nabe3 の Look around !

 幸せって身近にあるものです。なかなか気がつかないだけで… http://mark.nabe3s.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本橋、八重洲界隈

タクシーに乗ったキリン

 ちょっと「セカチュー」が続いているので、身近な写真でブレークしましょう。CANONのパワーショットA710ISを持ち歩いているので歩きながら撮っています。これはこれで面白いです。「タクシーに乗ったキリン」という題でどうでしょう。八重洲の風景です。


日本橋「コレド」

 「日本橋コレド」、「コレド」はビルの愛称です。いろいろなモノを売ってるので「これどぅ?あれどぅ?」と迷うからだそうです。←勿論ウソです。

 2点とも、安くて可愛くて面白い CANON POWERSHOT S710 IS
スポンサーサイト
  1. 2007/06/30(土) 13:46:14|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

松本写真館

おじいちゃんの写真館

 おじいちゃんの写真館は、やはり一番人気。今回は中年のご夫婦と車に乗った若い女性二人連れ、老夫婦とその娘さんと思われるグループ、そして僕が写真を撮っていました。車に乗った二人連れは、じっと見ては携帯でメールを打ち、またじっと見ては携帯でメールを打っていて、おかしかったですね(^^)。

写真館の大道具

 普通の民家を写真館に仕立てる大道具です。この二つで見事に写真館になってしまうのだから凄いことです。

 2点とも KonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA
  1. 2007/06/29(金) 22:46:14|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大沢河原の橋

大沢河原の橋

「死のうとしてさ…。」

「バカすぎっ!」

「あっ、でもできなくて…、

 それで、解ったんだ。やっぱりオレは生きたいんだなって…」

 大沢河原にかかるこの橋は、大沢温泉の駐車場と入り口を繋ぐ橋でした。



CR-Vと山羊

 河原には、何故か山羊が…。温泉で飼っているようです。

橋の上から

 もちろん僕も橋を渡ってみました、この後セリフは一樹の「お魚がいるよ」と続き、ちょっと重い空気をなごませます。本当にベイト・フィッシュがたくさんいました。アユも釣れる透明な水です。

 全て KonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA
  1. 2007/06/28(木) 23:14:17|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

朔の自転車

朔の自転車001

 朔の自転車を見てきました。洋蘭パークの中にある道の駅「伊豆のへそ」です。(isi)さんの情報のおかげです。朔の家も同じく(isi)さんからの情報で発見しました。


朔の自転車002

 朔の自転車は、ドラマの中で朔自身を象徴するモノとして扱われる重要な小道具です。触って来れて良かった。(isi)さん、有り難うございました。次回は何とかお会いしましょう。

 2点とも KonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA  
  1. 2007/06/26(火) 23:51:29|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

宿泊予定ホテル

 今回は泊まりませんでしたが、「セカチュー」コミュで松崎に行く場合の企画段階でのお薦めホテル「松崎伊東園ホテル」です。海岸まで0分の旧松崎プリンスホテルです。ここが一番若者向きですね。白い方の建物です。

松崎伊東園ホテル

 松崎港夕景。海側から見ると松崎で一番大きい建物と言うことになります。この町は駅が無いですからね。

松崎港夕景


 2点とも PENTAX K10D & Tamron AF XR Di 28-300mm F3.5-6.3 MACRO(A061)
  1. 2007/06/24(日) 20:44:31|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

亜紀の家その2

あじさい

 このアジサイに目がいってしまって、その向こうの門が見えませんでした。南向きと思っていたお部屋が東向きだったのもカンを狂わせていました。ピンクのアジサイここにもあったのです。


モンシロチョウ

 写真を撮っていると目の前をモンシロチョウが横切りました。僕はきっと亜紀に会えたのだと思います。



亜紀の部屋

 この窓の下は朔が亜紀に会いたくて明け方に来た場所です。亜紀は窓から外に出ようとしていて、二人はお互いに会いたいんだということを自覚します。

 全てKonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA
  1. 2007/06/23(土) 17:03:59|
  2. 「世界の中心で愛をさけぶ」TV版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

亜紀の家

亜紀の部屋の窓

 「あっ!」思わず声が出ました。車で何度も通過していました。解らなかったのです。降りて歩いて振り返った瞬間この窓が目に飛び込んで来ました。亜紀の部屋の窓です。


亜紀の家

「人にあったときは挨拶をするモンだ」亜紀のお父さんの言葉が聞こえてきました。
 勇気を出してご主人とお話しました。
「ご迷惑は解っておりますがどうしてもお宅の写真が撮りたいのです。お許しいただけませんでしょうか?」
 ご主人は笑って言われました。
「今日はどこから来たの?」
「千葉県から来ました。」
「汚くしてるけど、撮って良いですよ。」
「有り難うございます。」
明るい良い方でした。未だにセカチューフリークが見に来るとのことです。勿論僕もその一人ですが。。。



亜紀の部屋から見える景色


 3枚目の写真は亜紀の部屋から見えているであろう景色をご紹介します。

全てKonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA


  1. 2007/06/23(土) 16:51:43|
  2. 「世界の中心で愛をさけぶ」TV版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ガクアジサイ2題

ガクアジサイ

 牛原山のガクアジサイ。マクロでクローズアップすると、不思議な世界ですが、アジサイは解りやすいですね。

ガクアジサイ

 こちらはお花は良いんですけど、腕がダメだったですね。

 独壇場のPENTAX K10D & smc PENTAX-D FA 100mm F2.8 MACRO
  1. 2007/06/23(土) 09:28:37|
  2. 「世界の中心で愛をさけぶ」TV版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

セイヨウアジサイ3題

セイヨウアジサイ

 牛原山、セイヨウアジサイのブルーです。


セイヨウアジサイ

 牛原山、セイヨウアジサイの紫。


セイヨウアジサイ

 土肥港、セイヨウアジサイの斑入りピンクかな?この色は。
みんな明る過ぎたかも知れません。このお花としてはね。


  全て PENTAX K10D & smc PENTAX-D FA 100mm F2.8 MACRO


  1. 2007/06/22(金) 23:02:27|
  2. 「世界の中心で愛をさけぶ」TV版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

松崎の町

松崎の町

 松崎の町を広角で捕らえます。


宮浦高校

 朔が最後に亜紀の散骨をした宮浦高校こと県立松崎高校です。

 2点ともKonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA
  1. 2007/06/21(木) 23:13:31|
  2. 「世界の中心で愛をさけぶ」TV版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

朔の家その2

坂道下り

 朔や坊主が駆け下りた道を下ります。ホリホックのある家。石垣。ドラマの中に僕はいます。

 KonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA


駐車場をお借りしたお寺

 先ほど駐車場を借りたお寺さんへ戻ります。おばあさんにお礼をいうと

「写真は撮れたかい?」
「おかげさまで…」
「このへんに写真になるところはあるの?」
「はい、仲間内では大切な大切な家があります」
「ああ、松本さんの…」
「朔太郎君の家です。」
「知ってるよ。」

ドラマと現実の境目がぶれていきます…
初めて会ったおばあさんと僕は同じ朔の顔を
確かに思い浮かべていました。




土肥港のガクアジサイ

 土肥港に咲いていたガクアジサイです。「ガクアジサイ」は世界中に分布するアジサイの原種、日本原産のお花です。丸いお花のアジサイは「セイヨウアジサイ」と言います。

 2点 PENTAX K10D & Tamron AF XR Di 28-300mm F3.5-6.3 MACRO(A061)
  1. 2007/06/20(水) 23:02:17|
  2. 「世界の中心で愛をさけぶ」TV版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

朔の家

朔の家への坂道

この道を、探し当てられるか?
心配とは裏腹に、通過したとたんに
ブレーキングしていました。
DVDで何十回と見たエンドテロップ。
朔の家への坂道です。



朔の家

「河岸の女の感を見くびるんじゃないよ!」

差し出される傘、空はピーカンでした。

全てはそこから、既に始まっていたのです。



朔の家の上から駿河湾

 とうとう、来ました。このロケーションから松崎の町中を何度捜しても解らなかった朔の家は、この土肥の町にあったのです。


伊豆の家

 写真仲間の皆さんに、この伊豆の家の写真をご覧頂きたいです。雰囲気あるでしょう?

 全てKonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA
  1. 2007/06/19(火) 23:04:14|
  2. 「世界の中心で愛をさけぶ」TV版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

土肥港

フェリー埠頭

 松崎の手前に土肥(とい)という港があります。そのフェリー埠頭で未婚のママである大学の同級生に問われるままに初めて初恋の思い出を語る主人公。


「何を話したらいいんだろう?誰にも話したことがないから…」

「一番幸せだったときのこととか…」

「うまく話せるだろうか?」

「大丈夫だよ、朔。松本君じゃなくて朔が話すんでしょう?」

「初めて朔って呼ばれた…」



土肥港002

 あくまで青く透き通った海も朔の心を開いたのに違いありません。これ、カール・ツァイスの良さが出てますね。。。

  KonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA
  1. 2007/06/18(月) 23:21:39|
  2. 「世界の中心で愛をさけぶ」TV版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ホリホック

ホリホック

 伊豆の土肥に咲いていたホリホック、和名をタチアオイまたはハナアオイと言います。ハワイで有名なハイビスカスにとても近いんです。他に日本ではフヨウとかムクゲがあります。ホリホックは人の背より高くなりますね。


タチアオイまたはハナアオイ

 「セカチュー」ファンの皆さん、これは朔の家の隣のお宅にたくさんたくさん咲いていたんです。強い日差しとホリホック、「セカチュー」の夏がまたやってきます。

  KonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA
  1. 2007/06/17(日) 19:46:51|
  2. 「世界の中心で愛をさけぶ」TV版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

あじさいと松崎

あじさいと松崎

 この風景に出会うためなら、400Kmの走行はちょっとそこまで…

  KonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA

  
  1. 2007/06/17(日) 14:51:08|
  2. 「世界の中心で愛をさけぶ」TV版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

松崎の夕暮れ

松崎の夕暮れ

 東名「御殿場」手前で眠くて運転できなくなり、仮眠を取りました。毛布も持っていったので大丈夫。今朝早く帰り着きました。取りあえず1枚アップします。松崎は夕暮れの海岸の名所なんですが、日頃の行い悪く、低い空に雲がかかって本来の美しさではありません。ホントは真っ赤に染まるんですが。まぁ、完璧を望んでも仕方ないです。こんなモノでしょう。

  KonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA

 
  1. 2007/06/17(日) 10:44:18|
  2. 「世界の中心で愛をさけぶ」TV版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

日本橋の空

オフィスの窓から

 梅雨入り3日目の日本橋の空は、この場所としては青く美しかった。


ガラスの空

 空までガラスに映して広く見せるとはね。。。
 明日、伊豆の松崎に行って海を撮してきます。


  2点とも CANON PowerShot A710IS
  1. 2007/06/15(金) 23:25:37|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ダリア

ダリア

 ダリアはどなたもご存じ、初夏から秋へゴージャスに季節を彩る日本では身近で人気のお花です。真夏の暑さには弱いんです。日影を作ってやらないといけません。別名テンジクボタン(天竺牡丹)花言葉は「移り気」です。移り気という花言葉を与えられたのも美しい花だからだと思いますよ。

  PENTAX K10D & smc PENTAX-D FA 100mm F2.8 MACRO

  
  1. 2007/06/14(木) 23:39:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

ダイアンサス・ブラック&ホワイト

ナデシコ

 このお花はダイアンサス(ナデシコ)の「ブラック・アンド・ホワイト」という品種です。去年買ってきて忘れていたんですがダイアンサスの中では最後に咲きました。ご覧のモニターが壊れているわけではなく、実はこの品種としては出来損ないに近い淡い色の個体です。ブラック・アンド・ホワイトは真っ黒と白に発色するモノが上等なのです。まぁ、それではあまりに花らしくないのでこれを選んだわけです。
 こういう無理無理に作ったお花はどこかに反動が来ます。育ちが遅く、花期が短いのがこのお花に来た反動でした。自然に反するのはいくら人間様が偉かろうとも、やってはいけないことです。。。


  勿論 PENTAX K10D & smc PENTAX-D FA 100mm F2.8 MACRO
  
  1. 2007/06/12(火) 22:10:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

ランタナ七変化

ランタナ七変化

 ランタナが咲き始めました。これから秋が深まるまでの長い間、咲き続けて色合いを深い方に変化させていきます。季節が浅いウチは淡い色です。熱帯では爆発的に大きく育つこの花は関東でも他を圧するほどの丈夫さ、時には他の花が心配なこともあります。でも手が掛からないほど丈夫というのはいいことではありますね。

[ランタナ七変化]の続きを読む
  1. 2007/06/10(日) 20:54:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:12

ネムノキ

ネムノキ

 また話題が戻ってしまいますが、ブラシノキににたお花の形って身近にありましたね。これはネムノキのお花ですがちょうど今咲いています。

[ネムノキ]の続きを読む
  1. 2007/06/09(土) 20:30:15|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

フイリヤマホロシ

フイリヤマホロシ

 ヤマホロシの花が咲きました(ピンクはポリゴナムです)。「山保呂之」と書きます。葉っぱの周りが黄色くなっているのでフイリヤマホロシです。ソラヌム・ジャポネンス。僕の写真では珍しく日本種ですね。普通のヤマホロシは咲いたとき紫で段々白くなっていきますが斑入りの場合は初めから白いお花です。なぜ紫かというと…


[フイリヤマホロシ]の続きを読む
  1. 2007/06/09(土) 09:55:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

鎮守の杜

鎮守の杜

 こういう杜を鎮守の杜と言いませんでしょうか。昔はよく見たような記憶があります。付近の一族だけを守るような小さなお稲荷さんです。
 僕の家と、親の家の中間にこの付近では珍しいこの鎮守の杜があります。



鎮守の杜002

 ナンでもない場所なんですが、こういうところは思いがこもっているせいでしょうか、夜は明かり一つ無く危険な場所です。周りの世界から一人離れて、過去に戻ったようです。



裏側から

 この景色はちょっと恐いかも知れません。


お参り

 なんだか恐いなぁと思いながら撮っていましたら、ビックリしました。お参りする女性がいます。幸せを祈ってらっしゃるンでしょうね。安心しました。

  4点ともKonicaMinolta α-7D & Carl Zeiss Vario-sonner T* DT 3.5-4.5/16-80 ZA
  1. 2007/06/08(金) 23:13:48|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

そんなのあるの?第3弾

 みなさん、いよいよ私は、「そんなのあるの?」シリーズ第3弾をお届けしようと思います。
 ところが、実は今回はあまり自信がない。というのは、ついこの間、お花の帰りと思われるお嬢さんがこの花を持っているのを、日暮里駅で見てしまったからです。どうなんでしょう花材としてポピュラーなのでしょうか?
 心配しても仕方がありません。人生、前進するしか手はないのです。立ち止まったときは倒れるときなのです。

 じゃ、行ってみましょう。その花は、、、その花はぁ、、、
ぶ、ぶ、ぶっ(オナラかっ、これは。以降次ページに続く)
[そんなのあるの?第3弾]の続きを読む
  1. 2007/06/07(木) 22:52:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:11

館山湾2題

館山湾

 海というお題を頂きましたので、取りあえずの海です。


館山湾002

 よく、鬼の洗濯岩とか言われますね。こういうのは…

 2点ともKonicaMinolta α-7D & Tamron SP AF DiⅡ11-18mm F4.5-5.6 ASP.(A13)
  1. 2007/06/05(火) 23:27:55|
  2. ちょっとそこまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

戸定公園

戸定公園

 戸定公園は、静寂の中で明と暗とが目まぐるしく入れ替わる。それは、緑のモノクローム写真を見るようだ。


小道を進めば

 小道を進めば明から暗、暗から明へと光は変化する。


光と木々と

 この光と木々の競演をどう撮ったらいいんだろう。力のないカメラマンは呆然とするばかりだ…

  3点ともKonicaMinolta α-7D & Tamron SP AF DiⅡ11-18mm F4.5-5.6 ASP.(A13)
  1. 2007/06/03(日) 16:13:27|
  2. 文化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

戸定公園へ

離れ

 戸定の庭と茶室の門の間を抜けていくと…



公園への道

 公園に続く道です。



木漏れ日

 木漏れ日が心を静めてくれます。


  3点ともKonicaMinolta α-7D & Tamron SP AF DiⅡ11-18mm F4.5-5.6 ASP.(A13)
[戸定公園へ]の続きを読む
  1. 2007/06/02(土) 09:47:29|
  2. 文化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シラン

シラン001

 goeさんのご質問にお答えします。このお花はシランです。ラン科の多年草。花言葉は「苦しむ勇気」。暑さ寒さに強くて丈夫なんです。冬に凍らせなければ大丈夫なので公園の花壇なんかに使われます。茎に5個から10個ぐらいお花が付くんですよ。

シラン002

 花ファンタジアで撮ったシランの画像がありましたのでアップしました。

  2点ともPENTAX K10D & smc PENTAX-D FA 100mm F2.8 MACRO
  1. 2007/06/01(金) 23:48:40|
  2. | トラックバック:2
  3. | コメント:6

URL of this page

MAIN  mark.nabe3s.com Mirroring watmark.blog22.fc2.com

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

nabe3

Author:nabe3
 バンドではベーシストで、コーラスもとります。音楽もパソコンも、すっかり生活の一部となっていて切り離すことは出来ません。好奇心は人一倍、何を見ても面白いことばかりです。ちょっとヘンですか?

ブログ内検索

PIXTA

 ご自分で個人的にお楽しみになる範囲を超えた画像利用をご検討の方は、何卒上記の使用権販売会社より、使用権をお買い求め下さい。より高品位の画像データもご用意しています。

カテゴリー

B.G.M.

バナー中段のダブル三角マークを押して、曲を選択するとボサノバが聴けます。ちゃんとしたミュージシャンのサポートがあるにしても、こんなに聴かせられるのだったら、長年やってきた我々ももっと人を感動させられるはずなのに。。。がんばらないと、という気持ちにさせます。聴いてみてください。( このプラグインはjavaで動いています。)

タイトルバナー

ルックアラウンドのバナー

 リンクいただける方はバナーとしてお使い下さい。  このブログ本文の画像は、長辺600ピクセルで、ちょっと大きいですが、サムネイルです。ぜひクリックして、横画像長辺1,024ピクセル、縦画像長辺900ピクセルの元画像でご覧下さい(^^)。

Welcome !

ご訪問ありがとうございます。

リンク de リング

mixiサイトには、mixi会員のみ有効です。

最近のコメント

Mini report for you !

デジタル周辺機器をレヴューします。


PENTAX K5 【 PENTAX K5 】
‐PENTAXのK5はPENTAXが久々に放った傑作です。この色が出せるのはPENTAXともう一社富士フイルムしか無いのですが、富士がS6proを出さない今、もうPENTAXに頼るしかありません。BIG2、C社・N社と互角以上のパフォーマンスを持っています。この、会社もカメラも小さなPENTAXがこんな優れたコンシューマー用のカメラを出してくれて、ただひたすら嬉しいのです。プロでは無い方にはどなたにでもお勧めできます。プロの方はなるべく大きくて、重くて、もっともっと高価なC社・N社の製品を使わなくてはいけません。できれば戦闘機から落としても壊れないくらいのものがいいですよ。


a900 【 SONY α-900 】
‐世界最強の長焦点レンズと言えばカールツァイスのプラナー85mm/F1.4なんですが、今、これを一番便利に使うならばα900が最右翼。AFが効きます。フルサイズフォーマットですから玉の強さに負けないハコはこれしかありません。SONYの態勢に不安がないわけではなく、彼らはピュアな光学ファインダーを捨てる見込みです。この100%ファインダーは超優秀なファインダーなのですが後継機では続かないというアナウンスが既に出ているのです。それが解ったとたん900の市場価格が上がりました。日本のコンシューマーは馬鹿ではないようです(^^)。本当に900のファインダーは捨てるには惜しいです。こう思うのは年を取ったからなのか。若い人たちはそう感じないのか?後継機が出ると、その答えも出ることになるでしょう。。。


Vixen GiomaⅡ ED52-S+Nikon P5100
Camera unit 【Vixen GiomaⅡ ED52-S+Nikon P5100】
‐デジタル・スコーピングは地上望遠鏡とコンパクト・デジカメを組み合わせたもので、結合部のアダプターの選択が難しいのですが、一眼の長玉を使うのに比べれば、圧倒的に安価で、圧倒的に高倍率の画像を得ることができます。欠点はコンデジを使うが故の全ての面における遅さです。撮っているときが苦しい。それだけに、いい絵が撮れたときは本当に嬉しいのです。。。


MX1000 【Logitech MX1000 Laser】
‐マウスのコードは煩わしいモノです。無ければ本当に良いのですが、動きが不確実で重くなったり、マイクロソフトの電池式無線マウスで経験した10日で単3を2本使うほどの電池消費量で痛い目にあって、なかなか手がでませんでした。  ところがこのマウスは秋葉原でも評判で、「クレバリー」で6千円台の最安値でしたのでGet!(^o^)  手にしっくりなじむデザインはさすがです。マウスを持つ手が気持ちいい。前後左右のキーコントロールも文句なし。心配した充電の持ちは、使用中に切れるようなことはなく、ほって置いても即座に電源が切れてパワーセーブ状態に入ります。これは◎です。


Majestouch Mini 【FILCO Majestouch Mini】
‐ やっと、満足のいくキーボードに行き当たりました。パソコン本体は今や完全な消耗品で、どこのメーカーであろうとほぼ同じモノですが、キーボードやマウス、モニターのように人との接点になるモノはしっかりとしたモノを使いたいと思ってしまいます。仕事でも我が家でもパソコンは常に使っていますので…。  東プレのメンブレン・タイプはいいのですが財布がついて行きません(^^;)。これなら何とかいけるでしょう。おなじみ独チェリー社のメカニカル・スイッチ(いわゆる茶軸スイッチ)を並べてなおかつリーズナブルなこの値段です。がちがちのメカニカルを使ってきた年老いたパソコン使いには、ちょっと軽すぎるタッチですが、それよりも標準キーボードの横幅が長すぎて使いにくいほうが問題です。マウスの操作が不自然になってしまいます。そこで幅が短くて高級品が欲しいところ、これが今まで無かったのです。へなへなのばかりでした(>_<)。  ちょっと指が幸せです。贅沢感があります。これで充分です(^^)。

最近の記事

メールフォーム

このフォームでnabe3にメールを送れます(^^)/。

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。