寺、芝泉岳寺(赤穂浪士の墓のお寺さん)、さらには千葉の成田山新勝寺、そうそうたるお寺ですが、東京が活躍の場であったのが災いして大部分を焼失しました。戦争はやってはいけません。

   SONY α700 & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA





漆喰鏝絵(しっくいこてえ)

 そう言った大きな作品ではなく、一般の民家の生活に使われていたのを見られるのが凄いことです。ランプ掛けという装飾が日本家屋に使われていたなんてことすら、忘れちゃったですよ。。。漆喰鏝絵(しっくいこてえ)は漆喰を流してこてで描画し、色づけを施したものです。

   SONY α700 & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA





「木目」

 「木目」は真ん中の龍の額です。白木の木目を残して描かれているのでそう言う題名らしいですね。。。とにかく、この部屋は来て良かったとしか言いようがありません。。。

   SONY α700 & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA

  
  1. 2008/07/15(火) 22:48:33|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

蔵座敷

蔵座敷

 「しんしま」さんのロビーからラウンジまで行って振り返ると蔵座敷があります。蔵座敷って昔は古い農家や商家にあった中二階風の部屋のことです。ここが古い民家を基本デザインにしていることもあって、隣の宴会場棟から保存移設したと社長さんが話してくれました。

 パソコンの時間が終わりとの声がかかりました。我が家はパソコン11:00迄なんです。明日また。。。


   PENTAX K10D & smc PENTAX DA 12-24mm F4
  1. 2008/07/14(月) 23:10:11|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雨の宵

裏木戸

 雨に降り込められた宿の裏木戸です。この雰囲気は日本旅館ならでは。。。到底ホテルでは味わえません。勿論ホテルにはホテルの良さがあり、和風旅館にはその良さがあります。

 でも、海外で宿泊を重ねたときの、あの疲労感というか、ぱさぱさ感というか、あれは参ってしまいますね。ラーメンか寿司が闇雲に食べたくなるのをボクも経験しました。





雨の宵

 それで、外は雨で閉じこめられて、寂しさがあるんだけれど、中は快適さに包まれている、守られているというぬくぬくした状態(夏だからぬくぬくじゃなくてすっきり爽やかなんだけれど。。。)を表現したくてこの一枚です。「日本の宿シリーズ-雨の宵」という題名でお願いします。

   SONY α700 & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA

  1. 2008/07/13(日) 11:17:16|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

川沿いのプロムナード

川沿いのプロムナード

 「御宿しんしま」さんの裏から川に出ますとそこにプロムナードがあります。朝の散歩に出ることにしました。
 向こうに見えるのは「ときわ大橋」。この橋はなまこ塀造りの一番大きな橋で、ドラマでもよく使われました。。。





アジサイとときわ大橋

 アジサイが咲いています。この時期を選んだのは、もともとアジサイねらいだったのですが、こう雨が続いてはアジサイどころではないのです。(カメラを守るのに必死。。。)でも、せっかくですから橋とコラボレーションさせます。
 
  



雨のアジサイ

 花は、好きな被写体です。アジサイ単独で撮っておきましょう。今回はあんまりお花撮らなかったですからね。。。





新島橋

 振り返ると新島橋が見えます。「御宿しんしま」さんの名前はこの橋から来ているんですね。。。川の水が大雨で濁っていて残念ですが、この次の週は大雨で松崎は孤立したとのこと。静岡県生まれの人間としては、それも伊豆らしいエピソードです。

    全てSONY α700 & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA






[川沿いのプロムナード]の続きを読む
  1. 2008/07/12(土) 12:46:07|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スクェアー、フォーラム

スクェアー

 新宿センタービルの中2階にスクェアーがありました。スクェアーはギャラリーとフォーラム(メンテナンス)とフォーカル(研修施設)の集合体です。




フォーラム受付

 フォーラム受付で、症状を話し30分ほど見て貰います。




K20D

 20Dのスケルトンモデルが置いてありました。このケース鍵がかかってます。。。




SP

 小学校6年の時に出たSPです。これに憧れました。このころ実際に使っていたのはリコーフレックスという2眼レフです。今考えればリコーフレックスの方がダンゼン贅沢です。




K10D

 K10Dが出てきました。結論はローパスフィルターとCCDの間に何か入っており分解しなければ取り除くことができないそうです。それで何が入っているのか目視できないんです。CCD面はまっさらなんですよ。
 ガーン!フォーラムで治らないのは初めて。それも故障ではなくただのゴミです。かくしてK10Dとは2週間のお別れとなりました。参ったな、こりゃ。。。





こんなところです。

 しかたない、α700とα7-Dで半月やるしかないですね。
 素人考えですが、ローパスとCCDの間にゴミなんて故意に入れようと思っても入らないと思うんですがね。。。不思議です。


   全てSONY α700 & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA

  1. 2008/07/09(水) 21:21:49|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PENTAX FORUM

知らないビル

  ペンタックスと言えば三井ビルなんです。こんな面白い格好のビルもありますね。。。




三井ビル

 あ、ありました。この真っ黒けのビルが三井ビルです。到着です、と、、、思ったら。
 
 フォーラムがありません。業界第一位のC社はあるんですが。。。困りました。HOYAと合併したからなぁ。引っ越したんでしょう。三井ビルの向こうに見えるツインタワーが東京都庁舎です。

 フォーラムに電話を入れました。

「昨年5月に引っ越しました」

「えっ!何処へ?」

「新宿センタービルです。」

「そのビルって何処にあるの?」

「駅に向かって、


隣のビルです。」

早く言ってください。。。





新宿センタービル

 これが隣の新宿センタービルです。思わずビル巡りになってしまいました。もう遅いのでまた次回。。。引っ張って済みません。

   全てSONY α700 & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA
  1. 2008/07/08(火) 23:09:06|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

遂に来たか…

あーっ!

 ちょっと話題が変わります。注意してたんですが。。。これは手入れ用のセーム皮革をアウトオブフォーカスにして撮ったものです。左側下から1/3のところにドットが一つあります。これが空に入ると致命的なんです。空に1点色の濃いところができます。慎重にやってたんですが。PENTAXのお掃除スティックで掃除しても全くダメ。カメラ屋さんは油性の汚れ、オイルじゃないの?とか言います。オイルをどうやって垂らすんでしょう。教えて欲しいわ。。。




笑っていいとも、スタジオ「アルタ」

 仕方ない、フォーラムに行こう。と言うことで。。。いつもそうなんだけど、新宿駅で人に囲まれるととにかく外に出るのを最優先して、西と東を無視してしまいます。昨日も出たら東口でアルタの前に出てしまいました。「笑っていいとも」を収録してる、あそこです。。。




地下通路

 こんなことで、めげてはいけません。いつもの怪しい地下通路で西口に抜けます。




相当怪しい。。。

 こんな事書いたら怒られますが、相当怪しいように見えますよね。。。おっと、同意を求めてはいけない。




調子に乗って

 調子に乗ってパシャパシャ撮っています。実はここまでK10Dとsmc PENTAX DA 40mm F2.8で撮っています。テッサータイプのおそらく世界で一番薄いデジ一眼用レンズ。でも実はパンケーキレンズはPENTAXが始めたものではありません。テッサータイプと言うくらいですから、最初に作ったのはカールツァイスです。でも1本だけじゃ、しょうがない。こんなにたくさんの薄型単焦点レンズを使えるのはPENTAXユーザーの特権です。テッサータイプは構成枚数が少なく、コントラストの高さ、色乗りの良さがメリットです。それに加えてこのレンズはかっちりとしまった描写を致します。




新宿西口

 西口の人ごみをかわして

       (ここからSONY α700 & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA)




三井ビルはどこだ。。。

 ええとっ!三井ビルはどこだっけ。。。(以下次回に続く。。。)

  1. 2008/07/07(月) 22:43:56|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

臨済宗萬法山帰一寺

帰一寺

 松崎の臨済宗萬法山帰一寺は伊豆の古刹で、この緑深いたたずまいはカメラマン達の被写体として取り上げられてきました。この階段は「世界の中心で愛をさけぶ」の陸上部の練習場面の収録に使われたほか、最近では「宮本武蔵」にも使われました。




喜一寺の階段

 この階段の、こういう構図は、誰でも描写したい、表現したいと思うようです。




喜一寺の版画

 上の2枚は、カッコイイとか思って撮ったのですが、この「御宿しんしま」さんの所蔵する版画を後から見ましたら、「こりゃモチーフとして同じだな」と思いました。アーティストの目って鋭いです。。。




六地蔵

 大変に派手可愛いお地蔵さん達にお会いしました。地蔵は子供を守るので、日本では優しく表現されますが、地獄と極楽の間を行き来できる能力を持つ菩薩で、地獄に堕ちた人をも助ける強大な力を持っています。ウチの時宗では、何処に行っても、何があっても唯ひたすら「南無阿弥陀仏」とお題目をお唱えするのですが、禅宗の臨済宗では何と行って拝むのか、ご住職さんに聞くのを忘れてしまいました。。。

  もちろんPENTAX K10D & smc PENTAX DA 12-24mm F4

  1. 2008/07/06(日) 08:49:20|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大澤山神社

大澤山神社

 実は6月21日22日って、ずっと雨だったんです。雨が全く落ちていないときはありませんでした。それで普通のボクだったら絶対にカメラは持ち出さないんですが、今回は若い人たち8人で行って、必死に写真を撮っているのを見て恥ずかしい思いをしました。あぁ、こんなに写真を撮りたいって気持ちなんだなぁって。なんだかどうしても撮りたいというその気持ちを、昔はこうだったなぁと、思い出していました。。。
 この神社、ヒロインを好きなサブキャラクター役の人がお百度参りをする神社として使われました。





大澤

 この年代の経過感というか、錆びてるでしょう?風景が。いいなぁ。それで2台持っていった一眼はどちらも防滴構造だったんですが、防滴の性能はα700よりPENTAXのK10Dのほうが信頼できますから、K10Dをずっと左手に抱えて右手に傘を持って頑張っていました。レンズ交換はできませんから、1本を選択しなければなりません。ボクが選べと言われたら、これしかありません。超広角の12-24/F4です。
  1. 2008/07/01(火) 20:59:26|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

URL of this page

MAIN  mark.nabe3s.com Mirroring watmark.blog22.fc2.com

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

nabe3

Author:nabe3
 バンドではベーシストで、コーラスもとります。音楽もパソコンも、すっかり生活の一部となっていて切り離すことは出来ません。好奇心は人一倍、何を見ても面白いことばかりです。ちょっとヘンですか?

ブログ内検索

PIXTA

 ご自分で個人的にお楽しみになる範囲を超えた画像利用をご検討の方は、何卒上記の使用権販売会社より、使用権をお買い求め下さい。より高品位の画像データもご用意しています。

カテゴリー

B.G.M.

バナー中段のダブル三角マークを押して、曲を選択するとボサノバが聴けます。ちゃんとしたミュージシャンのサポートがあるにしても、こんなに聴かせられるのだったら、長年やってきた我々ももっと人を感動させられるはずなのに。。。がんばらないと、という気持ちにさせます。聴いてみてください。( このプラグインはjavaで動いています。)

タイトルバナー

ルックアラウンドのバナー

 リンクいただける方はバナーとしてお使い下さい。  このブログ本文の画像は、長辺600ピクセルで、ちょっと大きいですが、サムネイルです。ぜひクリックして、横画像長辺1,024ピクセル、縦画像長辺900ピクセルの元画像でご覧下さい(^^)。

Welcome !

ご訪問ありがとうございます。

リンク de リング

mixiサイトには、mixi会員のみ有効です。

最近のコメント

Mini report for you !

デジタル周辺機器をレヴューします。


PENTAX K5 【 PENTAX K5 】
‐PENTAXのK5はPENTAXが久々に放った傑作です。この色が出せるのはPENTAXともう一社富士フイルムしか無いのですが、富士がS6proを出さない今、もうPENTAXに頼るしかありません。BIG2、C社・N社と互角以上のパフォーマンスを持っています。この、会社もカメラも小さなPENTAXがこんな優れたコンシューマー用のカメラを出してくれて、ただひたすら嬉しいのです。プロでは無い方にはどなたにでもお勧めできます。プロの方はなるべく大きくて、重くて、もっともっと高価なC社・N社の製品を使わなくてはいけません。できれば戦闘機から落としても壊れないくらいのものがいいですよ。


a900 【 SONY α-900 】
‐世界最強の長焦点レンズと言えばカールツァイスのプラナー85mm/F1.4なんですが、今、これを一番便利に使うならばα900が最右翼。AFが効きます。フルサイズフォーマットですから玉の強さに負けないハコはこれしかありません。SONYの態勢に不安がないわけではなく、彼らはピュアな光学ファインダーを捨てる見込みです。この100%ファインダーは超優秀なファインダーなのですが後継機では続かないというアナウンスが既に出ているのです。それが解ったとたん900の市場価格が上がりました。日本のコンシューマーは馬鹿ではないようです(^^)。本当に900のファインダーは捨てるには惜しいです。こう思うのは年を取ったからなのか。若い人たちはそう感じないのか?後継機が出ると、その答えも出ることになるでしょう。。。


Vixen GiomaⅡ ED52-S+Nikon P5100
Camera unit 【Vixen GiomaⅡ ED52-S+Nikon P5100】
‐デジタル・スコーピングは地上望遠鏡とコンパクト・デジカメを組み合わせたもので、結合部のアダプターの選択が難しいのですが、一眼の長玉を使うのに比べれば、圧倒的に安価で、圧倒的に高倍率の画像を得ることができます。欠点はコンデジを使うが故の全ての面における遅さです。撮っているときが苦しい。それだけに、いい絵が撮れたときは本当に嬉しいのです。。。


MX1000 【Logitech MX1000 Laser】
‐マウスのコードは煩わしいモノです。無ければ本当に良いのですが、動きが不確実で重くなったり、マイクロソフトの電池式無線マウスで経験した10日で単3を2本使うほどの電池消費量で痛い目にあって、なかなか手がでませんでした。  ところがこのマウスは秋葉原でも評判で、「クレバリー」で6千円台の最安値でしたのでGet!(^o^)  手にしっくりなじむデザインはさすがです。マウスを持つ手が気持ちいい。前後左右のキーコントロールも文句なし。心配した充電の持ちは、使用中に切れるようなことはなく、ほって置いても即座に電源が切れてパワーセーブ状態に入ります。これは◎です。


Majestouch Mini 【FILCO Majestouch Mini】
‐ やっと、満足のいくキーボードに行き当たりました。パソコン本体は今や完全な消耗品で、どこのメーカーであろうとほぼ同じモノですが、キーボードやマウス、モニターのように人との接点になるモノはしっかりとしたモノを使いたいと思ってしまいます。仕事でも我が家でもパソコンは常に使っていますので…。  東プレのメンブレン・タイプはいいのですが財布がついて行きません(^^;)。これなら何とかいけるでしょう。おなじみ独チェリー社のメカニカル・スイッチ(いわゆる茶軸スイッチ)を並べてなおかつリーズナブルなこの値段です。がちがちのメカニカルを使ってきた年老いたパソコン使いには、ちょっと軽すぎるタッチですが、それよりも標準キーボードの横幅が長すぎて使いにくいほうが問題です。マウスの操作が不自然になってしまいます。そこで幅が短くて高級品が欲しいところ、これが今まで無かったのです。へなへなのばかりでした(>_<)。  ちょっと指が幸せです。贅沢感があります。これで充分です(^^)。

最近の記事

メールフォーム

このフォームでnabe3にメールを送れます(^^)/。

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。