nabe3 の Look around !

 幸せって身近にあるものです。なかなか気がつかないだけで… http://mark.nabe3s.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

水元公園-2

野池

 日曜日、大雨で梅雨明けかと期待したんですが、関東地方は梅雨が明けません。



ヒマワリ

 明けないまま、ヒマワリは咲き、また散っていこうとしています。

  ここまでPENTAX K10D & Tamron AF XR Di 28-300mm F3.5-6.3 MACRO(A061)


カモ

 なんでそんなにビックリしたようなお顔してるの?

  CANON PowerShot A710IS
スポンサーサイト
  1. 2007/07/31(火) 21:46:37|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水元公園

ベンチのある風景

 場面は急転して郊外の情景です。ボクもベンチのある風景にチャレンジです。この女性はクチボソを釣っていました。ちゃんと小さなバケツに15匹くらい入っていました。お子さんが飼っているそうです。

  PENTAX K10D & Tamron AF XR Di 28-300mm F3.5-6.3 MACRO(A061)

 
カモ

 急にカモがにっこり笑うポートレイトって見たこと無いなと思ったのです。そう言う場面撮りたいな。カメラバッグ2個を担ぎ出して出かけたんですが、半端な暑さじゃありません。

  CANON PowerShot A710IS


夕暮れのカモ

 それで、カモと一生懸命お話しましたが、カモは笑いませんね。ビックリしたような顔をしてるだけで。。。

  CANON PowerShot A710IS


水元公園

 こういう、何もなくだだっ広いのが一番心安らぎませんか?お弁当でも持って来て、一日中寝っ転がっていたいです。

  PENTAX K10D & Tamron AF XR Di 28-300mm F3.5-6.3 MACRO(A061)
  1. 2007/07/29(日) 12:25:24|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

秋葉原-2

メイドさん

 こういう、メイドさんもごくごく普通の人と一緒に歩いています。



秋葉王

 でも本当の秋葉原の魅力は、こういう怪しさですね。とにかく怪しい、大丈夫か?1ギガのSDメモリー1,600円で買ったけど大丈夫か?ちゃんと認識してます。(何と東芝だった、再輸入だけど。。。



バンバン

 こういうところで買って大丈夫か?子供のモニターここで買ったけど大丈夫でした。



ツートップ

 とにかく、こういう怪しい売り方が魅力なんです。わかってる品物でないと手が出ないですね。

    CANON PowerShot A710IS
  1. 2007/07/27(金) 22:38:29|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

秋葉原

万世橋

 夕暮れ迫る万世橋です。ボクが良く出没する町、秋葉原。日本最大の電気製品の販売店が集まる町です。



歩行者天国

 歩行者天国の中央通り。画面向こうが上野方面、背が日本橋です。



着ぐるみ

 こういう着ぐるみも、ごく普通に歩いていますね。カメラを向けるとちゃんとポーズを取ってくれます。

     CANON PowerShot A710IS
  1. 2007/07/26(木) 22:53:37|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

トレニア-2

クラウンシリーズ

 今日もトレニアにお付き合い下さい。
 トレニアはゴマノハグサの仲間です。お花の喉が白くて直立するのが「クラウンシリーズ」と呼ばれています。一番どこでも売っています。高いお花ではありませんからたくさん買えますね(^^)。




バイロニー

こういう写真を皆様の前に放り出すのは気が引けますけど、これは「バイロニー」と呼ばれます。匍匐性の黄花のトレニアです。



トレニア

 これが代表種、ホントのトレニアです。クラウンシリーズと同じですか?実はお花の喉が藤色です。紫が勝つので蕾の先端にも紫が乗っています。葉っぱの緑も含めてちょっと色が軽いトレニアの中で、見応えがあります。
 今年はいろんな色を揃えてしまいました(^^)。


  なんと言っても PENTAX K10D & smc PENTAX-D FA 100mm F2.8 MACRO
  1. 2007/07/25(水) 21:35:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

トレニア

トレニアの白

 夏がやって来ました。梅雨がまもなく明けて夏に季節が移り変わる頃はトレニアのお花が元気です。今年の我が家の新色。白です。清楚な感じがしますね。



トレニアの白紺

 こちらは定番の白紺コンビ。


  これしかないでしょ PENTAX K10D & smc PENTAX-D FA 100mm F2.8 MACRO
  1. 2007/07/24(火) 23:13:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

千本通り

千本通り

 ここは、浅間町から千本松原に抜ける千本通りです。お寺や神社が集まっていて沼津の町並みの中でも美しいところです。


千本通り02

 千本松原は昔は広大な規模を誇っており、美保の松原に劣らないモノでしたが、人の手が入っての千本浜の浜辺自体の砂の流失や松林の衰退は眼を覆うばかりです。浚渫などによる湾内の海流の変化が、私の僅か50年の人生の間に、広大な砂浜を跡形もなく奪い去っていきました。日本中で同時に起こった砂浜の喪失です。


浅間神社

 何年たっても戻るところがあること自体が、幸せなのかも知れません。町中で驚くほど静かな時間が流れていきます。

 ここまで PENTAX K10D & smc PENTAX DA 12-24mm F4


富士山

 浅間神社(本社:山梨県)が、民間の富士山信仰と密接に結びついていることはご存じでしょうか?富士山の頂上、外輪山の全周は浅間神社の境内です。日本で一番高い場所は、実は私有地で浅間神社の持ち物です。富士山は地元の人々の信仰の対象としても親しまれて参りました。。。

  PENTAX K10D & Tamron AF XR Di 28-300mm F3.5-6.3 MACRO(A061)
  1. 2007/07/23(月) 22:26:19|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

浅間神社(静岡県沼津市浅間町)

浅間神社一の鳥居

 沼津市浅間町は浅間神社があるので町の名前になっているんですが、この町に本家があります。名前をこの神社から貰っています。実は親戚はみんなそうなんですけどね。


浅間神社

 ご神体は白蛇と言うことで、古い商家ですから蛇は家業の守り神でもあったのです。東海のこの明るい日差しは、町の人々の明るさにも繋がっています。
 

浅間神社の古木

 この日差し、この緑の明るさは、大切に守りたいものです。

   PENTAX K10D & smc PENTAX DA 12-24mm F4
  1. 2007/07/22(日) 22:35:37|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

次に行ったら…

稲代病院の看板

 次に行くときは、伊豆東海岸側をまだ見ていませんので、回ってきたいものです。稲代病院になった、片瀬白田の「アスド会館」や、龍之介が東京へ出かけた宮浦南駅になった「片瀬白田駅」などがありますね。

    KonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA


松崎の海

 のどかな、のどかな伊豆の海です。

    PENTAX K10D & Tamron AF XR Di 28-300mm F3.5-6.3 MACRO(A061)

  1. 2007/07/22(日) 21:47:22|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青い空

 青い空

  KonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA



 茜色の空

 茜色の空

  PENTAX K10D & Tamron AF XR Di 28-300mm F3.5-6.3 MACRO(A061)



金色の空

 金色の空

  PENTAX K10D & Tamron AF XR Di 28-300mm F3.5-6.3 MACRO(A061)



地の緑

 地の緑

 こんなに美しい場所に
 僕たちは生きている


  KonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA   
  1. 2007/07/19(木) 22:44:31|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

台本など

台本

 道の駅「伊豆のへそ」情報館に展示してある台本です。


テープ

 交換テープのダイジェスト版。これはDVDのノベルティとして全巻セットに付いてきたモノじゃないでしょうか。


亜紀の絵本

 亜紀の絵本です。これも縮刷版でしたので、DVDのノベルティじゃないでしょうか?
 この絵本「ソラノウタ」(生きていくあなたのために)は亜紀の朔への最後のプレゼントであり、遺書でもあるものです。絵本の編集者になることを夢見ていた亜紀が、自分の死がどんな意味があるのかと考えたとき、残された人である朔が、よりよく生きるために残したいと願ったのです。相手を思う気持ちにあふれているこの絵本は、涙無しに読むことができません。亜紀の命の代わりとなった絵本なのです。
 この絵本は亜紀が倒れたために、空港の遺失物となり、朔の手に渡ったのは17年後になります。そして朔の17年間の苦しみを救ったのは、やはりこの絵本であったのです。
 詳細はDVD最終話をぜひご覧下さい。


  KonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA
  1. 2007/07/16(月) 22:29:13|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

なまこ壁

近藤邸

 下のエントリーのような景色が日常的な身には、いかにこの景色が心癒されるかお分かりいただけると思います。

 このなまこ壁の家は亜紀の陸上部の練習姿の一コマとしてドラマに出てきますが、近藤平八郎の生家です。近藤家は薬種商を営んでいた旧家で、この家は江戸時代末期の建築物です。平八郎は明治10年にこの家に生まれ東京大学薬学部に進み、日本薬学界のオーソリティーになった人で、いわゆる「郷土の偉人」です。アルカロイドの研究に功績がありました。




なまこ壁通り

 陸上部が走り抜けてきたこの道は「なまこ壁通り」と呼ばれますが、江戸末期からずっとこの姿で、この家は日本の明治・大正・昭和・平成の激動期をすごしてきたわけです。



なまこ壁の家

 もう一軒、いかにも松崎らしいお家をアップしましょう。きっと、この松の木が、ボクを郷愁に浸らせるのかも知れません。

 KonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA
  1. 2007/07/15(日) 15:32:29|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

大都会のイメージ

どこに行く階段?

 どこに繋がっているかわからない階段。




どこに行く通路?

 どこに行くためのものかわからない通路。
 行く先を聞いてはならない。
 普通ではない人と思われるから…





ビル群

 知っているか?
 あの窓の一つひとつに
 人が閉じこめられていることを





キー

 正しいキーを叩けっ!
 正しいキーを叩けっ!
 正しいキーを叩けっ!





どこに行くかわからないエスカレーター

 どこに行くためのものかわからないエスカレーター。
 行く先を聞いてはならない。
 普通ではない人と思われるから…
 規格外の人と思われるから…

 警官がやってくるぞ
 捕まるぞ





捕まるぞ

 知っているか?
 あの窓の一つひとつに
 人が閉じこめられていることを…





     CANON PowerShot A710IS

   ロケ地
  つくばエクスプレス「秋葉原駅」
     品川ITビル群
     東京拘置所

 
  1. 2007/07/14(土) 18:44:33|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

トケイソウ

トケイソウ

 このお花は実物が見たくて捜していたんですが、見つからず、もっと暑いところに行かないとダメかなと思っていました。ところがいつも行くスーパーの隣で発見してしまったのです。そうしたら、あちこちで咲いているのに行き当たりました。そんなものカモ知れませんね。


トケイソウ02

 なんという造形の不思議、しかも実がなって食べられます。

 KonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA
  1. 2007/07/12(木) 23:17:00|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:10

朔の鞄

朔の鞄

 かなり眉唾かと思うんですが、朔の鞄。これホントに撮影に使ったのかよと思ってしまいますが、信じましょう。山田孝之がさわった鞄だと。。。


ミュージック・ウェーブのキーホルダー

 亜紀が最初に朔に贈ったプレゼントです。これイニシャルがボクと同じなんです。ミュージック・ウェーブ。ラジオの番宣のノベルティと言うことで、お話の進行に関わってきます。これは本物だ綾瀬はるかもさわっている。今新番組やってるんだけど、ボクにはチャンネル権が無いので見られません(T_T)。

 KonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA
  1. 2007/07/11(水) 22:42:44|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

連続上映

連続上映

 中では常時「世界の中心で愛をさけぶ」の連続上映をやっています。


連続上映02

 この方はもう、かぶりつきで見ていらっしゃいましたよ。アイスクリームもおいしかったです。

 KonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA
  1. 2007/07/10(火) 23:21:38|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

道の駅「伊豆のへそ」情報館

情報館

 6月16日の正午、予定通り道の駅「伊豆のへそ」情報館に着きました。今回は三島周りではなく、沼津に所用があったので沼津回り。返ってその方が渋滞がありません。ここは伊豆の国市にある道の駅です。洋蘭パーク内にあります。ホームページは

 http://www.ksp.or.jp/michinoeki/izunoheso/izunoheso.html

 この情報館に、「世界の中心で愛をさけぶ」に使われた大道具、小道具類が展示してありますから、松崎に行く前に見ていくのが絶対に良いのです。ウインドウにボクが写っています。若作りすぎですね。


  KonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA

  
  1. 2007/07/09(月) 23:40:26|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

堂ヶ島

再び松崎の町

 またまた松崎の写真です。この中央奥に小島がならんでいますよね。ここは堂ヶ島と言って、松崎の隣町です。実は観光地としては堂ヶ島のほうが有名です。加山雄三が愛した町で「加山雄三記念館」もあるんです。


堂ヶ島

 伊豆の風景です。箱庭的な美しさ。ミニ松島、それよりはちょっと男性的かな?

 
堂ヶ島

 小さく見えますが、遊覧船と比較すると、かなり大きいのがお分かりになると思います。ここも良いところですよ

 全て KonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA
  1. 2007/07/08(日) 20:21:23|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

広角でぐわ~っと!

朝焼け

 ぐわ~っと行きたいんですが、なかなか思い通りに行かずこんなんで勘弁です。goeさんのマネをして暗めで渋く行きたいんですが、性格上から全く渋くはなりません。
 仮眠後の朝焼けは眼に痛かったです。


  KonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA

  
  1. 2007/07/05(木) 23:01:03|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

望遠で撮る松崎

赤灯台

 松崎港の前にある赤灯台です。 

松崎港

  松崎港。

松崎伊東園ホテル

 松崎伊東園ホテル 

 全て PENTAX K10D & Tamron AF XR Di 28-300mm F3.5-6.3 MACRO(A061)
  1. 2007/07/03(火) 23:51:46|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

亜紀の誕生日-世界の中心

近道

 今日、7月2日は亜紀の誕生日です。亜紀は人生の最後に世界で一番青い空を見たいと願い、死を否定できなくなったときに死に様を選ぶことは、死ぬことなのだろうか、それとも生きることなのだろうかと朔に問いかけます。それに応えて朔は世界の中心であるウルルへ亜紀と共に行こうと決断するのです。ところが空港で倒れて朔に抱き上げられた亜紀がこういいます。

「やっぱり天国なんて無い、だって、ここが天国だから。。。」

 本当の天国はウルルにあるのではなく、愛する人の胸の中にあるんだと気がついたのです。



世界の中心

 それでボクはここに来ました。二人にとって本当の天国は故郷のこの空だったのです。ボクの代わりにCR-Vを入れましょう。二人の天国に立ったあかしとして。。。


世界の中心の空

 幸せはぼくらの隣にちゃんと用意されているんです。気づくことができるか、できないかは別としてね。。。世界はこんなにも美しい。。。

 全て KonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA
  1. 2007/07/02(月) 23:40:53|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

たこ焼きパパさん

たこ焼きパパさん

 たこ焼きパパさん、まだありました。ここは駐車場の中の物置きですので心配なんです。いつまでこのままにしておいていただけるかがね。自分の青春時代のたまり場みたいな懐かしさです。


ベンチ

 この手前に、ベンチが置かれてたこ焼き屋さんになっていたんですね。人が多ければ商売ができそうな雰囲気です。


看板

 看板。そろそろ傷付いてきています。

 全て KonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA
  1. 2007/07/01(日) 21:15:58|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

URL of this page

MAIN  mark.nabe3s.com Mirroring watmark.blog22.fc2.com

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

nabe3

Author:nabe3
 バンドではベーシストで、コーラスもとります。音楽もパソコンも、すっかり生活の一部となっていて切り離すことは出来ません。好奇心は人一倍、何を見ても面白いことばかりです。ちょっとヘンですか?

ブログ内検索

PIXTA

 ご自分で個人的にお楽しみになる範囲を超えた画像利用をご検討の方は、何卒上記の使用権販売会社より、使用権をお買い求め下さい。より高品位の画像データもご用意しています。

カテゴリー

B.G.M.

バナー中段のダブル三角マークを押して、曲を選択するとボサノバが聴けます。ちゃんとしたミュージシャンのサポートがあるにしても、こんなに聴かせられるのだったら、長年やってきた我々ももっと人を感動させられるはずなのに。。。がんばらないと、という気持ちにさせます。聴いてみてください。( このプラグインはjavaで動いています。)

タイトルバナー

ルックアラウンドのバナー

 リンクいただける方はバナーとしてお使い下さい。  このブログ本文の画像は、長辺600ピクセルで、ちょっと大きいですが、サムネイルです。ぜひクリックして、横画像長辺1,024ピクセル、縦画像長辺900ピクセルの元画像でご覧下さい(^^)。

Welcome !

ご訪問ありがとうございます。

リンク de リング

mixiサイトには、mixi会員のみ有効です。

最近のコメント

Mini report for you !

デジタル周辺機器をレヴューします。


PENTAX K5 【 PENTAX K5 】
‐PENTAXのK5はPENTAXが久々に放った傑作です。この色が出せるのはPENTAXともう一社富士フイルムしか無いのですが、富士がS6proを出さない今、もうPENTAXに頼るしかありません。BIG2、C社・N社と互角以上のパフォーマンスを持っています。この、会社もカメラも小さなPENTAXがこんな優れたコンシューマー用のカメラを出してくれて、ただひたすら嬉しいのです。プロでは無い方にはどなたにでもお勧めできます。プロの方はなるべく大きくて、重くて、もっともっと高価なC社・N社の製品を使わなくてはいけません。できれば戦闘機から落としても壊れないくらいのものがいいですよ。


a900 【 SONY α-900 】
‐世界最強の長焦点レンズと言えばカールツァイスのプラナー85mm/F1.4なんですが、今、これを一番便利に使うならばα900が最右翼。AFが効きます。フルサイズフォーマットですから玉の強さに負けないハコはこれしかありません。SONYの態勢に不安がないわけではなく、彼らはピュアな光学ファインダーを捨てる見込みです。この100%ファインダーは超優秀なファインダーなのですが後継機では続かないというアナウンスが既に出ているのです。それが解ったとたん900の市場価格が上がりました。日本のコンシューマーは馬鹿ではないようです(^^)。本当に900のファインダーは捨てるには惜しいです。こう思うのは年を取ったからなのか。若い人たちはそう感じないのか?後継機が出ると、その答えも出ることになるでしょう。。。


Vixen GiomaⅡ ED52-S+Nikon P5100
Camera unit 【Vixen GiomaⅡ ED52-S+Nikon P5100】
‐デジタル・スコーピングは地上望遠鏡とコンパクト・デジカメを組み合わせたもので、結合部のアダプターの選択が難しいのですが、一眼の長玉を使うのに比べれば、圧倒的に安価で、圧倒的に高倍率の画像を得ることができます。欠点はコンデジを使うが故の全ての面における遅さです。撮っているときが苦しい。それだけに、いい絵が撮れたときは本当に嬉しいのです。。。


MX1000 【Logitech MX1000 Laser】
‐マウスのコードは煩わしいモノです。無ければ本当に良いのですが、動きが不確実で重くなったり、マイクロソフトの電池式無線マウスで経験した10日で単3を2本使うほどの電池消費量で痛い目にあって、なかなか手がでませんでした。  ところがこのマウスは秋葉原でも評判で、「クレバリー」で6千円台の最安値でしたのでGet!(^o^)  手にしっくりなじむデザインはさすがです。マウスを持つ手が気持ちいい。前後左右のキーコントロールも文句なし。心配した充電の持ちは、使用中に切れるようなことはなく、ほって置いても即座に電源が切れてパワーセーブ状態に入ります。これは◎です。


Majestouch Mini 【FILCO Majestouch Mini】
‐ やっと、満足のいくキーボードに行き当たりました。パソコン本体は今や完全な消耗品で、どこのメーカーであろうとほぼ同じモノですが、キーボードやマウス、モニターのように人との接点になるモノはしっかりとしたモノを使いたいと思ってしまいます。仕事でも我が家でもパソコンは常に使っていますので…。  東プレのメンブレン・タイプはいいのですが財布がついて行きません(^^;)。これなら何とかいけるでしょう。おなじみ独チェリー社のメカニカル・スイッチ(いわゆる茶軸スイッチ)を並べてなおかつリーズナブルなこの値段です。がちがちのメカニカルを使ってきた年老いたパソコン使いには、ちょっと軽すぎるタッチですが、それよりも標準キーボードの横幅が長すぎて使いにくいほうが問題です。マウスの操作が不自然になってしまいます。そこで幅が短くて高級品が欲しいところ、これが今まで無かったのです。へなへなのばかりでした(>_<)。  ちょっと指が幸せです。贅沢感があります。これで充分です(^^)。

最近の記事

メールフォーム

このフォームでnabe3にメールを送れます(^^)/。

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。