nabe3 の Look around !

 幸せって身近にあるものです。なかなか気がつかないだけで… http://mark.nabe3s.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「地図あそ」88号「都電荒川線で、飛鳥山へ!」

記事表題
 特集記事です。コミューターを主人公にしたもので、飛鳥山はいつか行きたいと思っていたのが、この機会に行けましたのでよかったですね。荒川線は東京市が買い取って市電になる前は王子が拠点の王子電気軌道「王電」って呼ばれていましたので、荒川じゃなくて王子が根城なんです。王子の山がなんで飛鳥と呼ばれるのかが、縦糸のミステリー仕立てです。




掲載写真
 都電を見せて一番欲しい画像は電車と人が、とても近い所にいるというものです。これは掲載写真ですが、どうしようもなくて選んだ写真と言えます。




人なし
 人がいなくていいならこちらがベストショットです。電車が横断者を待っているユーモラスとも言える写真です。このボディの広告がうるさすぎですね。




候補2
 こちらも捨てがたいところ。いかにも都電が横断者に遠慮しているような写真です。ところがこの写真には飛鳥山と分かるサインがありません。実を言うと候補写真は全て同じ電車です。

 それで2枚目の写真、飛鳥山交番を入れた絵が掲載されています。


スポンサーサイト
  1. 2010/01/11(月) 15:14:22|
  2. 「地図と遊ぶ」中量交通機関
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「地図あそ」88号カラー口絵(本土寺の紅葉)

巻頭カラー口絵
 表紙をめくって最初に出てくるのが巻頭カラー口絵です。カラー口絵は表紙が雑誌の顔として大事な部分であるのに並んで、もっと大きい視点を示すために置く意味があるんです。多くの雑誌は季節ごとの美しい風景などを出すことが多いですね。巻頭カラー口絵も担当して4回続けていますのでちょうど1年、1シーズン回転したところです。このブログの誌上版として印刷までを自分で行って紙ベース提供しています。最初の一年ですからオーソドックスに季節もので進めてきました。
 口絵は、写真の選択まではカメラマンとしての仕事ですが、印刷まで行うと写真全体に対する力量が問われるところ、写真をやる人間としては力が入ります。プリンターはパソコン印刷(染料インク系)としてはコンシューマーユース最高峰、キヤノンの「Pro9000MkⅡ」を使っています。





口絵元画像
 88号口絵の元画像です。パソコンの画像は透過光ですから元画像は印刷口絵より黄色が勝っているのが分かります。もちろん印刷の時に赤色を強調調整しましたので、「地図あそ」をお買いになった方はトーンが少し違うのがおわかりになると思います。この写真は絵はがきとなって海を渡りました。

 88号の表紙の色はこの紅葉の本当に見せたい方の色、黄色か旧都電のベージュにしようと、編集長と相談して最終的に黄色になりました。この写真でお見せしたかったのは赤の方ではなく金色に光り輝く黄色です。強調するならブルー系、同色配置するなら黄色、一枚目の写真のように開いたところを想定して唐突にならないようにするための表紙色選択ということになります。


  1. 2010/01/10(日) 11:49:07|
  2. 「地図と遊ぶ」中量交通機関
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「地図と遊ぶ」88号装丁

「地図と遊ぶ」88号装丁
 旅行同人誌「地図と遊ぶ」の88号が出ています。今号88号は一般の皆さんには年末30日の東京ビックサイトで行われたコミケで販売開始されました。その他には予約通信販売と都内数件の販売店で買えます。有名どころは神田の書泉グランデです。今回の本の外側、装丁は思ったより成功してほっとしているところです。この表紙の写真部分を担当しています。
 これって、都電荒川線の荒川車庫にある旧都電5501を撮ったものなんです。




旧都電5501
 表紙の元画像です。この写真をモノクロ現像後、グラフィックペン処理をしてリソグラフで印刷するとはじめの写真の表紙になります。何でこんな手間をかけるのかというと、写真をそのまま印刷するとコントラストが甘くて、いわゆる眠い写真になってしまうからなんです。ですからモノクロ現像の時には、専用現像を行ってなるべくコントラストを出し、さらにグラフィックペンで粒状感を追加してもっとコントラストを高めても画面が潰れないようにしておいて印刷をしてもらいます。
 はみ出し構図はよく使いますが、被写体をより主観的に見ていただくためのもの、前面窓が三分割法の注目点に来るようトリミングしてあります。まぁ、今では常識的構図の範囲内に入っていると言えますね。。。


  1. 2010/01/09(土) 20:12:20|
  2. 「地図と遊ぶ」中量交通機関
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

URL of this page

MAIN  mark.nabe3s.com Mirroring watmark.blog22.fc2.com

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

nabe3

Author:nabe3
 バンドではベーシストで、コーラスもとります。音楽もパソコンも、すっかり生活の一部となっていて切り離すことは出来ません。好奇心は人一倍、何を見ても面白いことばかりです。ちょっとヘンですか?

ブログ内検索

PIXTA

 ご自分で個人的にお楽しみになる範囲を超えた画像利用をご検討の方は、何卒上記の使用権販売会社より、使用権をお買い求め下さい。より高品位の画像データもご用意しています。

カテゴリー

B.G.M.

バナー中段のダブル三角マークを押して、曲を選択するとボサノバが聴けます。ちゃんとしたミュージシャンのサポートがあるにしても、こんなに聴かせられるのだったら、長年やってきた我々ももっと人を感動させられるはずなのに。。。がんばらないと、という気持ちにさせます。聴いてみてください。( このプラグインはjavaで動いています。)

タイトルバナー

ルックアラウンドのバナー

 リンクいただける方はバナーとしてお使い下さい。  このブログ本文の画像は、長辺600ピクセルで、ちょっと大きいですが、サムネイルです。ぜひクリックして、横画像長辺1,024ピクセル、縦画像長辺900ピクセルの元画像でご覧下さい(^^)。

Welcome !

ご訪問ありがとうございます。

リンク de リング

mixiサイトには、mixi会員のみ有効です。

最近のコメント

Mini report for you !

デジタル周辺機器をレヴューします。


PENTAX K5 【 PENTAX K5 】
‐PENTAXのK5はPENTAXが久々に放った傑作です。この色が出せるのはPENTAXともう一社富士フイルムしか無いのですが、富士がS6proを出さない今、もうPENTAXに頼るしかありません。BIG2、C社・N社と互角以上のパフォーマンスを持っています。この、会社もカメラも小さなPENTAXがこんな優れたコンシューマー用のカメラを出してくれて、ただひたすら嬉しいのです。プロでは無い方にはどなたにでもお勧めできます。プロの方はなるべく大きくて、重くて、もっともっと高価なC社・N社の製品を使わなくてはいけません。できれば戦闘機から落としても壊れないくらいのものがいいですよ。


a900 【 SONY α-900 】
‐世界最強の長焦点レンズと言えばカールツァイスのプラナー85mm/F1.4なんですが、今、これを一番便利に使うならばα900が最右翼。AFが効きます。フルサイズフォーマットですから玉の強さに負けないハコはこれしかありません。SONYの態勢に不安がないわけではなく、彼らはピュアな光学ファインダーを捨てる見込みです。この100%ファインダーは超優秀なファインダーなのですが後継機では続かないというアナウンスが既に出ているのです。それが解ったとたん900の市場価格が上がりました。日本のコンシューマーは馬鹿ではないようです(^^)。本当に900のファインダーは捨てるには惜しいです。こう思うのは年を取ったからなのか。若い人たちはそう感じないのか?後継機が出ると、その答えも出ることになるでしょう。。。


Vixen GiomaⅡ ED52-S+Nikon P5100
Camera unit 【Vixen GiomaⅡ ED52-S+Nikon P5100】
‐デジタル・スコーピングは地上望遠鏡とコンパクト・デジカメを組み合わせたもので、結合部のアダプターの選択が難しいのですが、一眼の長玉を使うのに比べれば、圧倒的に安価で、圧倒的に高倍率の画像を得ることができます。欠点はコンデジを使うが故の全ての面における遅さです。撮っているときが苦しい。それだけに、いい絵が撮れたときは本当に嬉しいのです。。。


MX1000 【Logitech MX1000 Laser】
‐マウスのコードは煩わしいモノです。無ければ本当に良いのですが、動きが不確実で重くなったり、マイクロソフトの電池式無線マウスで経験した10日で単3を2本使うほどの電池消費量で痛い目にあって、なかなか手がでませんでした。  ところがこのマウスは秋葉原でも評判で、「クレバリー」で6千円台の最安値でしたのでGet!(^o^)  手にしっくりなじむデザインはさすがです。マウスを持つ手が気持ちいい。前後左右のキーコントロールも文句なし。心配した充電の持ちは、使用中に切れるようなことはなく、ほって置いても即座に電源が切れてパワーセーブ状態に入ります。これは◎です。


Majestouch Mini 【FILCO Majestouch Mini】
‐ やっと、満足のいくキーボードに行き当たりました。パソコン本体は今や完全な消耗品で、どこのメーカーであろうとほぼ同じモノですが、キーボードやマウス、モニターのように人との接点になるモノはしっかりとしたモノを使いたいと思ってしまいます。仕事でも我が家でもパソコンは常に使っていますので…。  東プレのメンブレン・タイプはいいのですが財布がついて行きません(^^;)。これなら何とかいけるでしょう。おなじみ独チェリー社のメカニカル・スイッチ(いわゆる茶軸スイッチ)を並べてなおかつリーズナブルなこの値段です。がちがちのメカニカルを使ってきた年老いたパソコン使いには、ちょっと軽すぎるタッチですが、それよりも標準キーボードの横幅が長すぎて使いにくいほうが問題です。マウスの操作が不自然になってしまいます。そこで幅が短くて高級品が欲しいところ、これが今まで無かったのです。へなへなのばかりでした(>_<)。  ちょっと指が幸せです。贅沢感があります。これで充分です(^^)。

最近の記事

メールフォーム

このフォームでnabe3にメールを送れます(^^)/。

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。