nabe3 の Look around !

 幸せって身近にあるものです。なかなか気がつかないだけで… http://mark.nabe3s.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

モクレン

モクレン

 モクレンは紫色が代表的で、白いハクモクレンなどもありますが、ボクはこの桃のような白にピンクのグラデーションの入ったモクレンが頭にすり込まれています。





モクレン

 優しい、可愛いモクレンだと思いませんか?優雅で優しい気持ちになりますね。





[モクレン]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2008/03/29(土) 22:11:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:9

ダイサギ

ダイサギ-デジ一眼

 同じ場所からデジ一眼とデジスコで撮りましたので比較してみましょう。これは135フィルム換算450mmです。。。それでは

   nabe3の気になる?気になる!

 にどうぞっ!


   PENTAX K10D & Tamron AF XR Di 28-300mm F3.5-6.3 MACRO(A061)



  1. 2008/03/26(水) 21:04:23|
  2. 動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カモだって。。。

カモだって。。。

 カモだって、、、カモだって。。。こんなに美しく飛ぶかも。。。



   PENTAX K10D & Tamron AF XR Di 28-300mm F3.5-6.3 MACRO(A061)



   
  1. 2008/03/24(月) 23:03:29|
  2. 動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ネコヤナギ

ネコヤナギ

 ネコヤナギって最近の東京圏ではあまり見ないんです。昔は(ボクの言う昔ってのは1960年代ですけど)何処のウチの庭にもあってこの綿帽子を見ると春が来たんだなと思った記憶があります。





ネコヤナギ

 ネコヤナギは正真正銘のヤナギ科ヤナギ属で葉っぱも細いんです。名前だけじゃなかったんですね。サリクス・グラシリスティラ、別名をタニガワヤナギと申します。


   PENTAX K10D & Tamron AF XR Di 28-300mm F3.5-6.3 MACRO(A061)


  1. 2008/03/23(日) 16:50:36|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

捨てないで。。。

こんなに近くにも。。。

 葛飾区の水元公園は鳥と人との距離がとても近いのです。ですからデジスコは練習に行っているわけで、デジ一眼のほうが有利ですね。デジ一眼で無理なところにデジスコの活躍の場があります。
 ところでこのユリカモメが咥えているのは。。。






咥えているのは。。。

 ご覧のようにたばこのニコチンフィルターです。プラスチックの。。。鳥は消化の出来ないものはペリットといって口から団子状にしてはき出すことが出来ますが、それにしてもニコチンは有毒です。





向こう側のユリカモメが咥えています。。。

 野鳥は人が思っているのより、とても近くで生活しています。有毒有害なものは、出来る限りオープンな状態で捨てないのが鉄則です。気を付けましょう。。。人間ですから。


   全て PENTAX K10D & Tamron AF XR Di 28-300mm F3.5-6.3 MACRO(A061)



  1. 2008/03/22(土) 13:44:53|
  2. 動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コサギ

コサギ

 このコサギは、ナンでもないようなフリをしてるんですが。。。実は狙っています。あああっ!





捕まえたっ!

 っと思っている隙に、もう捕まえてしまいました。この1枚目と2枚目の間の絵が欲しいのに。。。食べるときは地面のほうを向いています。落としちゃったことがあるんでしょうね。。。丸呑みです。




行っちゃった。

 ぶつぶつ言っていましたら、飛んでいってしまいました。仕方ありません。。。次回はもっとうまく撮りましょう。


   全て PENTAX K10D & Tamron AF XR Di 28-300mm F3.5-6.3 MACRO(A061)


  1. 2008/03/20(木) 11:21:15|
  2. 動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヒドリガモ

ヒドリガモ

 ヒドリガモはホントに何処にでもいるけれど、よく見るととても美しい羽ですね。。。





ヒドリガモの水浴び

 よくやってる、水浴びの時の姿勢。。。カッコイイと思います。





どっち?

 おーい!どっちに行く?みんな飛んでっちゃったよ。。。


   全て PENTAX K10D & Tamron AF XR Di 28-300mm F3.5-6.3 MACRO(A061)


  1. 2008/03/19(水) 22:27:37|
  2. 動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ユリカモメ 流し撮り

 ユリカモメは美しい鳥で、飛ぶ姿は綺麗で、地上に降りてくるとユーモラスでもあり、人なつっこくて可愛くもあります。

ユリカモメ

 あまりシャープには決まってないんですが、その辺はご勘弁を。。。綺麗な鳥さんでしょう?






ユリカモメ

 カモメの仲間はみんな飛び方がうまいというか絵的に決まっています。





ユリカモメ

 これは自分でも気に入った一枚です。。。




ユリカモメ

 おまけです。ちょっと暗くて発色が悪い。。。


   全て PENTAX K10D & Tamron AF XR Di 28-300mm F3.5-6.3 MACRO(A061)

  1. 2008/03/18(火) 22:46:27|
  2. 動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バン

バン

 今日はとても暖かで、春の一日となりました。それで水元公園へ行ってきました。花粉さえ飛んでいなければいい日なんですがね。。。

 バンはクイナの仲間で、都市部にもよく見られる野鳥です。先っぽが黄色のオレンジのくちばしが特徴です。






バン

 前にくちばしが白いオオバンをご紹介した事がありますが、それよりちょっと小型でくちばしの色で得をしていますね。。。

[バン]の続きを読む
  1. 2008/03/16(日) 21:25:58|
  2. 動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アセビ

アセビ、アシビ、アセボ

 凛々さんのブログに取り上げられていたアセビ、こちらでも咲いています。このお花はツツジの仲間で、それで同じツツジの仲間のドウダンツツジやエリカに似たお花を付けます。大きく見えますがお花一つは5ミリくらいと、とても可愛いものです。




アセビ、アシビ、アセボ

 同じ戸定庭園にありましたが色が違いました。写真にしてみますとスズランにも良く似ています。万葉の昔から文学に縁があるお花です。文学のほうではアシビと読ませるようです。


   PENTAX K10D & Tamron AF XR Di 28-300mm F3.5-6.3 MACRO(A061)
  1. 2008/03/15(土) 18:24:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

キジバト

キジバト

 草むらにキジバトがいます。キジバトはハトなんですが、人に飼われている鳩としてボク等がよく知っているハトよりダンゼン大きく体長は30センチくらいです。東北以南では定着型の留鳥で、有り体に言うと何処にでもよく見られる野鳥です。鱗のような羽の模様と首のストライプで見分けます。一言で言うと地味です。

 ボクがこのサブタイトルでブログをやる以上、もっと早く登場していなければならない被写体です。何故か???幸せの青い鳥ってご存じですよね。メーテルリンクの童話です。それがこの鳥です。

 幸せをもたらす青い鳥を探し回ったのに見つからなかったけれど、その鳥は家の鳥かごの中にいたんだというこのお話は、人がいかに身の回りに既にある幸せには気付かないと言うことを表しています。賢明な皆さんは、これが幸せの青い鳥だと、ぜひ覚えておいてください。。。



    PENTAX K10D & Tamron AF XR Di 28-300mm F3.5-6.3 MACRO(A061) 

  
  1. 2008/03/12(水) 21:55:40|
  2. 動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

記念撮影

記念撮影

 元気に育て、小さな命。。。


   PENTAX K10D & Tamron AF XR Di 28-300mm F3.5-6.3 MACRO(A061)



   
  1. 2008/03/11(火) 21:42:30|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

梅二題

白梅

 すみません、また梅です。今度は一つ一つを大切に撮りました。性格上はグチャグチャあるのが好きなんですが。。。これは戸定邸のほうの梅です。




白梅

 梅表裏。


   PENTAX K10D & Tamron AF XR Di 28-300mm F3.5-6.3 MACRO(A061)

  1. 2008/03/10(月) 23:12:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

千葉大学園芸学部

千葉大園芸学部庭園

 千葉大学は園芸学部だけ松戸にあって、いつかご紹介した松戸徳川家の戸定邸と同じ杜、戸定の杜に広大な敷地があります。ですから我が家から車で5分くらい、すぐ近くです。ここは庭園なんですが、冬なのでナンにも無し。寂しい景色ですね。。。




ハナニラ

 めげずに撮ります。ハナニラはユリの仲間でイフェイオンという名前です。花びらが3枚ずつ二組に見えます。ここから英名はスプリングスター、最近は英名がしっくり来ます。どうもニラじゃないのにハナニラはかわいそうな気がするのです。花言葉も「悲しみ」って言うんですよ。




クロッカス

 おなじみクロッカスはアヤメの仲間。茎は地面の中にあって丸いんです。地上にあるのは葉っぱの部分だけなんです。クロッカスは別名ハナサフランと言います。今日はハナニラとハナサフランのお話でした。。。


   全て PENTAX K10D & Tamron AF XR Di 28-300mm F3.5-6.3 MACRO(A061)
  1. 2008/03/09(日) 19:12:46|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

しだれ梅

しだれ梅

 ボクのしょうもない広角梅シリーズにお付き合いいただいた皆さん、ありがとうございます。最後はこれ。超広角しだれ梅です。満開ですね。


   KonicaMinolta α-7D & Tamron AF 11-18mm F4.5-5.6 (IF) (A-13)



   
  1. 2008/03/06(木) 22:22:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

紅梅

紅梅

 燃えるような赤の梅です。レンズから梅まで数センチ。↓の白梅のほうは1センチくらいです。

   KonicaMinolta α-7D & Tamron AF 11-18mm F4.5-5.6 (IF) (A-13)
  1. 2008/03/05(水) 21:22:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

梅

 超広角で、お花も撮れます。超広角しか持っていなかったのです。そう言うことはいつでもなんですが、なぁに、あたえられた環境で、何とかはなるもんです。。。

 
   KonicaMinolta α-7D & Tamron AF 11-18mm F4.5-5.6 (IF) (A-13)
   
  1. 2008/03/04(火) 23:08:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

廃屋

廃屋

 季節が違うようですが、1月中頃の撮影です。鳥を撮っていたときにK10Dでも撮っていたんです。廃屋に柿が残されて、それでも冬の1月まで実を付けて鳥が食べに来るんです。屋根と柿の取り合わせが良いなと思いました。

   PENTAX K10D & smc PENTAX-A 28mm F2.8





  
  1. 2008/03/03(月) 22:40:03|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ブッドレア

フジウツギ

 この細かいお花がたくさん付いたはっきりしない形のお花は、ブッドレアって言うんですけど、この名前自体があんまり聞かないですよね。日本では「ウツギ」とか「フジウツギ」という名前で通っています。温室に入れてあるけど、温室に入れる必要は無いんじゃないかなぁ。全国区のお花です。





フジウツギ

 甘い香りがします。チョウチョが良く来ます。それで英名が「バタフライ・ブッシュ」で、これが一番分かりやすいかも知れません。コンデジを使い付けると一眼を持ち出さなくなって困りますね。なにせ簡単で且つピントぴったりなので。。。

   PENTAX K10D & smc PENTAX FA 100mm F2.8 MACRO
  1. 2008/03/02(日) 12:38:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

URL of this page

MAIN  mark.nabe3s.com Mirroring watmark.blog22.fc2.com

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

nabe3

Author:nabe3
 バンドではベーシストで、コーラスもとります。音楽もパソコンも、すっかり生活の一部となっていて切り離すことは出来ません。好奇心は人一倍、何を見ても面白いことばかりです。ちょっとヘンですか?

ブログ内検索

PIXTA

 ご自分で個人的にお楽しみになる範囲を超えた画像利用をご検討の方は、何卒上記の使用権販売会社より、使用権をお買い求め下さい。より高品位の画像データもご用意しています。

カテゴリー

B.G.M.

バナー中段のダブル三角マークを押して、曲を選択するとボサノバが聴けます。ちゃんとしたミュージシャンのサポートがあるにしても、こんなに聴かせられるのだったら、長年やってきた我々ももっと人を感動させられるはずなのに。。。がんばらないと、という気持ちにさせます。聴いてみてください。( このプラグインはjavaで動いています。)

タイトルバナー

ルックアラウンドのバナー

 リンクいただける方はバナーとしてお使い下さい。  このブログ本文の画像は、長辺600ピクセルで、ちょっと大きいですが、サムネイルです。ぜひクリックして、横画像長辺1,024ピクセル、縦画像長辺900ピクセルの元画像でご覧下さい(^^)。

Welcome !

ご訪問ありがとうございます。

リンク de リング

mixiサイトには、mixi会員のみ有効です。

最近のコメント

Mini report for you !

デジタル周辺機器をレヴューします。


PENTAX K5 【 PENTAX K5 】
‐PENTAXのK5はPENTAXが久々に放った傑作です。この色が出せるのはPENTAXともう一社富士フイルムしか無いのですが、富士がS6proを出さない今、もうPENTAXに頼るしかありません。BIG2、C社・N社と互角以上のパフォーマンスを持っています。この、会社もカメラも小さなPENTAXがこんな優れたコンシューマー用のカメラを出してくれて、ただひたすら嬉しいのです。プロでは無い方にはどなたにでもお勧めできます。プロの方はなるべく大きくて、重くて、もっともっと高価なC社・N社の製品を使わなくてはいけません。できれば戦闘機から落としても壊れないくらいのものがいいですよ。


a900 【 SONY α-900 】
‐世界最強の長焦点レンズと言えばカールツァイスのプラナー85mm/F1.4なんですが、今、これを一番便利に使うならばα900が最右翼。AFが効きます。フルサイズフォーマットですから玉の強さに負けないハコはこれしかありません。SONYの態勢に不安がないわけではなく、彼らはピュアな光学ファインダーを捨てる見込みです。この100%ファインダーは超優秀なファインダーなのですが後継機では続かないというアナウンスが既に出ているのです。それが解ったとたん900の市場価格が上がりました。日本のコンシューマーは馬鹿ではないようです(^^)。本当に900のファインダーは捨てるには惜しいです。こう思うのは年を取ったからなのか。若い人たちはそう感じないのか?後継機が出ると、その答えも出ることになるでしょう。。。


Vixen GiomaⅡ ED52-S+Nikon P5100
Camera unit 【Vixen GiomaⅡ ED52-S+Nikon P5100】
‐デジタル・スコーピングは地上望遠鏡とコンパクト・デジカメを組み合わせたもので、結合部のアダプターの選択が難しいのですが、一眼の長玉を使うのに比べれば、圧倒的に安価で、圧倒的に高倍率の画像を得ることができます。欠点はコンデジを使うが故の全ての面における遅さです。撮っているときが苦しい。それだけに、いい絵が撮れたときは本当に嬉しいのです。。。


MX1000 【Logitech MX1000 Laser】
‐マウスのコードは煩わしいモノです。無ければ本当に良いのですが、動きが不確実で重くなったり、マイクロソフトの電池式無線マウスで経験した10日で単3を2本使うほどの電池消費量で痛い目にあって、なかなか手がでませんでした。  ところがこのマウスは秋葉原でも評判で、「クレバリー」で6千円台の最安値でしたのでGet!(^o^)  手にしっくりなじむデザインはさすがです。マウスを持つ手が気持ちいい。前後左右のキーコントロールも文句なし。心配した充電の持ちは、使用中に切れるようなことはなく、ほって置いても即座に電源が切れてパワーセーブ状態に入ります。これは◎です。


Majestouch Mini 【FILCO Majestouch Mini】
‐ やっと、満足のいくキーボードに行き当たりました。パソコン本体は今や完全な消耗品で、どこのメーカーであろうとほぼ同じモノですが、キーボードやマウス、モニターのように人との接点になるモノはしっかりとしたモノを使いたいと思ってしまいます。仕事でも我が家でもパソコンは常に使っていますので…。  東プレのメンブレン・タイプはいいのですが財布がついて行きません(^^;)。これなら何とかいけるでしょう。おなじみ独チェリー社のメカニカル・スイッチ(いわゆる茶軸スイッチ)を並べてなおかつリーズナブルなこの値段です。がちがちのメカニカルを使ってきた年老いたパソコン使いには、ちょっと軽すぎるタッチですが、それよりも標準キーボードの横幅が長すぎて使いにくいほうが問題です。マウスの操作が不自然になってしまいます。そこで幅が短くて高級品が欲しいところ、これが今まで無かったのです。へなへなのばかりでした(>_<)。  ちょっと指が幸せです。贅沢感があります。これで充分です(^^)。

最近の記事

メールフォーム

このフォームでnabe3にメールを送れます(^^)/。

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。