nabe3 の Look around !

 幸せって身近にあるものです。なかなか気がつかないだけで… http://mark.nabe3s.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

学生野球の始まり-3 / The beginning of Japanese student baseball-3

学生野球の始まり-3 / The beginning of Japanese student baseball-3
 東大の応援旗です。スカイブルーにただ「大学」とだけあるのは「我らこそ大学」という強い自負の表れです。本当の東大の校章はイチョウの葉の図案化されたものですから。
 男っぽい応援です。団長と旗手が学生服の下に袴を穿いているのも驚かされます。


It is an cheering flag of the University of Tokyo. The flag merely written to be a "university" into the sky blue ground color is manifestation of the strong self-confidence "we are just the university." Because the leaf of a ginkgo tree is designed as for the school badge of the real University of Tokyo.

It is manlike cheering. It is also surprised that the head and a standard-bearer are putting on the HAKAMA under a school uniform.



明治学院応援旗 / Cheering flag of Meiji-Gakuin
 明治学院の応援旗です。小旗のタイプです。


It is an cheering flag of Meiji-Gakuin University.
It is a type of a small flag.



明治学院応援団 / Cheering party of Meiji-Gakuin
明治学院応援団です。


It is the Meiji Gakuin University cheering party.


スポンサーサイト

テーマ:野球 - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/01/07(火) 23:30:12|
  2. 文化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

学生野球の始まり-2 / The beginning of Japanese student baseball-2

学生野球の始まり-2 / The beginning of Japanese student baseball-2
 一塁側の内野席で応援していましたが。。。


I was aiding in the infield stands of the first base side.


2回スコアボード / 2 inning scoreboard
 2回表に東大にホームランが出て、1点負けています。この対戦は日本における学生野球の最初の組み合わせと言うこともありますが、我が家にとっては次男が東大の修士課程にいるので親子対決なんです。なかなかスリルがありますね。


The home run came out to the University of Tokyo, and it has lost the first half of the 2nd inning in one point.This card is the combination of the beginning of the student baseball in Japan.
Furthermore, for my home, since the second son is being enrolled in the University of Tokyo master's course,it becomes parent-and-child confrontation. Therefore, there is a thrill very much.


テーマ:野球 - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/01/05(日) 22:40:32|
  2. 文化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

学生野球の始まり / The beginning of Japanese student baseball

学生野球の始まり / The beginning of Japanese student baseball
 彼はピッチャーですけど、帽子が間違っていますよね。実はこれ、昨年2013年に母校の明治学院が創立150年を迎えたのを記念して行われた東京大学との試合の一コマです。
 日本で学校対抗野球が初めて行われたのは1883年(明治16年)のことです。対戦したのは当時のバラ大学(築地大学校と東京一致英和学校の総称、明治19年に明治学院となる。)と工部大学校(後の東京大学)でした。そのころ野球でかぶる帽子はハンチングだったのです。そして胸のマークは明治学院の最初の校章、MとGの組み合わせ文字です。


He is a baseball pitcher, but he is wrong in the hat. In fact, this photograph is a frame of the game with Meiji Gakuin University(my alma maters. and the University of Tokyo . Meiji Gakuin University celebrated the 150th anniversary of foundation in 2013 last year. This game was the memorial event.I say why it became a game of these two universities.

It is 1883 years (Meiji 16) that school confrontation baseball was performed for the first time in Japan.Bara university (the general term of the Tsukiji college and the Tokyo coincidence English-Japanese school and Meiji 19 will come Meiji Gakuin.) of those days and Industrial College (the present University of Tokyo) played a match.Then, the game at the time was reproduced. The hat worn on baseball at the time was hunching cap.

And the marks of a breast are a school badge of the beginning of Meiji Gakuin, and a combination character of M and G.


guidance
試合は2013年11月24日日曜日に、明治神宮野球場で行われました。


The game was held on Sunday, November 24, 2013 in the Meiji-jingu baseball field.




プレイボール / playball

Let's Go!


テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/01/03(金) 21:50:09|
  2. 文化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年の始まり / Beginning in 2014

2014年の始まり / Beginning in 2014
2014年が始まりました。この年の瀬に義姉が62歳で急逝しましてご祝辞をご遠慮させていただきたいと思います。皆様には旧年中のご交誼を感謝すると共に、本年も変わらずご来訪いただきますようお願い申し上げます。


It is beginning in 2014.

A sister-in-law passes away suddenly at the age of 62 at end of year 2013, and I wish to withhold a congratulatory address. While it is thankful to you for the friendship in last year, please visit me this year also.

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2014/01/02(木) 20:55:45|
  2. 文化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コロッケさん / Mr.Korokke

コロッケさん / Mr.Korokke
 仕事でコロッケさんに会ってきました。あのようなラジカルな芸風ですからさぞかしと思う方がいらっしゃったら、それは違いました。控え室で気さくに出迎えてくれて、大変優しくお話されるのはごく普通の方です。


I have met Mr. Korokke at work.He is known for the radical characteristic style from the audience.
It was different although it may think whether personal character is also that person. It is the very more ordinary that it meets frankly and speaks very gently in a waiting room.


コロッケさん / Mr.Korokke
 人を楽しませたいという気持ちが、あのような芸の牽引力になっているというのが正しい見方なんだと思います。熊本の人滝川広志さん、ご出身地からも身近に感じました。


I think that it is the right view that desire to delight people is the traction of that art. It was felt familiar also from person "Hiroshi Takigawa" of Kumamoto-city.


テーマ:お笑い - ジャンル:お笑い

  1. 2013/10/19(土) 13:12:17|
  2. 文化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大道芸 / Street performance

大道芸 / Street performance
 とても優れた大道芸に出会いました。この人は凄いです。このまま5分は微動だにしないのです。人は自動的に集まってきます。「銅像振り」というのでしょうか?不思議な顔で近づいて人間だとわかるとみんな笑顔になります。カメラで撮影する人が出てきます。勿論かく言う僕も狙っています。
 子供が持っている携帯で写真を撮ろうとしました。


It met with the very outstanding street performance. This person is great! As it is, 5 minutes are slight movement -- it is alike and does not carry out. People gather automatically. It will be called "for the bronze statue". It becomes a smiling face which is not regarded as approaching by a wonderful face and it turning out that he is man. Those who take a photograph with a camera come out. I who write, of course and who say am also aiming.

It tried to take a photograph by the cellular phone which the child has.


大道芸 / Street performance
 突然、彼は台を駆け下り子供の前に立ってポーズを取ったのです。僕も驚かされました。この写真はそのままのポーズで5分間動かないので撮れたのです。涙を流して笑っている人もいました。このあとがもっと面白かったのですが、銅像のくせに動いてしまった銅像が恥ずかしそうにロボットの動きで台の上に戻ったのです。本物のロボットのように。

いや、みんな笑って、幸せでした。


Suddenly, it ran, and he got down from the stand, stood before the child, and made a pose.
I was also surprised.
Since this photograph did not run by the pause as it was after for 5 minutes, it was able to be taken.
There were some persons who are shedding and laughing at the tear. Although next was more interesting, the bronze statue which has moved though a bronze statue returned on the stand by the motion of a robot shamefully. Like of a real robot.

Oh, fortunately it laughed at all.

テーマ:パフォーマンス・アート - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/10/14(月) 20:37:14|
  2. 文化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

浜離宮、汐入の池 / Hamarikyuu-Pond of Shioiri

浜離宮、汐入の池 / Hamarikyuu-Pond of Shioiri
浜離宮は新橋から海岸方向に歩くのですが、東京湾の海岸と都会の中間にあるのでこんな景色となります。東京近郊に住む人間としては向こうのビルは邪魔なんですが、外国の方には面白いらしい。2020年には見て欲しい場所です。汐入とは海水を入れて池の水面を上下させ景色を変化させるので、こう呼ぶのです。


They walk in the direction of the seashore from Shinbashi Station toward Hamarikyu-park. Since it is between the seashore and the city in Tokyo Bay, it becomes such a scene. As me who live in the Tokyo suburbs, a building over there is obstructive. However, seemingly, in foreign travelers, it is interesting. It is a place I want you to see in 2020.

Since put in sea water, the water surface of a pond is made to go up and down and a scene is changed, the name called "Shioiri" is called like this.


テーマ:東京・多摩地域 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/10/12(土) 22:03:42|
  2. 文化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

松戸の花火2013-3 / Firework of Matsudo-city 2013-3

松戸の花火2013-3 / Firework of Matsudo-city 2013-3
 僕たちのお隣に陣取った家族、小学生が3人いましたね。歓声をあげて楽しそうでした。我が家にもこんな時代があったなと、60のおじいさんは思ってしまいます。(^^)

 実は今年は、裏技で江戸川を渡ってお隣埼玉県三郷市の右岸河川敷から見ています。観客が少なくて快適です。お弁当もたくさん食べました。


The family who took up position next to us had three schoolchildren. They seemed to be pleasant for them to have raised a cheer, whenever fireworks were set off.I thought that there was such a time also in my home.Since I'm already a 60-year-old oldman.(^^)


In fact, unlike former, we cross Edo-river and are coming to the opposite side this year. here is Misato-city SAITAMA.There are few spectators and we are comfortable.
Much Bento was also eaten.


テーマ:花火 - ジャンル:写真

  1. 2013/08/10(土) 19:16:09|
  2. 文化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

URL of this page

MAIN  mark.nabe3s.com Mirroring watmark.blog22.fc2.com

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

nabe3

Author:nabe3
 バンドではベーシストで、コーラスもとります。音楽もパソコンも、すっかり生活の一部となっていて切り離すことは出来ません。好奇心は人一倍、何を見ても面白いことばかりです。ちょっとヘンですか?

ブログ内検索

PIXTA

 ご自分で個人的にお楽しみになる範囲を超えた画像利用をご検討の方は、何卒上記の使用権販売会社より、使用権をお買い求め下さい。より高品位の画像データもご用意しています。

カテゴリー

B.G.M.

バナー中段のダブル三角マークを押して、曲を選択するとボサノバが聴けます。ちゃんとしたミュージシャンのサポートがあるにしても、こんなに聴かせられるのだったら、長年やってきた我々ももっと人を感動させられるはずなのに。。。がんばらないと、という気持ちにさせます。聴いてみてください。( このプラグインはjavaで動いています。)

タイトルバナー

ルックアラウンドのバナー

 リンクいただける方はバナーとしてお使い下さい。  このブログ本文の画像は、長辺600ピクセルで、ちょっと大きいですが、サムネイルです。ぜひクリックして、横画像長辺1,024ピクセル、縦画像長辺900ピクセルの元画像でご覧下さい(^^)。

Welcome !

ご訪問ありがとうございます。

リンク de リング

mixiサイトには、mixi会員のみ有効です。

最近のコメント

Mini report for you !

デジタル周辺機器をレヴューします。


PENTAX K5 【 PENTAX K5 】
‐PENTAXのK5はPENTAXが久々に放った傑作です。この色が出せるのはPENTAXともう一社富士フイルムしか無いのですが、富士がS6proを出さない今、もうPENTAXに頼るしかありません。BIG2、C社・N社と互角以上のパフォーマンスを持っています。この、会社もカメラも小さなPENTAXがこんな優れたコンシューマー用のカメラを出してくれて、ただひたすら嬉しいのです。プロでは無い方にはどなたにでもお勧めできます。プロの方はなるべく大きくて、重くて、もっともっと高価なC社・N社の製品を使わなくてはいけません。できれば戦闘機から落としても壊れないくらいのものがいいですよ。


a900 【 SONY α-900 】
‐世界最強の長焦点レンズと言えばカールツァイスのプラナー85mm/F1.4なんですが、今、これを一番便利に使うならばα900が最右翼。AFが効きます。フルサイズフォーマットですから玉の強さに負けないハコはこれしかありません。SONYの態勢に不安がないわけではなく、彼らはピュアな光学ファインダーを捨てる見込みです。この100%ファインダーは超優秀なファインダーなのですが後継機では続かないというアナウンスが既に出ているのです。それが解ったとたん900の市場価格が上がりました。日本のコンシューマーは馬鹿ではないようです(^^)。本当に900のファインダーは捨てるには惜しいです。こう思うのは年を取ったからなのか。若い人たちはそう感じないのか?後継機が出ると、その答えも出ることになるでしょう。。。


Vixen GiomaⅡ ED52-S+Nikon P5100
Camera unit 【Vixen GiomaⅡ ED52-S+Nikon P5100】
‐デジタル・スコーピングは地上望遠鏡とコンパクト・デジカメを組み合わせたもので、結合部のアダプターの選択が難しいのですが、一眼の長玉を使うのに比べれば、圧倒的に安価で、圧倒的に高倍率の画像を得ることができます。欠点はコンデジを使うが故の全ての面における遅さです。撮っているときが苦しい。それだけに、いい絵が撮れたときは本当に嬉しいのです。。。


MX1000 【Logitech MX1000 Laser】
‐マウスのコードは煩わしいモノです。無ければ本当に良いのですが、動きが不確実で重くなったり、マイクロソフトの電池式無線マウスで経験した10日で単3を2本使うほどの電池消費量で痛い目にあって、なかなか手がでませんでした。  ところがこのマウスは秋葉原でも評判で、「クレバリー」で6千円台の最安値でしたのでGet!(^o^)  手にしっくりなじむデザインはさすがです。マウスを持つ手が気持ちいい。前後左右のキーコントロールも文句なし。心配した充電の持ちは、使用中に切れるようなことはなく、ほって置いても即座に電源が切れてパワーセーブ状態に入ります。これは◎です。


Majestouch Mini 【FILCO Majestouch Mini】
‐ やっと、満足のいくキーボードに行き当たりました。パソコン本体は今や完全な消耗品で、どこのメーカーであろうとほぼ同じモノですが、キーボードやマウス、モニターのように人との接点になるモノはしっかりとしたモノを使いたいと思ってしまいます。仕事でも我が家でもパソコンは常に使っていますので…。  東プレのメンブレン・タイプはいいのですが財布がついて行きません(^^;)。これなら何とかいけるでしょう。おなじみ独チェリー社のメカニカル・スイッチ(いわゆる茶軸スイッチ)を並べてなおかつリーズナブルなこの値段です。がちがちのメカニカルを使ってきた年老いたパソコン使いには、ちょっと軽すぎるタッチですが、それよりも標準キーボードの横幅が長すぎて使いにくいほうが問題です。マウスの操作が不自然になってしまいます。そこで幅が短くて高級品が欲しいところ、これが今まで無かったのです。へなへなのばかりでした(>_<)。  ちょっと指が幸せです。贅沢感があります。これで充分です(^^)。

最近の記事

メールフォーム

このフォームでnabe3にメールを送れます(^^)/。

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。