nabe3 の Look around !

 幸せって身近にあるものです。なかなか気がつかないだけで… http://mark.nabe3s.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バブりんこを迎えたわんこ達-その3

バブりんこ

 どうもだんだん接近してしまいます、綺麗だし魅力的ですね。ぼるぼるさんの気持ちが良く解ります。



ずぶ濡れのわんこ

1.目の前をずぶ濡れになったわんこが横切りました。



あれっ!

2.この子もダンスしたいんでしょうか?(^^;)



白いボルゾイ

3.真っ白のボルゾイです。



上品です

4.う~ん、上品と言うより、もう神々しいという感じです。

  全てKonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA

[バブりんこを迎えたわんこ達-その3]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2007/09/30(日) 14:43:37|
  2. 動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バブりんこを迎えたわんこ達-その2

ゴールデン・リトリバー

 今日は、このゴールデン・リトリバーさんに頑張って貰いましょう。この二匹は仲良くしてましたね。リトリーブは魚釣りのリールを捲くこと、つまりラインを回収するということです。と言うことは猟犬なんですね。きっと打った鳥を回収してくる為のわんこだと思います。これ、みんな憶測で書いてますから違ったら訂正して下さい。




くすぐったい

 く、くすぐったいよーって言ってるみたいですね。。。



ころころ

 赤いバンダナタイプの首輪が印象的でした。おしゃれです。

  全てKonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA


  1. 2007/09/29(土) 22:53:36|
  2. 動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バブりんこを迎えたわんこ達-その1

バブりんこ

 ぼるぼるさんに、触られているときが一番安心しているお顔だね。眼が細まってる。



沙羅

 1.教えていただいた沙羅だと思います。悲しそうなお顔してますよね。




沙羅

 2.

  ここまでKonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA




沙羅

 3.

  PENTAX K10D & Tamron AF XR Di 28-300mm F3.5-6.3 MACRO(A061)




違うなぁ

 4.この子は別の子かもしれません。



類

 今日のルイはちょっと動きのあるところで。。。

  上2点 KonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA


  1. 2007/09/28(金) 23:45:32|
  2. 動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

バブりんこに会えた日-ぼるぼるさん

バブりんこ

 耳がたたまれています。自然にたたまれているのかと思って触ってみたら、この状態は自分で意識的にやってるんです。どういうときにこうなるんでしょうね?一緒にいる人しか解らないですよね。



ぼるぼるさん

 お顔が公表できなくてもどかしいですが、ぼるぼるさんは、小気味よくちゃきちゃきの岡山弁をあやつる、テキスト文章がそのまま自然な素敵な方でした。ムスメちゃんもぼるぼるさんそっくりでしたよ。。。



ルイ

 ルイってなんでフランス名なんでしょうね。英名男性だとルイス、女性だとルイーズなんですが。。。きっと風貌が貴族的だからかな???

   KonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA


[バブりんこに会えた日-ぼるぼるさん]の続きを読む
  1. 2007/09/26(水) 23:55:41|
  2. 動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

バブりんこに会えた日-レン・ネネ・ココ

バブりんこ

 今日は左の横顔です。バブりんこはホントに優しいわんこです。人にもわんこにも気を遣っているんですよ。いつも邪魔にならないように、自分のポジションを取っています。それはそれはかわいそうなくらいです。



 
レン

 ちかPさんの所のウィペットの「レン」です。レンもゴージャスですが、この立派なハーフチョークの首輪は、ご主人ちかPさんの手になるモノだそうです。凄いですね。下の彼のサイトで売っています。バブりんこもしていました。。。

  http://dogleather.blog95.fc2.com/





ネネとココ

 ミニチュア・ダックス、ブラック & タンのほうが「ネネ」でクリームのほうが「ココ」です。ココは眉毛が眉根を寄せているように見えますが別に機嫌が悪い訳じゃないそうですよ。。。十字架の部分が名札になっています。



ルイ

 ルイの眼には何が写っているんでしょうか?何かを見つけると追跡します。生粋の猟犬なんですね。

  全てKonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA


[バブりんこに会えた日-レン・ネネ・ココ]の続きを読む
  1. 2007/09/25(火) 21:55:57|
  2. 動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

バブりんこに会えた日-「にゃはっ!」

「にゃはっ!」

 これって、バブりんこのトレードマーク、「にゃはっ!」じゃないでしょうか?

 「にゃはっ!」をやってくれたので、とても嬉しいです。




ルイ

 実を言うとルイは、もっと大きいと思っていたんです。ドーベルマン程度の狩猟犬を。。。それでちょっと恐いなと思っていたんですが、会ったら思ったほどではなかったので大いに安心しました。そうなると人間って勝手なモノで、おおなかなか可愛いと(^^;)。

 英セッターって、狩猟犬の正統という感じが致します。


  KonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA


[バブりんこに会えた日-「にゃはっ!」]の続きを読む
  1. 2007/09/24(月) 12:22:39|
  2. 動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

バブりんこに会えた日

バブりんこ

 目の前に

 本当に

 バブりんこがいる

 細く 大きく 気高い

 良く来たね





ルイ

 ルイは常に走り続ける

 獲物を追い込む

 本能が

 そうさせるのだろう

 走りながら

 何を求めるのか

答えは彼の中にしかない


   KonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA



  [バブりんこに会えた日]の続きを読む
  1. 2007/09/23(日) 21:46:41|
  2. 動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

A-50mm F1.4 その2

東京と言いながらどこにもある

 こういう会話をしました。

「この写真、何を見せたいわけ?」
「垂れ幕が綺麗だなと思って。。。」




オリジン弁当

「これは何が言いたいの?」
「いや、シルエットになってる人たちにそれぞれの生活があってってところ、感じるじゃん。。。」




不気味

「これは?」
「ほら、これ人魂みたいで不気味でしょ?」
「でもこれ、反射でしょ?」
「いや、そうなんだけどさ。。。」

「こんな写真にコメント書く人が大変だって思わないの?」
「あ、いや、そうかなぁ(^^;)」





[A-50mm F1.4 その2]の続きを読む
  1. 2007/09/20(木) 22:50:17|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

smc PENTAX-A 50mm F1.4を持ち出す

A50mm F1.4

今の時代、標準的なレンズの明るさはF4のような気がします。手持ちで一番明るいのは、ご覧のA50mm F1.4です。明るさとカラーバランスの良さが武器の、オールドレンズ。銀塩の時代はこのカメラとレンズのバランスは、とても安心でした。今ではレンズが小さすぎです。これを夜持ち出して何が撮れるかやってみました。



スーパー

 オールドレンズとは言え、明るさは大きな武器ですね。欠点はオートフォーカスが効かないこと。老眼で夜ですから、合焦が辛い辛い。でも合うとピッと言うんですけどね。。。



造花屋さん

 色の華やかさを出したくて撮りました。現役で通じると思います。24年前に買ったレンズなんですが。



タングステン光

 暗い所では?

 まぁまぁ何とかって所ですね。



[smc PENTAX-A 50mm F1.4を持ち出す]の続きを読む
  1. 2007/09/18(火) 23:16:26|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

サルスベリ

サルスベリ

 今年ほどこの花を見たことは無かったかも知れません、もう、そこここにたくさんあるんです。これは木だから、急にあちこちで植えたということは無いはずです。トケイソウもそうでしたが、見たこともないと思っていたお花が、一つ発見すると、もうあちこちにあるのに気づくんです。

 幸せも、きっとそうなんですよ。。。


KonicaMinolta α-7D & Tamron AF 11-18mm F4.5-5.6 (A13)




サルスベリの花

 とにかく、不思議な形のお花で、何より綺麗ですよね。気温が高いと発色が良くなるような気がします。

  CANON PowerShot A710IS


[サルスベリ]の続きを読む
  1. 2007/09/17(月) 21:53:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

長蛇の列

ある日突然

 デイパックを背負い、地図を持った中高年の皆さんの列が、もう30分も続いています。まだまだ後に続いています。



一列になって…

 このあたりは狭いので一列になって、暑いので辛そうです。この列は何なんでしょう。一言ずつ聞くと、一言ずつ返事が返ってきます。

 解ってきたのは…、JR東日本が企画したハイキングで、松戸駅出発のコース。2,000人が歩いている。集まったのはほとんどシルバー層だった。目的地は運動公園だが、着いても特にイベントはない。自由に歩いて、自由に帰る。というもの。




まだまだ先

 運動公園はもうちょっと先です。もう、ばてちゃったみたいですね。今年の夏は暑すぎでした。温暖化のせいですね、確かに。。。

  全てPENTAX K10D & smc PENTAX DA 12-24mm F4


[長蛇の列]の続きを読む
  1. 2007/09/16(日) 20:43:52|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

灯り

絵のある窓

 昨日は、寝てしまいましたので、今朝方は速く目が覚めました。初老なので寝ていられません。散歩が早まってしっかり歩けました。明け方の空とマンションの灯り。暖色の光を出したいところです。



光の当たる階段

 階段もライトアップされるといい感じではありませんか?





ライトアップ

 普段は無機質に見えていたマンション、なんだか暖かい光に包まれていました、朝の光のなせる技ですね。


  全てPENTAX K10D & smc PENTAX DA 12-24mm F4


[灯り]の続きを読む
  1. 2007/09/15(土) 20:46:37|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マンデビラ その2

ローズジャイアント

 マンデビラが中途半端になってしまいましたので、再エントリーします。これはローズジャイアントと言いまして、マンデビラでは最も人気があって数も多いんです。じゃ、前のエントリーは、、、?実は前のエントリーもローズジャイアントなんです。



ローズジャイアント

 これを見ると解りますが、同じツルです。このお花も色が変わるお花で、薄い色と濃い色が出ます。いろんな濃度が出ます。季節でだんだん濃くなるランタナ七変化のような花もあって、色変わりもいろんなパターンがありますね。。。

    CANON PowerShot A710IS

  1. 2007/09/15(土) 19:28:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

マンデビラ

マンデビラ

 このお花は名前が変更されたお花です。昔はディプラデニアって言っていましたが、属が変わってマンデビラになりました。キョウチクトウの仲間で、つる性のお花です。中央アメリカから来ました。庭の花としては大輪で派手なので、少数ですが人気がありますよ。。。今日は一枚でおやすみなさい。。。

  CANON PowerShot A710IS
  1. 2007/09/13(木) 23:41:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

トケイソウその後

トケイソウ

 7月にトケイソウを初めて撮影できましたが、そのポイントに先日行ってみましたら…。

  KonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA
 


 パッションフルーツ

 花が枯れて実がなっていました。パッションフルーツと言うことになります。トケイソウは日本では時計に見立てますけど、欧米では十字架に掛けられたイエスに見立てます。パッションは情熱と訳されることが多いですが第一義はこの受難のことです。イエスが全ての人の罪を救おうという情熱の元に十字架に掛けられたのでパッションは第二義で情熱の意味も持つわけです。

 それでパッションフルーツ、実は代表種トケイソウとは別のクダモノトケイソウの実のことで、この写真の実はおいしいと言うほどの所までは行きません。残念。


  CANON PowerShot A710IS


[トケイソウその後]の続きを読む
  1. 2007/09/12(水) 22:28:25|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

雨も日も

雨も日も

 台風の接近する朝、雨も降ります日も照りますのおかしな天気の状態。。。お気に入りの軌条運搬車を駅構内から。


雨も日も02

 コンデジで、なかなかの引きつけ効果。望遠らしく、ちゃんと遠近感圧縮が出ています。


ハナトラノオ

 モグちゃんさんのブログに出ていたハナトラノオ。お花屋さんではフィソステギアと言って売っているかもしれません。不思議な花びらの形は唇形といわれます。上を上唇弁、下を下唇弁といい、下唇弁に虫が乗って漏斗状のお花の中に身体を入れると上唇弁の黒いおしべの花粉が背中についておしべの真ん中近くにあるめしべが受粉する仕掛けです。でもこういう仕掛けを持っているにもかかわらず、うまく受粉が行われるのは難しいらしく、このお花も地下茎の株分けによって増やします。シソ科で芳香があります。

  最近活躍の CANON PowerShot A710IS


  1. 2007/09/11(火) 22:40:56|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

秋の気配かな

アンテナとトンボ

 今日もお散歩カメラですね。トンボが秋の気配です。都会と言うほど都会では無いですが、この辺ではカーアンテナぐらいしか止まるところがないのが悲しい。



芙蓉の蘂

 砂糖菓子のような、フヨウの蘂です。

   PENTAX & smc PENTAX FA 100mm F2.8 MACRO



[秋の気配かな]の続きを読む
  1. 2007/09/10(月) 21:57:39|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

朝の散歩で…

粗大ゴミ

 国道6号線から10mほど入ったところに、捨てられたばかりのテレビを発見しました。吸い殻と一緒に、電信柱の影にこっそりと。。。新しい法律のおかげで、役所のゴミ処理場は引き取らず、市役所は「法令違反」という言葉で市民を脅しつけています。
 実はこういう景色は東京近郊の海岸線や川ではあまりに日常茶飯事で、釣りに出るときには当たり前の光景でした。。。それが人が住んでる所に近くなってきたな、と言うのが実感です。良くも悪くもあの法律の影響であることに間違いはありません。




粗大ゴミ

 まぁ、ある意味これも似たり寄ったりなんです。事務所があったところですが、外装は持っていったものの、鉄骨部分は放置されています。マンションのすぐ隣なんですが。。。鉄骨を解体するとコストがかかるんでしょうね。

  PENTAX K10D & smc PENTAX DA 12-24mm F4


[朝の散歩で…]の続きを読む
  1. 2007/09/09(日) 22:27:02|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

センニチコウ

センニチコウ

 コンティンジェンシープランから復活してきました。。。ご心配掛けました。おかげさまで業務は異常なくオール・オペレーション・グリーンでした。初めてのコンティンジェンシープラン発動だったのです。

 さて、コンデジのマクロ機能にも舌を巻いていますがK10Dのマクロにも頑張って貰いましょう。goeさんに続いてセンニチコウをアップしますね。
 
 PENTAXのマクロは50mmも100mmも定評があります。ボクは100mmF2.8を使ってます。やはりコンデジとは比べものになりません。玉に瑕なのは大変に高価な点です。高すぎでしょう。ファンでなければ買いません。「Tamron90mmF2.8マクロ」のような銘玉もあることですし。。。描写は柔らかく、いい感じです。




 アップのセンニチコウ

 ヒユの仲間。ホントのお花は赤い部分ではなく黄色のチョロチョロした部分だけです。



ウラゴマダラシジミ

 またまたPS A710ISの写真を持ってきてしまいました。ウラゴマダラシジミとのスナップです。
[センニチコウ]の続きを読む
  1. 2007/09/09(日) 00:04:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

奥久慈-13 左貫(その3)

茶室の門

 随喜の題のある茶室がありました。この山奥で(失礼)数寄屋造り京茶室です。



路地より茶室

 母屋から客がいったん外に出る路地から茶室です。



待合い

 露出がオーバーで補正範囲外ですみません。これは待合いです。客はここで亭主が準備ができたと呼びに来るまで待っています。飛び石には打ち水が打たれるのが普通です。飛び石も贅沢でした。



茶室

 今日は茶席が無いようで雨戸がたっていますが、正面がにじり口、普通はかがんでここから入ります。右が貴人口のようです。位が高い人が招かれたときはここから立って入れます。にじり口正面に床の間、床の間には掛け軸と花が飾られます。広さは3畳程度。自然の素材をどこかに使うのがお約束で、この茶室は外の柱に丸木が使われています。普通はこのように簡単な組み方の建物で、昔は引っ越すと分解して持っていき、引っ越し先でまた組み立てられたようです。



[奥久慈-13 左貫(その3)]の続きを読む
  1. 2007/09/05(水) 23:04:01|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

奥久慈-12 左貫(その2)

F22

 和紙人形館で見学していると、冷茶をごちそうしてくれました、さすが茶の里公園の中です。



窓の外

 外のお庭は、茶の里公園のお庭です。お花はアスターでした。




使用カメラ

 山岡 草さんは人形とお花をやる方です。和紙の人形とお花のコラボレーションを写真に撮って自分で楽しんでいたようです。カメラはコニカのFT-AとC35でした。コニカも一眼レフ作ってたんですよ。それほど古くなくて、ボクが子供の頃のカメラです。懐かしい。。。



お茶目な看板

 こんな、お茶目な看板も出ていました。これは和紙人形館じゃなくて、おみやげ屋さんのほうの建物です。



[奥久慈-12 左貫(その2)]の続きを読む
  1. 2007/09/04(火) 23:31:33|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

奥久慈-11 左貫

茶の里公園

 翌日、僕たちは久慈川の支流、押川沿いに更に上流を目指しました、栃木県との県境もすぐそこ、左貫地区に茶の里公園があります。奥久慈はお茶の産地でもあるんですが。。。



和紙人形館

 この公園の中に和紙人形館があります。「山岡 草」という人の和紙人形に会いに来ました。残念ながら撮影禁止です。

  http://www2.ocn.ne.jp/~hasumi/yamaoka.html

 こちらで人形の写真をご覧下さい。色が褪せてますが、本物はもっと深い色です。公園の景色も綺麗でした。


  KonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA




[奥久慈-11 左貫]の続きを読む
  1. 2007/09/03(月) 22:39:33|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

奥久慈-10 大子(その3)

モミジアオイ

 ホテルの庭に咲いていたヒビスクス族のお花、フヨウではありません。20センチ以上あって大きいですし花弁がツヤツヤとしています。葉っぱも特徴的。モミジアオイ(紅蜀葵)です。

  KonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA



これはフヨウです。

 ちょっと、旅日記から脱線してヒビスクス族の写真を。。。ここからキャノンのPS A710ISの画像です。「気になる?」ブログに出してあるんですが、コメが付かないので再アップします。一般的フヨウです。


マクロ

 マクロ機能を使って撮っているんですが、27千円で買ったコンデジってこんなにきれいに撮れていいんでしょうか?驚いてしまいました。。。



スイフヨウ

 これはスイフヨウ(酔芙蓉)、八重咲きの白い芙蓉に見えますが、このお花は一日でしぼむ一日花です。酔っている芙蓉と呼ばれる所以は咲いている一日の中の色の変化が大きいからです。



二日酔い

 同じ朝の写真しかなくてごめんなさい。バックでしぼんでいるお花は、実は昨日のお花で、色の差がどれだけ大きいか解ります。俗にこのしぼんでいる状態を「二日酔い」と言うんです(^^)。

 上の4枚はエントリーモデルのコンデジです。我らデジ一使い、精進して頑張りましょう。。。

 続きもヒビスクス族です。



[奥久慈-10 大子(その3)]の続きを読む
  1. 2007/09/02(日) 14:17:35|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

URL of this page

MAIN  mark.nabe3s.com Mirroring watmark.blog22.fc2.com

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

nabe3

Author:nabe3
 バンドではベーシストで、コーラスもとります。音楽もパソコンも、すっかり生活の一部となっていて切り離すことは出来ません。好奇心は人一倍、何を見ても面白いことばかりです。ちょっとヘンですか?

ブログ内検索

PIXTA

 ご自分で個人的にお楽しみになる範囲を超えた画像利用をご検討の方は、何卒上記の使用権販売会社より、使用権をお買い求め下さい。より高品位の画像データもご用意しています。

カテゴリー

B.G.M.

バナー中段のダブル三角マークを押して、曲を選択するとボサノバが聴けます。ちゃんとしたミュージシャンのサポートがあるにしても、こんなに聴かせられるのだったら、長年やってきた我々ももっと人を感動させられるはずなのに。。。がんばらないと、という気持ちにさせます。聴いてみてください。( このプラグインはjavaで動いています。)

タイトルバナー

ルックアラウンドのバナー

 リンクいただける方はバナーとしてお使い下さい。  このブログ本文の画像は、長辺600ピクセルで、ちょっと大きいですが、サムネイルです。ぜひクリックして、横画像長辺1,024ピクセル、縦画像長辺900ピクセルの元画像でご覧下さい(^^)。

Welcome !

ご訪問ありがとうございます。

リンク de リング

mixiサイトには、mixi会員のみ有効です。

最近のコメント

Mini report for you !

デジタル周辺機器をレヴューします。


PENTAX K5 【 PENTAX K5 】
‐PENTAXのK5はPENTAXが久々に放った傑作です。この色が出せるのはPENTAXともう一社富士フイルムしか無いのですが、富士がS6proを出さない今、もうPENTAXに頼るしかありません。BIG2、C社・N社と互角以上のパフォーマンスを持っています。この、会社もカメラも小さなPENTAXがこんな優れたコンシューマー用のカメラを出してくれて、ただひたすら嬉しいのです。プロでは無い方にはどなたにでもお勧めできます。プロの方はなるべく大きくて、重くて、もっともっと高価なC社・N社の製品を使わなくてはいけません。できれば戦闘機から落としても壊れないくらいのものがいいですよ。


a900 【 SONY α-900 】
‐世界最強の長焦点レンズと言えばカールツァイスのプラナー85mm/F1.4なんですが、今、これを一番便利に使うならばα900が最右翼。AFが効きます。フルサイズフォーマットですから玉の強さに負けないハコはこれしかありません。SONYの態勢に不安がないわけではなく、彼らはピュアな光学ファインダーを捨てる見込みです。この100%ファインダーは超優秀なファインダーなのですが後継機では続かないというアナウンスが既に出ているのです。それが解ったとたん900の市場価格が上がりました。日本のコンシューマーは馬鹿ではないようです(^^)。本当に900のファインダーは捨てるには惜しいです。こう思うのは年を取ったからなのか。若い人たちはそう感じないのか?後継機が出ると、その答えも出ることになるでしょう。。。


Vixen GiomaⅡ ED52-S+Nikon P5100
Camera unit 【Vixen GiomaⅡ ED52-S+Nikon P5100】
‐デジタル・スコーピングは地上望遠鏡とコンパクト・デジカメを組み合わせたもので、結合部のアダプターの選択が難しいのですが、一眼の長玉を使うのに比べれば、圧倒的に安価で、圧倒的に高倍率の画像を得ることができます。欠点はコンデジを使うが故の全ての面における遅さです。撮っているときが苦しい。それだけに、いい絵が撮れたときは本当に嬉しいのです。。。


MX1000 【Logitech MX1000 Laser】
‐マウスのコードは煩わしいモノです。無ければ本当に良いのですが、動きが不確実で重くなったり、マイクロソフトの電池式無線マウスで経験した10日で単3を2本使うほどの電池消費量で痛い目にあって、なかなか手がでませんでした。  ところがこのマウスは秋葉原でも評判で、「クレバリー」で6千円台の最安値でしたのでGet!(^o^)  手にしっくりなじむデザインはさすがです。マウスを持つ手が気持ちいい。前後左右のキーコントロールも文句なし。心配した充電の持ちは、使用中に切れるようなことはなく、ほって置いても即座に電源が切れてパワーセーブ状態に入ります。これは◎です。


Majestouch Mini 【FILCO Majestouch Mini】
‐ やっと、満足のいくキーボードに行き当たりました。パソコン本体は今や完全な消耗品で、どこのメーカーであろうとほぼ同じモノですが、キーボードやマウス、モニターのように人との接点になるモノはしっかりとしたモノを使いたいと思ってしまいます。仕事でも我が家でもパソコンは常に使っていますので…。  東プレのメンブレン・タイプはいいのですが財布がついて行きません(^^;)。これなら何とかいけるでしょう。おなじみ独チェリー社のメカニカル・スイッチ(いわゆる茶軸スイッチ)を並べてなおかつリーズナブルなこの値段です。がちがちのメカニカルを使ってきた年老いたパソコン使いには、ちょっと軽すぎるタッチですが、それよりも標準キーボードの横幅が長すぎて使いにくいほうが問題です。マウスの操作が不自然になってしまいます。そこで幅が短くて高級品が欲しいところ、これが今まで無かったのです。へなへなのばかりでした(>_<)。  ちょっと指が幸せです。贅沢感があります。これで充分です(^^)。

最近の記事

メールフォーム

このフォームでnabe3にメールを送れます(^^)/。

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。