nabe3 の Look around !

 幸せって身近にあるものです。なかなか気がつかないだけで… http://mark.nabe3s.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「世界の中心で愛をさけぶ」の町へ-18

漁協前

 その先は漁協の前から湾内に流れ込んでいきます。お父さん、大人の朔、その相手役の明希、かずき君で釣りをしたのがこの場所です。

  亜紀の愛した青い空と、堤防の赤灯台。松崎ばかりではなく伊豆の景色ですね。


スポンサーサイト
  1. 2005/09/24(土) 21:05:30|
  2. 「世界の中心で愛をさけぶ」TV版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「世界の中心で愛をさけぶ」の町へ-17

なまこ壁の堰

 前掲の橋から見える景色です。う~ん、いかにも松崎らしい景色です。ここでフィッシング・ロッドを振ったら怒られるでしょうね。足下にうじゃうじゃいるんですよ。鯉とボラなんですが…。ボラがこんなに群れをなしていると言うことは朝晩にはスズキがいますよ。タックルを持ってまた来なくちゃね。


  1. 2005/09/23(金) 19:06:24|
  2. 「世界の中心で愛をさけぶ」TV版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「世界の中心で愛をさけぶ」の町へ-16

波の欄干

 この橋は、前に出てきたなまこ壁の橋(ときわ大橋という名前がドラマの画面から読みとれます)の一つ下流にあります。もうすぐそこが河口なんですが、ドラマではおじいちゃんのお通夜からちょっと抜け出した二人が、ここまで来てお話をします。この欄干のパイプで作った飾りが面白くて見に行ってしまいました。波の形をしているんです。ドラマをよく見ているひとでなければ見過ごしてしまうような観光ポイント(?)です。
  1. 2005/09/23(金) 08:37:41|
  2. 「世界の中心で愛をさけぶ」TV版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「世界の中心で愛をさけぶ」の町へ-15

瀬崎神社界隈

 瀬崎神社の遠景です。左に漁協が見え、この右のおウチも味のある家です。この界隈は病院から姿を消した大人の方の朔(緒方直人が演じている)を追って松崎にやってくる小林明希(桜井幸子)と朔のお父さんが釣りの後ウチへ帰る部分にロングショットで使われています。

 「あいつはきっと広瀬亜紀さんの骨を撒きに帰ってきたんですが、骨を撒いたところでガラリと何かが変わるわけでは無し、あなたがそれにつき合うことはないんですよ…」

 朔のお父さんが随所で見せる人間的な優しさはこの物語に深い味わいを添えて光ります。髪が薄くなっていくのを気に掛ける、農協勤めの、決してカッコウの良いわけではない、このお父さんは、土壇場では写真館を継いだり、二人の結婚写真を撮ったり、子供の不始末を侘びに行ったり、「愛する人を送り出してやる勇気もないのか!」と朔を叱ったりと父親として深い、また優しい心で行動し、大きな人間性を感じます。亜紀の父親より何倍もかっこいいのです。男の子の父親はこうありたいものです。

 追記です。こういう地方の町で農協に勤められるというのは、実は地域の優秀な人材です。エリートといって過言ではありません。都市部の方と地方の方の認識は全く違うので念のため申し添えます…


  1. 2005/09/23(金) 08:30:51|
  2. 「世界の中心で愛をさけぶ」TV版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「世界の中心で愛をさけぶ」の町へ-14

賽銭筒

  これが気になったモノです。太い竹筒で作ったお賽銭入れです。あまり見ませんよね。ドラマの小道具なのかなと思いましたが、ちゃんと左側の柱に掛けてありました。 賽銭箱は正面にあるのですが、もう一つこれがあるのです。不思議に思って画面を見ていたのですが…

 行って見てだいたい解りました。正面の賽銭箱が夜に雨戸を立てて閉まって使えないときに、この筒にお賽銭を入れるようです。やっぱり現場を見るって重要なんだな~と変なことに感心してしまいました。

  1. 2005/09/23(金) 08:26:35|
  2. 「世界の中心で愛をさけぶ」TV版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「世界の中心で愛をさけぶ」の町へ-13

瀬崎神社

  瀬崎神社です。朔が亜紀の病気が白血病であることを知り打ちひしがれていた場所、それを見つけた谷田部先生が学校に戻ってこいと説得した場所です。漁協前の道を町側に歩いてくるとすぐにある小さな神社です。

 漁師の町には必ずある、漁の前にその安全を祈願するための神社でした。ドラマの画面を見ていて、どうしても気になるモノがあって確認に来たのです。



  1. 2005/09/23(金) 08:21:53|
  2. 「世界の中心で愛をさけぶ」TV版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「世界の中心で愛をさけぶ」の町へ-12

たこ焼きパパさん

  ああ、これが…。なんだか嬉しくなってしまいます。朔達のたまり場だった「たこやきパパさん」にそのまま出会えた気がします。

 この建物はお隣の文具屋さんの物置でした。でも我々「セカチュー」ファンにとっては「たこやきパパさん」そのものです。ここで朔達は楽しんだり、悩んだり、心の苦しみを打ち明け合ったり、青春していたのでした。誰にでもあったほろ苦いあのころを思い出させてくれる場所でもあります。

  1. 2005/09/23(金) 08:03:19|
  2. 「世界の中心で愛をさけぶ」TV版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「世界の中心で愛をさけぶ」の町へ-11

窓際のテーブル

  窓際のテーブル。柿の葉に載せたおしぼりと柿の葉の押し葉に書いてあるメニュー。都会から訪れるとびっくりします。都会人だとは思っていないのに、いつの間にかアスファルトとビルの谷間の生活や、かさかさした人間関係ににどっぷり浸っていたんだ…。そう気づかせてくれる時間が流れていきます。
  1. 2005/09/23(金) 08:00:05|
  2. 「世界の中心で愛をさけぶ」TV版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「世界の中心で愛をさけぶ」の町へ-10

「侘助」のガーデンセット

 「侘助」のお庭(川とお店の間にある)に置かれているガーデンセット。壁紙にしたいような緑のお庭でしたね。魚釣りの出来る川もあるし、こういうところに住んでみたいですね。ちなみに川では鯉とボラを確認しました。


  1. 2005/09/21(水) 23:29:52|
  2. 「世界の中心で愛をさけぶ」TV版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「世界の中心で愛をさけぶ」の町へ-09

「侘助」の窓

あんまり暑くて、火の見櫓の奥にある喫茶店「侘助」に入りました。窓の景色です。強い陽ざしを遮ってくれるのは柿の木でした。左端の幹にくっついているのは蘭です。蘭は寄生植物なのでこういう風に育てるんですね。ここの店主さんは陶器や植物がご趣味のようです。店の中がそういうモノでいっぱい。

 氷小豆が食べたかったのです。昔食べたふわふわの氷でした。朝からの走行と、名シーンめぐりで疲れていた身体にしみわたるおいしさ、汗が引きます…


  1. 2005/09/21(水) 23:23:31|
  2. 「世界の中心で愛をさけぶ」TV版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「世界の中心で愛をさけぶ」の町へ-08

介ちゃんの火の見櫓

 前回の橋のたもとにある火の見櫓です。介ちゃんが電話ボックスから出てきたときの様子から、相手とうまくいっていないのが解った朔と亜紀の顔は曇ります。介ちゃんの彼女は二人の共通の友人である智世の筈なのですから…。ところが事態は思わぬ方へ展開していきます。

 実際のこの場所には電話ボックスはありません。セットの電話ボックスが置かれて撮影が行われたそうです。

 この画面の左側に町営の駐車場があります。自動発券式の管理機もある2階建ての立派なモノですが料金を見てちょっとびっくり!「3時間まで無料」とあります。東京の世知辛さと違って何ておおらかなんでしょう。車で行っても安心です。松崎って良い町だなぁ…。




  1. 2005/09/21(水) 23:11:21|
  2. 「世界の中心で愛をさけぶ」TV版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「世界の中心で愛をさけぶ」の町へ-07

ときわ大橋-なまこ壁の橋

 橋の欄干までなまこ壁で出来ています。この橋は朔が亜紀を自転車の後ろに乗せて学校から帰る通学路としてドラマに出てきます。朔の親友である龍之介が、東京の彼女と話していた火の見櫓の電話ボックスもこの橋の横にセットとして置かれました。この橋の周辺はドラマの様々な部分で使われていて「セカチュー」のセットの中に踏み込んだような錯覚に陥ります。セカチューフリークもたくさんいて同じ人にあちこちで出会い、お互いに気恥ずかしい思いをします。
  1. 2005/09/20(火) 23:21:05|
  2. 「世界の中心で愛をさけぶ」TV版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「世界の中心で愛をさけぶ」の町へ-06

朔のコロッケパン

 最初に行ったのがここ、「清水ベーカリー」です。「朔のコロッケパン」はドラマの中で学校の購買部で売っているパンです。撮影用のパンを実際に作ったのが町の中心部にある清水ベーカリーさんです。ありましたありました。ドラマでは120円でしたが実際は189円です。食べました。う~ん。昔風の普通のコロッケパンです。ドラマ用に80年代風に復刻したそうです。

 亜紀のセリフ、「わらわはコロッケパンが食べたいぞよ。」に応えて朔は何度かこのコロッケパンを買うのですが、小さな事件続きで食べられなかったり、図書室の隅に投げ捨てられたり、なんとも受難続きのコロッケパンではありました。おいしかったよ…


  1. 2005/09/20(火) 23:03:50|
  2. 「世界の中心で愛をさけぶ」TV版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「世界の中心で愛をさけぶ」の町へ-05

なまこ壁の家

 なまこ壁の家です。なまこ壁って、瓦を漆喰で塗り固めたモノで、松崎の町にはあちこちで見られます。瓦は建材としては高価なモノなのに何故高い瓦で壁を作るんでしょうかね…。これはきっと潮風対策なんじゃないでしょうか。海岸近くに住むのは大変です。壁はすぐ赤茶けてきますし、車は内側から錆びて塗装面が盛り上がり穴が空きます。テレビのアンテナは1年でボロボロ。塩害です。陶器は塩には強いような気がしますからね。

 この家はおじいちゃんの写真館の近くにありドラマでは陸上部が練習で走る場面に出てきます。松崎らしい景色の一つです。

  1. 2005/09/20(火) 22:39:48|
  2. 「世界の中心で愛をさけぶ」TV版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「世界の中心で愛をさけぶ」の町へ-04

おじいちゃんの写真館

 朔のおじいちゃんの写真館として、物語の大切な舞台の役目を果たした建物です。ここでは亜紀と朔の結婚写真(写真だけのことだったのですが亜紀の死の影が忍び寄ってくるのを感じている二人には本当の結婚でした)も撮られました。

 この建物は、実は松崎の観光協会の隣にある普通の民家です。これを写真館にまで仕立て上げるテレビの大道具の力はたいした物だと思いました。どこか懐かしさを感じる、独特の雰囲気のお家ですね。


  1. 2005/09/19(月) 23:08:03|
  2. 「世界の中心で愛をさけぶ」TV版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「世界の中心で愛をさけぶ」の町へ-03

Honda CR-V

首都高から東名沼津インターを降り、いつも混む道を三島に抜けて伊豆方向に南下。修善寺の先で右折して西伊豆の海岸線へ。西伊豆の海岸線はアップダウンが繰り返される道。恋人岬、堂ヶ島を抜けると松崎に到着する。加山雄三が愛した堂ヶ島は、人がたくさんいるが松崎は人影が急になくなる。でも、町で会う観光客達はお互いにセカチューファンであることが分かってしまう、そんな小さな町です。

 220Kmの道のりを僅か2リッターの小さなエンジンで、快適に引っ張っていくCR-V。ちょっと驚きますが、ホンダ特有の吹け上がりの良さ、素直なハンドリングでストレスが少ないですね。高い天井とフラットな床はこんなにコンパクトなボディの外観からは想像できませんが、閉じこめられているという感覚が少なく疲れません。しかもウォークスルーで前後席が行き来でき、ロッキングチェアーのようになるフルフラットシートと、乗用車でのツーリングとはひと味違ったものになります。もう乗用車タイプには戻れません。


  1. 2005/09/19(月) 22:59:03|
  2. 「世界の中心で愛をさけぶ」TV版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「世界の中心で愛をさけぶ」の町へ-02

禅海寺の庭

 突然の雨にもめげずに弔辞を読み続ける亜紀に、朔が傘をさしかけるために歩いた小道です。どれほど亜紀が勇気づけられたかは振り向いて再び弔辞を読み始める亜紀の表情に良く表れていて演出の優秀さを感じます。傘を差してあげなければという気持ちで、ただ吸い寄せられるように進んだ朔と、それを有り難いこととして素直に受け入れた亜紀の二人の姿は、愛のスタートとしてさわやかで思わず頑張れよっ!と応援したくなるシーンでした。

 現実の禅海寺は、強い夏の陽ざしの中で時が止まったようにひっそりたたずむお寺でしたが、今にも二人がひょっこり顔を出すような気がしました。



  1. 2005/09/19(月) 22:53:15|
  2. 「世界の中心で愛をさけぶ」TV版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「世界の中心で愛をさけぶ」の町へ-01

禅海寺の門

 臨済宗「禅海寺」は、伊豆の松崎町にあるお寺です。特別に何ということのない(失礼なこと言ってすみません。)お寺なんですが、今では檀家でも何でもない人たちが訪れるようになりました。私もその一人です。このお寺はテレビドラマ「世界の中心で愛をさけぶ」の主人公「亜紀と朔」の恋が始まった場所です…

 「セカチュー」は、子供の録ったビデオを見るウチに引き込まれてしまったドラマです。正に恋愛ドラマの古典的プロットなんですが、何度も何度も泣けます。主人公達の初々しさや、どうにもならない運命。本も映画もありますが量的に、このテレビドラマが一番大きいモノですので感情移入も一番大きいですね。

 また、この舞台となった町の風景が、私には何とも言えず心惹かれるモノです。映像から土肥や戸田の近く、西伊豆のどこかの町だとぴんと来ましたがエンドテロップで松崎と分かりました。南伊豆です。

 そして、来てしまいました。「セカチュー」の町松崎の話はやはり二人のスタートであるこのお寺から見ていきましょう。


  1. 2005/09/19(月) 22:45:00|
  2. 「世界の中心で愛をさけぶ」TV版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

URL of this page

MAIN  mark.nabe3s.com Mirroring watmark.blog22.fc2.com

カレンダー

08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

nabe3

Author:nabe3
 バンドではベーシストで、コーラスもとります。音楽もパソコンも、すっかり生活の一部となっていて切り離すことは出来ません。好奇心は人一倍、何を見ても面白いことばかりです。ちょっとヘンですか?

ブログ内検索

PIXTA

 ご自分で個人的にお楽しみになる範囲を超えた画像利用をご検討の方は、何卒上記の使用権販売会社より、使用権をお買い求め下さい。より高品位の画像データもご用意しています。

カテゴリー

B.G.M.

バナー中段のダブル三角マークを押して、曲を選択するとボサノバが聴けます。ちゃんとしたミュージシャンのサポートがあるにしても、こんなに聴かせられるのだったら、長年やってきた我々ももっと人を感動させられるはずなのに。。。がんばらないと、という気持ちにさせます。聴いてみてください。( このプラグインはjavaで動いています。)

タイトルバナー

ルックアラウンドのバナー

 リンクいただける方はバナーとしてお使い下さい。  このブログ本文の画像は、長辺600ピクセルで、ちょっと大きいですが、サムネイルです。ぜひクリックして、横画像長辺1,024ピクセル、縦画像長辺900ピクセルの元画像でご覧下さい(^^)。

Welcome !

ご訪問ありがとうございます。

リンク de リング

mixiサイトには、mixi会員のみ有効です。

最近のコメント

Mini report for you !

デジタル周辺機器をレヴューします。


PENTAX K5 【 PENTAX K5 】
‐PENTAXのK5はPENTAXが久々に放った傑作です。この色が出せるのはPENTAXともう一社富士フイルムしか無いのですが、富士がS6proを出さない今、もうPENTAXに頼るしかありません。BIG2、C社・N社と互角以上のパフォーマンスを持っています。この、会社もカメラも小さなPENTAXがこんな優れたコンシューマー用のカメラを出してくれて、ただひたすら嬉しいのです。プロでは無い方にはどなたにでもお勧めできます。プロの方はなるべく大きくて、重くて、もっともっと高価なC社・N社の製品を使わなくてはいけません。できれば戦闘機から落としても壊れないくらいのものがいいですよ。


a900 【 SONY α-900 】
‐世界最強の長焦点レンズと言えばカールツァイスのプラナー85mm/F1.4なんですが、今、これを一番便利に使うならばα900が最右翼。AFが効きます。フルサイズフォーマットですから玉の強さに負けないハコはこれしかありません。SONYの態勢に不安がないわけではなく、彼らはピュアな光学ファインダーを捨てる見込みです。この100%ファインダーは超優秀なファインダーなのですが後継機では続かないというアナウンスが既に出ているのです。それが解ったとたん900の市場価格が上がりました。日本のコンシューマーは馬鹿ではないようです(^^)。本当に900のファインダーは捨てるには惜しいです。こう思うのは年を取ったからなのか。若い人たちはそう感じないのか?後継機が出ると、その答えも出ることになるでしょう。。。


Vixen GiomaⅡ ED52-S+Nikon P5100
Camera unit 【Vixen GiomaⅡ ED52-S+Nikon P5100】
‐デジタル・スコーピングは地上望遠鏡とコンパクト・デジカメを組み合わせたもので、結合部のアダプターの選択が難しいのですが、一眼の長玉を使うのに比べれば、圧倒的に安価で、圧倒的に高倍率の画像を得ることができます。欠点はコンデジを使うが故の全ての面における遅さです。撮っているときが苦しい。それだけに、いい絵が撮れたときは本当に嬉しいのです。。。


MX1000 【Logitech MX1000 Laser】
‐マウスのコードは煩わしいモノです。無ければ本当に良いのですが、動きが不確実で重くなったり、マイクロソフトの電池式無線マウスで経験した10日で単3を2本使うほどの電池消費量で痛い目にあって、なかなか手がでませんでした。  ところがこのマウスは秋葉原でも評判で、「クレバリー」で6千円台の最安値でしたのでGet!(^o^)  手にしっくりなじむデザインはさすがです。マウスを持つ手が気持ちいい。前後左右のキーコントロールも文句なし。心配した充電の持ちは、使用中に切れるようなことはなく、ほって置いても即座に電源が切れてパワーセーブ状態に入ります。これは◎です。


Majestouch Mini 【FILCO Majestouch Mini】
‐ やっと、満足のいくキーボードに行き当たりました。パソコン本体は今や完全な消耗品で、どこのメーカーであろうとほぼ同じモノですが、キーボードやマウス、モニターのように人との接点になるモノはしっかりとしたモノを使いたいと思ってしまいます。仕事でも我が家でもパソコンは常に使っていますので…。  東プレのメンブレン・タイプはいいのですが財布がついて行きません(^^;)。これなら何とかいけるでしょう。おなじみ独チェリー社のメカニカル・スイッチ(いわゆる茶軸スイッチ)を並べてなおかつリーズナブルなこの値段です。がちがちのメカニカルを使ってきた年老いたパソコン使いには、ちょっと軽すぎるタッチですが、それよりも標準キーボードの横幅が長すぎて使いにくいほうが問題です。マウスの操作が不自然になってしまいます。そこで幅が短くて高級品が欲しいところ、これが今まで無かったのです。へなへなのばかりでした(>_<)。  ちょっと指が幸せです。贅沢感があります。これで充分です(^^)。

最近の記事

メールフォーム

このフォームでnabe3にメールを送れます(^^)/。

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。